ASL航空ハンガリー7332便着陸失敗事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ASL航空ハンガリー 7332便
Atterraggio lungo a Orio al Serio.jpg
オーバーランした事故機
事故の概要
日付 2016年8月5日
概要 パイロット・エラーによる滑走路のオーバーラン
現場 イタリアの旗 イタリア ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港
北緯45度40分18秒 東経9度41分09秒 / 北緯45.6717度 東経9.6857度 / 45.6717; 9.6857座標: 北緯45度40分18秒 東経9度41分09秒 / 北緯45.6717度 東経9.6857度 / 45.6717; 9.6857
乗客数 0
乗員数 2
死者数 0
生存者数 2(全員)
機種 ボーイング737-476SF
運用者 ハンガリーの旗 ASL航空ハンガリー英語版DHL便として運航)
機体記号 HA-FAX
出発地 フランスの旗 パリ=シャルル・ド・ゴール空港
目的地 イタリアの旗 ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港
テンプレートを表示

ASL航空ハンガリー7332便着陸失敗事故(ASLこうくうハンガリー7332ちゃくりくしっぱいじこ)は、2016年8月5日に発生した航空事故である。パリ=シャルル・ド・ゴール空港ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港行きだったASL航空ハンガリー7332便(ボーイング737-476SF)が、ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港への着陸時に滑走路をオーバーランした。乗員2人に怪我はなかったものの機体が付近の道路上で停止したため、空港は約3時間閉鎖され、多くの便がミラノ・マルペンサ空港ダイバートした[1][2][3][4]

事故機[編集]

2015年11月に撮影された事故機

事故機のボーイング737-476SF(HA-FAX)は1991年10月に初飛行を行い、同年11月にオーストラリア航空に納入され、1993年10月に親会社であるカンタス航空に移籍した。2014年12月にニュージーランドのエア・ワークが購入し、貨物機に改修された。翌年10月に、ASL航空ハンガリーが事故機を買い、HA-FAXとして登録された[1]

事故の経緯[編集]

ベルガモ空港とオーバランした地点
付近の道路から撮影された事故機

ASL航空ハンガリー7332便は、DHL便として運航されており、現地時間2時54分にパリ=シャルル・ド・ゴール空港を離陸した。ベルガモ・オーリオ・アル・セーリオ空港に接近し、管制官から滑走路28へのILSアプローチを許可された。管制官は続けて、310度から15ノット (28 km/h)の風が吹いており、滑走路面が湿っていることを報告した[1]

4時07分に、高度140フィート (43 m)を156ノット (289 km/h)で滑走路端を通過した。フレア操作を行った際に30フィート (9.1 m)から20フィート (6.1 m)までの間で14秒飛行した。機体は、9,209フィート (2,807 m)ある滑走路の2,000フィート (610 m)地点に接地した。パイロットは機体を滑走路内で停止させることができず、空港周辺のフェンスを109フィート (33 m)の速さで突き抜けた。2つの道路と駐車場、高速道路を突き抜け、滑走路から300m地点で停止した[1][3]

オーバーランにより、エンジンと着陸装置が分離し、水平安定板も損傷を受けた[5]

事故調査[編集]

イタリアの運輸安全委員会英語版が調査を開始した[5]。CVRとFDRは事故当日に回収され、2016年9月21日に予備報告が発表された[6]。調査委員会は事故原因をパイロットエラーによるものだと結論付けた。パイロットは、進入中に機体の位置の認識を誤っており、その結果、着陸が高速で接地位置も通常よりも奥になってしまった。そのため、機体は滑走路内で停止せず、オーバーランした[1]

また、調査委員会は以下のことを要因としてあげた[1]

  • 機長が着陸の手順を省いた
  • 最終進入時の機体の不適切な飛行
  • 乗員が着陸前にA/Tを切断できなかった
  • 嵐により照明が見づらかった(パイロットの状況認識不足に影響した可能性がある)
  • 着陸直前にパイロットが外部の状況に気を取られ、高速で飛行していることに気づかなかった
  • 機長の誤った決定に対して副操縦士が注意できなかった

上記以外にもパイロットの疲労が影響したことにも言及している[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g ASN aircraft accident Boeing 737-476SF HA-FAX” (2016年8月5日). 2016年8月5日閲覧。
  2. ^ Plane crashes on to road in Italy after overshooting Bergamo airport runway”. The Guardian (2016年8月5日). 2016年8月10日閲覧。
  3. ^ a b Bergamo plane crash: Incredible escape after plane skids off runway at Italian airport and ends up on ROAD” (2016年8月5日). 2016年8月10日閲覧。
  4. ^ ASL Hungary's Plane Suffers Runway Excursion In Italy” (2016年8月8日). 2016年8月9日閲覧。
  5. ^ a b ASL 737 substantially damaged in Bergamo accident” (2016年8月5日). 2016年8月10日閲覧。
  6. ^ Aeroporto Orio al Serio, B737-400 marche HA-FAX