スティールハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スティールハート
欧字表記 Steel Heart
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1972年3月25日
死没 1994年7月4日(22歳没・旧23歳)[1]
Habitat
A.1.
母の父 Abernant
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 William F. Davison
馬主 R.Tikko
調教師 ダーモット・ウェルド英語版アイルランド
競走成績
生涯成績 12戦5勝[1][2]
獲得賞金 60287ポンド[2]
35000マルク[2]
テンプレートを表示

スティールハート (Steel Heart) とはアイルランド競走馬種牡馬である。

生涯[編集]

競走馬としては2歳時から短距離馬として活躍し、イギリスG1ミドルパークステークスをはじめ、ジムクラックステークス(イギリスG2)、デュークオブヨークステークス(イギリスG3)、ゴルデネパイチェ(ドイツG3)と、6ハロンまたは1200メートル[2]重賞を4勝した[1][2]。ほかイギリスの2歳王者決定戦デューハーストステークスで2着(優勝馬はグランディ[2]ジュライカップで2着[2]などの成績を残している。

競走馬引退後の1976年から種牡馬となり、アイルランドで供用された[2]のち、1978年に日本へ輸出され[1][2]下河辺牧場で供用された[2]

それまでの日本競馬においては距離適性別の競走体系が明確でなく、距離万能の種牡馬が尊重されていたが、1984年に中央競馬で競走番組の大幅改革が行われ、特定の距離に強いスペシャリストタイプの馬にも大きく活路が開かれることになった。そのような背景のなかスティールハートは優秀な短距離馬を数々送り出し、産駒が挙げた勝利のうち、実に85パーセント以上が1600メートル以下の距離でのもの[3]であった。とくに代表産駒ニホンピロウイナークラシック路線から短距離路線に転じて大きな成功を収め、全盛期には「マイル以下なら(当時の最強馬の)シンボリルドルフより強い」とまで言われ距離体系整備の象徴的な存在となり、後継種牡馬としてもヤマニンゼファーフラワーパークと2頭の短距離GI優勝馬を輩出している。

1994年7月、老衰のため浦河スタリオンセンターで死亡[1]

おもな産駒[編集]

※太字はGI競走優勝馬。

血統表[編集]

スティールハート血統(ハビタット系(ロイヤルチャージャー系) / Nearco5×4=9.38%) (血統表の出典)
父系

Habitat 1966
鹿毛 アメリカ
父の父
Sir Gaylord 1959
鹿毛 アメリカ
Turn-to Royal Charger
Source Sucree
Somethingroyal Princequillo
Imperatrice
父の母
Little Hut 1952
鹿毛 アメリカ
Occupy Bull Dog
Miss Bunting
Savage Beauty Challenger
Khara

A.1. 1963
芦毛 イギリス
Abernant 1946
芦毛 イギリス
Owen Tudor Hyperion
Mary Tudor
Rustom Mahal Rustom Pasha
Mumtaz Mahal
母の母
Asti Spumante 1947
鹿毛 イギリス
Dante Nearco
Rosy Legend
Blanco Blandford
Snow Storm F-No.7
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

父ハビタットはロッキンジステークスムーランドロンシャン賞などに優勝し、マイルで活躍[2]。種牡馬としてもヨーロッパアメリカを問わず大きな成功を収めた。母は未勝利馬[2]半妹アンピューラはイギリスのG3競走・チェリーヒントンステークスの優勝馬[2]で、その産駒(甥)にアイルランド・アメリカで重賞3勝のアンセストラルがいる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「今月のトピックス『名馬・名種牡馬の悲報、相次ぐ』」、『優駿』、日本中央競馬会、1994年9月、 74頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 山野浩一「'82三歳新種牡馬レビュー(1)」、『優駿』、日本中央競馬会、1982年7月、 134頁。
  3. ^ 飯田正美 「スティールハート産駒の勝ち鞍分布」『種牡馬血統データブック』 西東社、2007年、267頁。ISBN 978-4791606962

外部リンク[編集]