エイティトウショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイティトウショウ
エイティトウショウ.jpg
1981年エリザベス女王杯パドック
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1978年5月6日
死没 1998年2月5日(20歳没・旧21歳)
ダンディルート
ソシアルトウショウ
母の父 ヴェンチア
生国 日本の旗 日本北海道静内町
生産 藤正牧場
馬主 (株)トウショウ産業
調教師 奥平真治美浦北
厩務員 小島浩三
競走成績
生涯成績 21戦9勝
獲得賞金 2億3212万3400円
テンプレートを表示

エイティトウショウとは日本競走馬繁殖牝馬である。「牝馬最強世代」と呼ばれた1981年クラシック世代の1頭であり、中山記念連覇など牡馬混合重賞を4勝。2000メートル前後の距離で能力を発揮し、「中距離の女王」と称された。繁殖牝馬としてもクイーンカップなど重賞3勝を挙げたマザートウショウなどを産んでいる。弟にトウショウペガサスなど3頭の重賞勝利馬がいる。

  • 馬齢は2000年以前に使用された旧表記で統一して記述する。

経歴[編集]

ソシアルトウショウ1975年優駿牝馬(オークス)2着馬。その兄弟には重賞3勝のトウショウピットや、「天馬」と称された顕彰馬トウショウボーイなどがいる。父ダンディルート藤正牧場が導入した新進の種牡馬であった。

しかし、誕生後しばらくの後に右前脚蹄骨を骨折。腱にも異常を持っており、さらに胃腸が弱く下痢を繰り返していた。こうした様子から、当初は競走馬になれないと見られていたが、牧場スタッフの献身的な世話が功を奏し、徐々に体質は改善されていった。競走年齢の3歳に達した1980年4月、美浦トレーニングセンター奥平真治に入厩。しかし環境の変化から極度の食欲不振に陥って栄養失調を起こし、牧場に返された。10月末に再度入厩するが、デビューは翌年2月と遅れた。

戦績[編集]

1981年2月21日、東京競馬場の新馬戦でデビュー。初戦は僅差の2着となり、2戦目で初勝利。3戦目で当時オープン特別のフラワーカップに勝利し、クラシック戦線でも堅実に入着して素質の高さを見せた。夏の休養前に出走したラジオたんぱ賞では、最終コーナー先頭からゴールまで押し切り、重賞を初制覇。2着は当年の菊花賞馬となるミナガワマンナであった。夏の休養を経ての秋シーズンは、緒戦の牝馬東京タイムズ杯で5着。次走は秋の最大目標としたエリザベス女王杯であったが、胃腸の弱さが影響し、競走前に3度の腹痛に見舞われた。しかし本番では中団から馬場内側を追い込み、僅差の4着となる。続く年末のオープン戦に勝利し、4歳シーズンを終えた。

古馬になると牡馬との戦いが主になったが、ここから素質が開花。年頭の金杯(東)を3馬身差で圧勝して重賞2勝目を挙げると、続く東京新聞杯では、当時「無冠の帝王」と呼ばれたモンテプリンスと直線入り口から競り合い、ハナ差の2着。2戦連続で同馬との対戦となった中山記念も前走と同様の展開となり、今度はハナ差退けての優勝を果たした。次走は天皇賞(春)を予定していたが、競走前に左前脚繋靱帯炎を発症して回避、年内いっぱいを休養に充てた。当年の最優秀5歳以上牝馬には中山記念で破ったスイートネイティブが選ばれたが、中央競馬フリーハンデでは牝馬最高値となる59kgの評価を得た。

翌年1月の復帰後も衰えはなく、復帰2走を連続で2着した後、再び中山記念に出走。降雨による不良馬場を苦とせず、4馬身差で連覇を果たした。その後も好調を維持、当年7戦3勝という成績を残し、フリーハンデでは2年連続の古牝馬1位に据えられた。

明けて7歳になり、中山記念を限りの引退が決定。緒戦目黒記念を5着とした後、セカイオー以来の同一重賞三連覇を目指し、中山記念に臨んだ。レースでは最後の直線で馬群から僅かに抜け出したが、ゴール直前でテュデナムキングに半馬身交わされて2着。三連覇は成らなかった。当初の予定通り、この競走を最後に引退。故郷・藤正牧場で繁殖入りとなった。全21戦中、5着以下となったのは6歳時に出走した有馬記念のみと、非常に堅実な成績を残した。

引退後[編集]

繁殖牝馬となったエイティトウショウは8頭の競走馬を産んだ。代表産駒マザートウショウの他、トウショウスペリア、トウショウヒューイ、トウショウルーイの3頭がオープン馬となっている。競走馬時代と同様の堅実な成績で牧場を支え、名繁殖の1頭に数えられたが、1998年に21歳で死亡した。

成績表[編集]

年月日 レース名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 勝ち馬/(2着馬)
1981 2. 21 中山 新馬 14 1 2着 1200m(重) 1:11.5 0.1秒 中島啓之 53 シュンシゲ
4. 4 中山 新馬 13 1 1着 ダ1200m(良) 1:11.8 1 1/2身 中島啓之 53 (トリプルエル)
4. 4 中山 フラワーカップ 9 2 1着 芝1600m(重) 1:37.6 1 3/4身 田村正光 55 (サクラスマイル)
5. 3 東京 4歳牝馬特別(東) 13 2 5着 芝1800m(良) 1:50.8 0.6秒 田村正光 54 カバリエリエース
5. 24 東京 優駿牝馬 24 5 4着 芝2400m(良) 2:30.1 0.6秒 田村正光 55 テンモン
6. 21 福島 ラジオたんぱ賞 8 3 1着 芝1800m(重) 1:51.6 クビ 田村正光 54 ミナガワマンナ
10. 11 東京 牝馬東京タイムズ杯 11 6 4着 芝1600m(良) 1:35.7 0.6秒 中島啓之 52 ブロケード
11. 15 京都 エリザベス女王杯 16 6 4着 芝2400m(良) 2:28.8 0.7秒 中島啓之 55 アグネステスコ
12. 19 中山 オープン 11 2 1着 芝1600m(良) 1:34.7 2 1/2身 中島啓之 53 (フソウライデン)
1982 1. 15 中山 金杯(東) 16 1 1着 芝2000m(不) 2:04.4 3身 中島啓之 53 ネオキーストン
2. 7 東京 東京新聞杯 10 3 2着 芝2000m(良) 2:00.8 0.0秒 中島啓之 54 モンテプリンス
3. 14 中山 中山記念 14 1 1着 芝1800m(稍) 1:49.3 ハナ 中島啓之 54 (モンテプリンス)
1983 1. 9 中山 ガーネットステークス 12 1 2着 芝1600m(重) 1:36.8 0.3秒 中島啓之 56 タケノハッピー
2. 6 東京 東京新聞杯 13 1 2着 芝2000m(良) 2:02.5 0.4秒 中島啓之 56 タカラテンリュウ
3. 13 中山 中山記念 10 1 1着 芝1800m(不) 1:55.7 4身 中島啓之 55 スティード
4. 10 中山 エイプリルステークス 15 1 3着 芝1600m(良) 1:35.7 0.2秒 中島啓之 58 アローボヘミアン
10. 22 東京 オープン 8 1 1着 ダ1600m(重) 1:36.4 3身 中島啓之 56 (サーペンスール)
11. 12 東京 オープン 8 2 1着 芝1800m(稍) 1:51.2 1 1/4身 中島啓之 55 メジロティターン
12. 25 中山 有馬記念 16 11 10着 芝2500m(良) 2:35.0 1.0秒 中島啓之 54 リードホーユー
1984 2. 19 東京 目黒記念 GII 10 3 5着 芝2500m(稍) 2:35.0 1.0秒 中島啓之 56 ダイセキテイ
3. 11 中山 中山記念 GII 11 2 2着 芝1800m(良) 1:49.5 0.1秒 中島啓之 56 テュデナムキング

※1984年よりグレード制導入。競走名太字はグレード制導入後のGI競走

産駒一覧[編集]

生年 馬名 毛色 戦績(特記)
初仔 1985年 スヌープトウショウ 鹿毛 ハードツービート 14戦2勝
2番仔 1986年 トウショウクルーゾ 鹿毛 グランディ 26戦3勝
3番仔 1987年 トウショウスペリア 鹿毛 ラッキーソブリン 24戦5勝
4番仔 1988年 トウショウヒューイ 鹿毛 ロイヤルスキー 35戦5勝
5番仔 1990年 マザートウショウ 黒鹿毛 スティールハート 17戦4勝
函館3歳ステークス
テレビ東京賞3歳牝馬ステークス
クイーンカップ
6番仔 1991年 トウショウルーイ 鹿毛 クリスタルグリッターズ 22戦5勝
7番仔 1995年 ステアトウショウ 鹿毛 リズム 不出走
8番仔 1996年 トウショウパンジャ 鹿毛 サクラバクシンオー 3戦0勝(うち地方2戦)
9番仔 1997年 トウショウビュー 黒鹿毛 サクラユタカオー 16戦2勝(うち地方14戦2勝)

※5番仔マザートウショウの産駒にトウショウガナー(白銀争覇)がいる。

血統表[編集]

エイティトウショウ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系

*ダンディルート
Dandy Lute 1972
鹿毛 フランス
父の父
Luthier
黒鹿毛 フランス
Klairon Clarion
Kalmia
Flute Enchantee Cranach
Montagnana
父の母
Dentrelic 1965
栗毛 フランス
Prudent My Babu
Providence
Relict Relic
Fakhry

ソシアルトウショウ 1972
黒鹿毛 日本
*ヴェンチア
Venture 1957
鹿毛 フランス
Relic War Relic
Bridal Colors
Rose o'Lynn Pherozshah
Rocklyn
母の母
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly 1957
鹿毛 アメリカ
Your Host Alibhai
Boudoir
Wisteria Easton
Blue Cyprus
母系(F-No.) ソシアルバターフライ系(FN:1-w) [§ 2]
5代内の近親交配 Relic 4×3、Easton 5×5・4、Mahmoud 5×5、Djebel 5・5(父内) [§ 3]
出典
  1. ^ [1]
  2. ^ [2][1]
  3. ^ [1]

主な近親[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 血統情報:5代血統表|エイテイトウシヨウ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年8月8日閲覧。
  2. ^ 『優駿』1996年9月号、日本中央競馬会、31頁

参考文献[編集]

  • 横尾一彦「"天馬一族"の華 - エイティトウショウ」(『優駿』1993年4月号〈日本中央競馬会、1993年〉所収)
  • 光栄出版部・編『競馬SLG名牝ファイル - 全65頭のエピソード&データ集 』(光栄、1994年)ISBN 4877191100
  • 市丸博司『サラブレッド怪物伝説 - スーパーホース激走カタログ101』(廣済堂出版、1994年)ISBN 4331652025

外部リンク[編集]