ライプツィヒ行政管区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
基本情報
連邦州:ザクセン州
中心都市:ライプツィヒ
面積:4.387,62km²
住民数:1,069,441人(2007年8月31日現在)
人口密度:244(人/km²)
地図
Lage des Regierungsbezirkes Leipzig in Deutschland.GIF

ライプツィヒ行政管区(またはライプツィヒ県、Regierungsbezirk Leipzig)は、ドイツ連邦共和国ザクセン州を構成していた行政管区の一つ。1991年から2008年までの間に存在した。その領域はほぼ旧東ドイツにおけるライプツィヒ県を継承するが、果たす権能は大きく異なっていた。

概要[編集]

ザクセン州は3つの行政管区で構成されていた。ライプツィヒ行政管区は、州の北西部にあたる地域である。

2008年8月からはライプツィヒ管理区域(de:Direktionsbezirk Leipzig)となり、2012年3月からはザクセン州の他の二つの行政地域(ドレスデン管理区域 de:Direktionsbezirk Dresden、ケムニッツ管理区域 de:Direktionsbezirk Chemnitz)と共にザクセン州総局(de:Landesdirektion Sachsen)に統合された。

行政構成[編集]

ライプツィヒ行政管区を構成していた郡は以下の通り。

  1. デーリッチュ郡(Delitzsch)
  2. デベルン郡(Döbeln)
  3. ライプツィヒ郡(Leipziger Land)
  4. ムルデンタール郡(Muldentalkreis)
  5. トルガウ・オシャッツ郡(Torgau-Oschatz)

ライプツィヒ行政管区内の独立市は以下の通り。

  1. ライプツィヒ(Leipzig)

脚注[編集]

外部リンク[編集]