クリスティーナ・フォン・ザクセン (1461-1521)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリスティーナ・フォン・ザクセン
Christina von Sachsen
デンマーク王妃
ノルウェー王妃
スウェーデン王妃
Dronning-Christine.jpg
出生 1461年12月25日
ライプツィヒ、トルガウ
死去 (1521-12-08) 1521年12月8日(59歳没)
オーデンセ
埋葬  
オーデンセ聖クヌーズ大聖堂
配偶者 デンマークノルウェースウェーデンハンス
子女 ハンス
エルンスト
クリスチャン2世
ヤコブ
エリサベト
フランス
父親 ザクセン選帝侯エルンスト
母親 エリーザベト・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

クリスティナ・フォン・ザクセンドイツ語:Christina von Sachsen, 1461年12月25日 - 1521年12月8日)は、デンマークノルウェースウェーデンハンスの王妃。デンマーク語ではクリスティーネ(Christine)。

ザクセン選帝侯エルンストと、バイエルン=ミュンヘン公アルブレヒト3世の娘エリーザベトの娘として、トルガウ(現在のドイツライプツィヒ行政管区の都市)で生まれた。1478年9月にコペンハーゲンでハンスと結婚、6子をもうけた。

クリスティナは、1521年にオーデンセ黒死病にかかり病没した。