エジプト航空804便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エジプト航空804便
EgyptAir Airbus A320 (SU-GCC) on finals at Ataturk Airport.jpg
SU-GCC(2011年に撮影)
出来事の概要
日付 2016年5月19日 (2016-05-19)
概要 墜落、機内火災の可能性(原因調査中)
現場 地中海
北緯33度40分33秒 東経28度47分33秒 / 北緯33.6757度 東経28.7924度 / 33.6757; 28.7924座標: 北緯33度40分33秒 東経28度47分33秒 / 北緯33.6757度 東経28.7924度 / 33.6757; 28.7924
乗客数 56
乗員数 10
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 66(全員)
生存者数 0
機種 エアバスA320-232
運用者 エジプト航空
機体記号 SU-GCC
出発地 フランスの旗 パリ=シャルル・ド・ゴール空港
目的地 エジプトの旗 カイロ国際空港
テンプレートを表示

エジプト航空804便(エジプトこうくう804びん)は、2016年5月19日フランスパリからエジプトカイロへ向かっている途中に、レーダーから機影が消え、消息を絶った旅客定期便である[1]

5月20日、アレクサンドリアの北290kmで当該機の残骸の一部などが発見された。6月15日に残骸の主要位置が特定され、6月16日にはコックピット・ボイス・レコーダーが、6月17日にはフライト・データ・レコーダーが回収された。

機体[編集]

当該機はエアバスA320-232機体記号:SU-GCC、製造番号:2088)で[2][3]、2003年7月25日に初飛行し、2003年11月3日にエジプト航空に引き渡された[4]

経過[編集]

左:804便の飛行経路(緑線)。黄線は予定飛行経路、赤い★はADS-B信号が途絶えた位置 右:飛行速度(オレンジ色)と高度(青色)

804便は5月18日の現地時間午後11時9分にパリ=シャルル・ド・ゴール空港を離陸した[5]。その後、午前2時30分にエジプト沿岸から約280km北の地中海上空37,000フィートを飛行中にレーダーから消えた[5][6]。当時、天候は良好であった[7]

カイロには午前3時15分頃に到着予定であった[5][8]。当初、失踪から約2時間後の午前4時26分にエジプト軍が航空機に搭載されている無線機から発信された遭難信号を受信したとも報じられたが[8]、エジプト軍やエジプト当局は報道を否定した[9][10]

5月19日、ギリシャのパノス・カンメノス英語版国防相は事故機はまず左に90度、そして右に360度旋回し、高度37,000 フィート (11,000 m)から15,000 フィート (4,600 m)まで急降下したと述べた[5][11]。しかし5月23日、エジプト国営航空管制当局の責任者は事故機は失踪するまで高度37,000フィートを維持しており、異常な動きはなかったと述べた[12]。エジプトのレーダーは事故機から遠く離れており、ギリシャのレーダーと同じ精度で追跡できなかったためとの見方もある[13]。6月14日、エジプト当局はギリシャ当局の声明を認めた[14]。元調査官によると、最初の左旋回の際に機体の構造限界を超えていた可能性がある[14]

乗客乗員[編集]

804便には12か国から66人の乗客が搭乗しており[15]、うち1人は子供、2人は乳幼児であった[20]二重国籍者が数名搭乗していたため[19]、当初69人が搭乗していたとも報道された。

また、804便には10人の乗員が搭乗しており、うち3人は航空保安要員であった[21]。エジプト航空によると、機長の飛行時間は6,275時間で、うちA320では2,101時間飛行していた。また、副操縦士の飛行時間は2,766時間だった[22]

事故後[編集]

乗客の親族からの問い合わせ窓口として、エジプト航空Twitterでフリーコールの電話番号が投稿された[23]

捜索[編集]

捜索開始[編集]

シゴネラ海軍基地(シチリア)から離陸するアメリカ海軍P-3C、5月19日撮影

エジプト民間航空省は失踪機の捜索が行われていると述べた[24]。エジプト軍はギリシャと協力して捜索を行っている[25][26]。エジプト民間航空省のスポークスマンは、当該機は海面に墜落した可能性が最も高いと述べた[27]。ギリシャはC-130と早期警戒機EMB-145-Hを1機[28]、そしてエリ級フリゲート「ニケフォロス・フォカス」 (Nikiforos Fokas) を派遣した[29]。フランスもファルコンを派遣したほか[30][31]、艦船を派遣する用意ができているとも語った[32]。イギリスはベイ型補助揚陸艦「ライムベイ」を派遣した[33][34]。アメリカ合衆国はアメリカ海軍所属のP-3Cを1機派遣した[30][35]

5月19日、フランス海軍海軍航空隊第24F海軍航空隊所属のダッソー ファルコン 50が1機派遣された[36]

捜索範囲[編集]

5月20日、エジプト海軍がエジプト・アレクサンドリアの北290 キロメートル (180 mi)で座席を含む航空機の残骸の一部や遺体の一部、乗客の荷物などを発見したと発表した[37][28]。週末にはアメリカ海軍のP-3Cが2か所で残骸の一部などを発見し、一方は半径3 海里 (5.6 km; 3.5 mi)の範囲に散乱していた[38]。当時、捜索範囲は約5,300 平方マイル (14,000 km2)であった[38]

画像外部リンク
失踪場所付近でESAが検知した油膜

5月20日、欧州宇宙機関は前日の16時 (UTC) に Sentinel-1A が撮影した画像から、北緯33度32分 東経29度13分 / 北緯33.533度 東経29.217度 / 33.533; 29.217の地点で約2kmにわたって油膜を検出したと発表した[39]。この地点は804便が最後に確認された位置から約40km南東に離れていた。

5月26日、航空機用救命無線機から送信された遭難信号を衛星が受信していたと報道された。これにより捜索範囲が半径5kmになった。なお、ブラックボックスから発信される信号とは異なる[40][41]アメリカ海洋大気庁の職員は失踪から数分後には衛星が遭難信号を受信していたとも述べた[42]。5月19日時点で、失踪から2時間後には航空機用救命無線機から発信されたと思われる遭難信号が受信されていたという報道もあったが、エジプト航空側は否定した[43][44]

6月上旬、2つあるうちの1つのブラックボックスのアンダーウォーター・ロケーター・ビーコンから発信された「ピン」 ("pings") を探知したことにより、ブラックボックスの捜索範囲は半径2kmになった[45][46][47]

6月15日、調査船「ジョン・レスブリッジ」 (John Lethbridge) で残骸がある複数の主要位置を特定したと発表した[48][49]。7月9日、エジプト政府は「ジョン・レスブリッジ」による遺体の回収作業を延長すると発表した[50]。7月16日、「ジョン・レスブリッジ」は全ての遺体を回収し、アレクサンドリア港に戻った[51]。アレクサンドリアに到着後、DNA分析などのため遺体はカイロに運ばれた[51]

ブラックボックス[編集]

5月22日、エジプト石油省の無人潜水機 (ROV) が捜索に加わった。アブドルファッターフ・アッ=シーシー大統領はこのROVは水深3,000mでの運用ができると述べた[52][53][54]。エジプト民間航空省の主任調査官アイマン・アル=モカデム (Ayman al-Moqadem) によると、このROVはブラックボックスから発信された信号を探知できない[55]

5月23日、ブラックボックスから発信された信号を探知できるソナーを搭載したフランス海軍所属のデスティエンヌ・ドルヴ級通報艦アンセーニュ・ド・ヴェソ・ジャクベ」が現場に到着した[38][56]。「アンセーニュ・ド・ヴェソ・ジャクベ」は最大潜航深度1,000mのROVも搭載しており、このROVはブラックボックスから発信された信号を探知できる[57]

5月26日、エジプト当局はフランスやイタリアの企業にブラックボックスの捜索への協力を依頼した。水深3,000mで捜索を実施できることを条件とし、その中にはALSEAMARやモーリシャスに拠点を置くディープ・オーシャン・サーチ (Deep Ocean Search) も含まれていた[58]

フランス航空事故調査局 (BEA) によると、5月27日にフランス海軍所属の測量艦「ラプラス」 (Laplace) がコルシカ島ポルト=ヴェッキオ港を出港し捜索現場へ向かった。「ラプラス」はブラックボックスから発信された信号を探知できるALSEAMARの曳航式ソナー(探知距離4-5km[59])を3つ搭載していた[60][61]。6月1日、エジプト民間航空省は「ラプラス」がいずれかのブラックボックスのアンダーウォーター・ロケーター・ビーコンから発信された「ピン」を探知したと報告した[46][47]。BEAのレミ・ジュティ (Remi Jouty) はこれにより重点的に捜索すべき範囲が判明したと述べた[47]

エジプト当局はディープ・オーシャン・サーチの調査船「ジョン・レスブリッジ」[62][46]を借りる契約を結んだ。「ジョン・レスブリッジ」は最大潜航深度6,000mのROVを搭載しており、海底地形図の作成などができる[63][64][65]。「ジョン・レスブリッジ」は5月28日にアイリッシュ海を出発し、エジプトのアレクサンドリア港でエジプトおよびフランスの調査官を乗せ、6月9日頃に捜索現場に到着する予定であった[66]。実際にはアレクサンドリアには6月9日に到着し[67]、捜索現場には6月12日に到着した[68]。6月13日、エジプトの事故調査委員会はブラックボックスからの信号が6月24日以降は途絶えるかもしれないと述べた[67]

6月16日、エジプト当局は「ジョン・レスブリッジ」が水深13,000フィート(約4,000m)でコックピット・ボイス・レコーダー (CVR) を発見したと述べた。CVRは損傷していたがメモリーユニットは無傷で回収され、アレクサンドリアで調査官に引き渡した後[69]、解析のためカイロに移送された[70]。翌6月17日、「ジョン・レスブリッジ」がフライト・データ・レコーダー (FDR) を回収したと発表された[71]。FDRは激しく損傷しており[71]、メモリーユニットを回収したが[72]、エジプト当局は解析を行う前にブラックボックスの修理が必要であると述べた[70]

6月19日、エジプトの事故調査委員会はエジプト軍の施設でCVRとFDRから無傷で回収されたメモリーユニットの乾燥を完了し、メモリーユニットの電気検査を開始したと述べた[73]

6月21日、事故調査に当たった職員はCNNにブラックボックスから回収したメモリーチップは2つとも損傷していたと伝えた[74][75]。ブラックボックスからデータを引き出すことができなかったため[76]、6月23日、エジプトの事故調査委員会はメモリーチップに堆積した塩分を除去するためブラックボックスをフランスのBEAに送ったと述べた[77][78]

6月27日、エジプト当局はFDRがBEAの研究所で修理され解析のためカイロに送られたと述べた[79][80]。同日、パリ検察のスポークスマンはAP通信に、テロを示す証拠はないため事故の予備調査が開始されると述べた。また、検察当局は過失致死の疑いで捜査を開始したと述べた[81][82][83]。7月2日には、CVRが修理されカイロに送られたと発表された[79]

注釈[編集]

  1. ^ 乗客のうち2人がエジプトとカナダの二重国籍を持っていたが、うち1人はエジプトのパスポートを利用していた[17][18]
  2. ^ イギリスとオーストラリアの二重国籍者[19]

脚注[編集]

  1. ^ “パリ発のエジプト航空機 レーダーから機影消える”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年5月19日). オリジナルの2016年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160519034021/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160519/k10010526811000.html 2016年5月19日閲覧。 
  2. ^ エジプト航空機、パリ出発後にレーダーから消える 69人搭乗”. ハフィントン・ポスト (2016年5月19日). 2016年9月3日閲覧。
  3. ^ SU-GCC Accident description”. アビエーション・セーフティー・ネットワーク. 2016年9月3日閲覧。
  4. ^ EgyptAir SU-GCC”. Air Fleets. 2016年9月3日閲覧。
  5. ^ a b c d 技術的問題よりもテロの可能性高い=不明機でエジプト当局”. BBCニュース (2015年5月20日). 2016年9月23日閲覧。
  6. ^ EgyptAir flight MS804 crash - as it happened”. ガーディアン (2016年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  7. ^ エジプト航空、消息絶ったMS804便の残骸発見と発表”. ブルームバーグ (2016年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  8. ^ a b パリ発のエジプト航空A320機が消息絶つ、地中海に墜落の可能性”. ロイター (2015年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  9. ^ 消息不明のエジプト機、「遭難信号なかった」軍が報道を否定”. AFPBB News (2015年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  10. ^ EgyptAir flight MS804 disappears from radar between Paris and Cairo – live updates”. ガーディアン (2016年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  11. ^ 不明エジプト航空機が「急旋回と急降下」 ギリシャ国防相”. AFPBB News (2015年5月19日). 2016年9月23日閲覧。
  12. ^ エジプト航空機、旋回しなかったとエジプト当局者”. BBCニュース (2016年5月24日). 2016年9月23日閲覧。
  13. ^ Ahmed-Ullah, Noreen (2016年5月30日). “EgyptAir 804: U of T forensic expert explains what we know so far”. トロント大学. https://www.utoronto.ca/news/egyptair-804-u-t-forensic-expert-explains-what-we-know-so-far 2016年9月23日閲覧。 
  14. ^ a b Kholaif, Dahlia; Wall, Robert; Pasztor, Andy (2016年6月14日). “New EgyptAir 804 Findings Suggest No Sudden Midair Explosion”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://www.wsj.com/articles/new-egyptair-804-findings-suggest-no-sudden-midair-explosion-1465852313 2016年9月23日閲覧。 
  15. ^ a b Nielsen, Kevin; Azpiri, Jon (2016年5月19日). “EgyptAir flight from Paris to Cairo crashes in Mediterranean; Canadian among 66 on board”. The Canadian Press. トロント: Global News. http://globalnews.ca/news/2710304/egyptair-flight-ms804-headed-to-cairo-from-paris-has-disappeared-from-radar 2016年9月3日閲覧。 
  16. ^ Statement by Minister Dion on crash of EgyptAir flight MS804”. カナダ政府 (2016年5月19日). 2016年9月3日閲覧。
  17. ^ “Egypt air crash: 2nd Canadian aboard plane ID'd as Medhat Tanious”. CBCニュース. (2016年5月23日). http://www.cbc.ca/news/world/egyptair-black-box-analysis-1.3596777 2016年9月3日閲覧。 
  18. ^ Quan, Douglas (2016年5月19日). “Saskatoon-born businesswoman one of two Canadians aboard downed EgyptAir plane”. Edmonton Journal. Postmedia News. オリジナルの2016年8月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160804025933/http://www.edmontonjournal.com/news/world/saskatoon+born+businesswoman+canadians+aboard+downed/11931382/story.html 2016年9月3日閲覧。 
  19. ^ a b “EgyptAir flight MS804: Australian dual national on missing aircraft”. シドニー・モーニング・ヘラルド. (2016年5月20日). http://www.smh.com.au/world/egyptair-flight-ms804-missing-plane-crashed-in-mediterranean-sea-20160519-gozdds.html 2016年9月3日閲覧。 
  20. ^ エジプト航空機:パリ発66人搭乗、地中海上で不明に”. 毎日新聞 (2016年5月19日). 2016年9月3日閲覧。
  21. ^ Walsh, Declan (2016年5月19日). “EgyptAir Plane Disappears Over Mediterranean, Airline Says”. ニューヨーク・タイムズ. オリジナルの2016年5月19日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/20160519053848/http://www.nytimes.com/2016/05/19/world/middleeast/egyptair-plane-disappears-over-mediterranean-airline-says.html 2016年9月3日閲覧。 
  22. ^ エジプト航空、パリ発便消息絶つ 地中海東部で”. Aviation Wire (2016年5月19日). 2016年9月3日閲覧。
  23. ^ https://twitter.com/EGYPTAIR/status/733157860796944384
  24. ^ EgyptAir flight missing: What we know now”. USAトゥデイ (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  25. ^ Watch live from EgyptAir counter at Charles de Gaulle Airport in Paris”. デイリー・テレグラフ (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  26. ^ EgyptAir Flight MS804: What We Know So Far”. ニューズウィーク (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  27. ^ EgyptAir flight MS804 disappears from radar between Paris and Cairo – live updates”. ガーディアン (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  28. ^ a b The Search for EgyptAir Flight 804”. ジ・アトランティック (2016年6月1日). 2016年7月24日閲覧。
  29. ^ Greece Sends Aircraft to Area of Disappearance”. ニューヨーク・タイムズ (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  30. ^ a b EgyptAir Flight 804 Crashed In a Watery Graveyard for Migrants”. ザ・デイリー・ビースト (2016年5月20日). 2016年7月24日閲覧。
  31. ^ Search continues for wreckage from EgyptAir flight as officials probe links to terror”. FOXニュース (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。[リンク切れ]
  32. ^ .Déclaration à propos du crash de l'avion d'EgyptAir” (フランス語). エリゼ宮殿 (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  33. ^ EgyptAir flight MS804: Welsh man Richard Osman on board plane”. BBCニュース (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  34. ^ EgyptAir Missing Flight 804 Live Updates: Terrorism, Crash Or Technical Issues? Officials Rule Nothing Out”. インターナショナル・ビジネス・タイムズ (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  35. ^ U.S. Navy Aircraft to Join Search”. ニューヨーク・タイムズ (2016年5月19日). 2016年7月24日閲覧。
  36. ^ Egyptair: Un Falcon 50 participe aux opérations de recherche” (フランス語). フランス海軍 (2016年5月20日). 2016年7月24日閲覧。
  37. ^ EgyptAir crash: More wreckage found north of Alexandria”. アルジャジーラ (2016年5月21日). 2016年7月31日閲覧。
  38. ^ a b c EgyptAir 804 Black Boxes Remain Unrecovered: What We Know About the Hunt for Answers”. ABCニュース (2016年5月23日). 2016年7月31日閲覧。
  39. ^ Sentinel-1A Spots Potential Oil Slick from Missing EgyptAir Plane”. 欧州宇宙機関. 2016年7月31日閲覧。
  40. ^ Sirgany, Sarah; Abdelaziz, Salma; Park, Madison (2016年5月26日). “Report: Signals detected from EgyptAir Flight 804 in Mediterranean”. CNN. http://www.cnn.com/2016/05/26/middleeast/egyptair-airbus-signals-detected 2016年7月31日閲覧。 
  41. ^ El-Ghobashy, Tamer; Kholaif, Dahlia; Wall, Robert (2016年5月26日). “Searchers Detect Emergency Signal of EgyptAir Plane”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://www.wsj.com/articles/searchers-detect-emergency-signal-of-egyptair-plane-1464264946 2016年7月31日閲覧。 
  42. ^ Distress signal from EgyptAir flight 804 confirmed by authorities in Cairo and US”. ガーディアン (2016年5月31日). 2016年7月31日閲覧。
  43. ^ O'Rourke, Andi (2016年5月19日). “Did EgyptAir Flight MS804 Send Out A Distress Signal? There Are Mixed Reports Coming From EgyptAir Officials”. Bustle. 2016年7月31日閲覧。
  44. ^ Fahim, Kareem; Youssef, Nour (2016年5月19日). “Distress Signal Received From Missing Plane”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/live/egyptair-flight-missing-paris-cairo/missing-plane/ 2016年7月31日閲覧。 
  45. ^ Noueihed, Lin; Lough, Richard; Young, Sarah (2016年6月2日). “EgyptAir black box search zone narrows after signal detected”. カイロ: Reuters India. http://in.reuters.com/article/egyptair-airplane-blackboxes-idINKCN0YO0TK 2016年7月31日閲覧。 
  46. ^ a b c Noueihed, Lin; Labbé, Chine; Williams, Alison (2016年6月1日). “French vessel detects signals likely from EgyptAir jet black box”. カイロ: ロイター. http://www.reuters.com/article/us-egyptair-airplane-blackboxes-idUSKCN0YN4A0 2016年7月31日閲覧。 
  47. ^ a b c “EgyptAir crash: Black box signals heard by search teams”. BBCニュース. (2016年6月1日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-36427053 2016年7月31日閲覧。 
  48. ^ Michael, Maggie (2016年6月15日). “Egypt Says It Has Found Plane Wreckage”. AP通信. ボストン・グローブ. https://www.bostonglobe.com/news/world/2016/06/15/egypt-says-has-found-plane-wreckage/0iUBqgzfrcCKboGjwHtfJI/story.html 2016年7月31日閲覧。 
  49. ^ 【エジプト機墜落】残骸の位置特定、墜落原因なお不明”. 産経新聞 (2016年6月16日). 2016年7月31日閲覧。
  50. ^ تقرير رقم (24) الصادر عن لجنة التحقيق المصرية فى حادثة طائرة مصر للطيران” [Investigation Progress Report (24) by the Egyptian Aircraft Accident Investigation Committee] (アラビア語). エジプト民間航空省 (2016年7月9日). 2016年7月31日閲覧。[リンク切れ]
  51. ^ a b تقرير رقم (25) الصادر عن لجنة التحقيق المصرية فى حادثة طائرة مصر للطيران” [Investigation Progress Report (25) by the Egyptian Aircraft Accident Investigation Committee] (アラビア語). エジプト民間航空省 (2016年7月16日). 2016年7月31日閲覧。[リンク切れ]
  52. ^ “EgyptAir: Submarine searches for missing flight data recorders”. BBCニュース. (2016年5月22日). http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-36353489 2016年8月30日閲覧。 
  53. ^ “Egyptian submarine to visit plane crash site”. AP通信. CTVニュース. (2016年5月22日). http://www.ctvnews.ca/world/egyptian-submarine-to-visit-plane-crash-site-1.2912555 2016年8月30日閲覧。 
  54. ^ “Egypt sends submarine to hunt for crashed EgyptAir jet”. ロイター. (2016年5月22日). http://www.reuters.com/article/us-egyptair-airplane-idUSKCN0YD0BZ 2016年8月30日閲覧。 
  55. ^ “Signals detected from EgyptAir Flight 804”. AP通信. NBC 11 News. (2016年5月27日). http://www.nbc11news.com/content/news/-Signals-detected-from-EgyptAir-Flight-804-381130121.html 2016年8月30日閲覧。 
  56. ^ Operations, situation update, 26 May 2016”. 国防省 (フランス) (2016年5月31日). 2016年8月30日閲覧。
  57. ^ Pearson, Michael. “EgyptAir Flight 804: Conflicting reports over final moments”. CNN. 2016年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月30日閲覧。
  58. ^ Staff and agencies in Cairo (2016年5月26日). “EgyptAir flight 804: deep-sea hunt for 'black boxes' as week passes since crash”. ガーディアン. 2016年8月30日閲覧。
  59. ^ Underwater Detection Systems DETECTOR”. ALSEAMAR. 2016年8月30日閲覧。
  60. ^ “EgyptAir flight 804: French navy ship joins search amid report of signal detected”. ガーディアン. (2016年5月27日). https://www.theguardian.com/world/2016/may/27/egyptair-flight-804-french-navy-ship-joins-search-amid-report-of-signal-detected 2016年8月30日閲覧。 
  61. ^ Clark, Nicola; Walsh, Declan; Youssef, Nour (2016年5月27日). “Investigators Race to Find EgyptAir Jet’s Black Boxes”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2016/05/28/world/middleeast/egyptair-flight-804-black-boxes.html 2016年8月30日閲覧。 
  62. ^ Vessel details for: JOHN LETHBRIDGE (Research/Survey Vessel) - IMO 6525131, MMSI 353177000, Call Sign H8PY Registered in Panama”. MarineTraffic. 2016年8月30日閲覧。
  63. ^ Egypt brings in specialized deep search ship for Egyptair hunt”. ブルームバーグ・ニュース (2016年5月28日). 2016年8月30日閲覧。
  64. ^ French vessel joins EgyptAir black box search”. アルジャジーラ (2016年5月28日). 2016年8月30日閲覧。
  65. ^ survey spread - Deep Ocean Search (PDF)”. ディープ・オーシャン・サーチ. 2016年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  66. ^ “EgyptAir flight MS804: Black boxes impossible to recover before 12 days, investigators say”. AFP通信. ABC News (Australia). (2016年5月30日). http://www.abc.net.au/news/2016-05-30/egyptair-black-boxes-impossible-to-recover-before-12-days/7457618 2016年8月30日閲覧。 
  67. ^ a b EgyptAir black box signals will soon cease: inquiry”. ザ・タイムズ・オブ・インディア (2016年6月13日). 2016年8月30日閲覧。[リンク切れ]
  68. ^ EgyptAir Cockpit Voice Recorder Has Been Recovered, Egyptian Officials Say”. NRP (2016年6月16日). 2016年8月30日閲覧。
  69. ^ Peter Yeung (2016年6月16日). “EgyptAir crash: Black box cockpit voice recorder from flight MS804 'found in Mediterranean Sea'”. インデペンデント. http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/egyptair-crash-flight-ms804-black-box-cockpit-voice-recorder-found-mediterranean-sea-latest-a7085611.html 2016年8月30日閲覧。 
  70. ^ a b “EgyptAir Black Boxes Badly Damaged, Likely to Prolong Probe”. ニューヨーク・タイムズ. (2016年6月17日). オリジナルの2016年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160618092852/http://www.nytimes.com/aponline/2016/06/17/world/middleeast/ap-ml-egypt-plane.html 2016年8月30日閲覧。 
  71. ^ a b “EgyptAir crash: Second flight recorder recovered”. BBCニュース. (2016年6月17日). http://www.bbc.com/news/world-middle-east-36557134 2016年8月30日閲覧。 
  72. ^ Pearson, Michael; Brascia, Lorenza (2016年6月17日). “EgyptAir Flight 804: Second black box found”. CNN. http://www.cnn.com/2016/06/17/middleeast/egyptair-wreckage-found/ 2018年4月29日閲覧。 
  73. ^ Gubash, Charlene; Gittens, Hasani (2016年6月19日). “Investigators Begin Examining EgyptAir Flight MS804 Black Boxes”. NBCニュース. http://www.nbcnews.com/storyline/egyptair-crash/investigators-begin-examining-egyptair-black-boxes-n595216 2016年8月30日閲覧。 
  74. ^ Ansari, Azadeh; Sirgany, Sarah (2016年6月21日). “EgyptAir Flight 804: Memory chips damaged”. CNN. http://www.cnn.com/2016/06/21/middleeast/egyptair-data-recorders/index.html 2018年4月29日閲覧。 
  75. ^ Damaged memory chips of EgyptAir Flight 804 being repaired”. New Kerala (2016年6月21日). 2016年8月30日閲覧。
  76. ^ “EgyptAir MS804 flight recorders: efforts to extract data fail | World news”. ガーディアン. (2016年6月24日). https://www.theguardian.com/world/2016/jun/24/egyptair-flight-804-access-data-recorders-information-fail- 2016年8月30日閲覧。 
  77. ^ EgyptAir Flight MS804 recorders to go to Paris for repairs”. BBCニュース (2016年6月23日). 2016年8月30日閲覧。
  78. ^ 墜落機のブラックボックス、仏へ送付 エジプトで解析できず”. CNN (2016年6月24日). 2016年8月30日閲覧。
  79. ^ a b Wall, Robert (2016年7月2日). “EgyptAir Flight 804 Cockpit Recorder Successfully Repaired”. ウォール・ストリート・ジャーナル. http://www.wsj.com/articles/egyptair-flight-804-cockpit-recorder-memory-chips-intact-1467461548 2016年7月2日閲覧。 
  80. ^ EgyptAir 804 Investigators Repair Flight Data Recorder”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年6月28日). 2016年11月29日閲覧。
  81. ^ “EgyptAir crash: Flight data recorder repaired - investigators”. BBCニュース. BBC. (2016年6月28日). http://www.bbc.com/news/world-europe-36647587 2016年8月30日閲覧。 
  82. ^ “Egypt says flight 804 'black box' fixed as France opens manslaughter case”. ガーディアン. (2016年6月28日). https://www.theguardian.com/world/2016/jun/27/egyptair-flight-ms804-manslaughter-inquiry-opens 2016年8月30日閲覧。 
  83. ^ エジプト機墜落:「過失致死容疑」で捜査”. 毎日新聞 (2016年6月28日). 2016年8月30日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]