イオンモール神戸北

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イオンモール神戸北[1]
ÆON MALL KOBEKITA
外観
外観
店舗概要
所在地 651-1515
兵庫県神戸市北区上津台8丁目1-1
座標 北緯34度51分36.1秒 東経135度11分40.2秒 / 北緯34.860028度 東経135.194500度 / 34.860028; 135.194500座標: 北緯34度51分36.1秒 東経135度11分40.2秒 / 北緯34.860028度 東経135.194500度 / 34.860028; 135.194500
開業日 2006年平成18年)11月18日[2][3]
施設所有者 日本リテールファンド投資法人[4]
施設管理者 イオンモール株式会社[2]
敷地面積 約114,622[2]
商業施設面積 約60,516m2[2]
うちイオン(旧・ジャスコ)直営:約17,847[2]
中核店舗 ジャスコ神戸北店[1]

イオン神戸北店
店舗数 166[2]
営業時間 イオン神戸北店 / 9:00 - 23:00
専門店 / 10:00 - 22:00(レストラン23:00)
その他 10:00 - 22:00
駐車台数 約4,000台[2]
最寄駅 神鉄道場駅三田駅
最寄IC 長尾ランプ[2]神戸三田インター[2]
外部リンク 公式サイト
Aeonmall store logo.svg

イオンモール神戸北(イオンモールこうべきた)は、兵庫県神戸市北区にあるイオンモール株式会社ショッピングセンターである[2]

概要[編集]

核店舗のジャスコ(現・イオン)のほか、ミドリ電化(現・エディオン)や喜久屋書店など166の専門店からなる「イオン神戸北ショッピングセンター」として2006年(平成18年)11月18日に開業した[2]

当施設はファッション関連のショッピングセンターへの出店常連企業で構成される研究会SPACによる2006年(平成18年)春から2007年(平成19年)春に開業した主要大型ショッピングセンターの成績を出店したテナント企業のアンケート回答の集計で、集客力と売上ではワースト3位で利益でもワースト4位となり、同期間における新設ショッピングセンターの中でワースト5の一つとの評価を受けた[5]。ただし、翌年の同調査では、隣接地に神戸三田プレミアム・アウトレットが開業して客数が急増したことで評価が好転している[6]

その後、核店舗の「ジャスコ神戸北店」は[1]2011年(平成23年)3月1日にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一する[7]ことに伴って「イオン神戸北店」に改称した。

2007年9月22日より、施設名称が「イオン神戸北ショッピングセンター」から「イオンモール神戸北」に変更。

主なテナント[編集]

核店舗のイオン(旧・ジャスコ)神戸北店[1]のほか、エディオン(旧・ミドリ電化)や喜久屋書店など166の専門店が出店[2]

出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「フロアガイド」を参照。

交通アクセス[編集]

周囲を3本の高速道路中国道山陽道六甲北道路)に囲まれており、マイカーによるアクセスの利便性に富んでいる。

鉄道[編集]

バス[編集]

備考[編集]

関連項目[編集]

近隣の他社のSC[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l “イオン、「神戸北ショッピングセンター」11月18日オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2006年10月20日)
  3. ^ “兵庫県最大級のSC 「イオン神戸北SC」 十一月十八日開店 兵庫県神戸市”. タイハン特報 (大量販売新聞社). (2006年10月26日)
  4. ^ 日本リテールファンド投資法人>不動産ポートフォリオ>ポートフォリオマップ>イオンモール神戸北 - 2012年12月18日閲覧
  5. ^ 小島健輔 『最新SCを格付け評価する』 月刊販売革新 2007年6月号 (商業界)
  6. ^ 小島健輔 『SC大異変にかく対応せよ』 月刊販売革新 2008年7月号 (商業界)
  7. ^ “総合スーパー名「イオン」に統一、ジャスコ、サティの屋号消滅”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年3月2日)
  8. ^ “イオンと三越、店舗運営を微修正 大型SCで店づくり”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2006年11月29日)

外部リンク[編集]