アンドレイ・プラトーノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレイ・プラトーノフ
Андрей Платонов
Andrej-platonovic-platonov-1938.jpg
誕生 1899年8月28日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 ヴォロネジ
死没 1951年1月5日
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国 モスクワ
職業 小説家
代表作 『土台穴』、『チェヴェングール』、「ジャン」
公式サイト http://platonov-ap.ru
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アンドレイ・プラトーノヴィチ・プラトーノフロシア語: Андре́й Плато́нович Плато́нов、ラテン文字表記の例:Andrei Platonovich Platonov1899年8月28日 - 1951年1月5日)は、ロシア小説家。代表作に『土台穴』(1930年)、『チェヴェングール』(192728年)などがある。

生涯[編集]

1899年8月28日[1]ドン川支流の町ヴォロネジヤムスカヤに生まれた。父親は鉄道修理士だった。アンドレイは高等教育を受けずに機関士や電気整備士として働き始め、その後ロシア内戦赤軍派として参加、共産主義革命に参加し始めた。地元の新聞・雑誌に詩や随筆を投稿するようになり、レーニンに対する全面的な支持を表明したのもこの頃である。1920年代前半にはヴォロネジの土地改良および水力発電所建設計画において指導的な役割を果たす。1922年、デビュー作となる詩集『空色の深淵』を発表した。

1926年にモスクワに転居し、以降は当地で職業作家として活動した。1930年代になってスターリン五カ年計画を発表して農業の集団化を押し進めると、プラトーノフは次第にソ連の政治体制に疑問を感じるようになった。それは作品にも影を落とすようになり、「疑惑を抱いたマカール」(1929年)、「ためになる」(1931年)等が批評家や党指導部からの批判の対象となり、それ以降、満足に作家活動をできない状況が続いた。代表作『土台穴』(1930年)、生前に完成した唯一の長篇『チェヴェングール』(1926-1928年)もこの頃執筆されたが、公表することはできなかった。また、1934年から1935年にかけて、中央アジアのトルクメン共和国に派遣されたときの体験をきっかけに、「粘土砂漠(タクイル)」、「ジャン」を執筆した。

第2次世界大戦では従軍記者として働きルポルタージュ的な作品を多く執筆し、発表の機会を得たが、帰還兵を主人公にした「帰還」は、ソ連軍人を中傷するという理由で攻撃を受ける。プラトーノフは不遇のまま、1951年に結核で死去した。その後、1960年代の雪どけ後に作品集が出版されて再評価が進んでいる。

執筆した作品のジャンルは多岐にわたり、小説をはじめ、詩、論説、ルポルタージュ、戯曲、映画シナリオ、童話の翻訳・翻案などを手掛けている。

主な著作[編集]

邦訳のある著作の一覧である。

単行本[編集]

  • 『プラトーノフ作品集』原卓也訳、岩波書店〈岩波文庫〉、1992年。
    • 「粘土砂漠(タクイル)」
    • 「ジャン」
    • 「三男」
    • 「フロー」
    • 「帰還」
  • 『土台穴』亀山郁夫訳、国書刊行会〈文学の冒険〉、1997年。
  • 『うさぎの恩返し』児島宏子訳、未知谷、2012年。
  • 『不死:プラトーノフ初期作品集』工藤順訳、未知谷、2018年。

雑誌・全集収録[編集]

  • 「朝霧の中の青春」『ソヴェート文学』第5号、1965年。彦坂諦訳)
  • 「美しい、狂暴な世界のなかで」『ソヴェート文学』第17号、1968年。島田陽訳)他
  • 「秘められた人間」江川卓訳、『世界の文学』中央公論社、1971年。
  • 「砂の女教師」『ソヴェート文学』第35号、1971年。(井上研二訳)
  • 「雀の旅」『ユリイカ』第6巻第14号、1974年。染谷茂訳)
  • 「帰郷」岡林茱萸訳『白い汽船』飯塚書店、1974年。
  • 「三番目の息子」岡林茱萸訳『世界短編名作選(ソビエト編)』草鹿外吉ほか、新日本出版社、1978年。
  • 「疑惑を抱いたマカール」安岡治子『世界の文学』15、集英社、1990年。

参考文献[編集]

  • 原卓也『プラトーノフ作品集』解説

脚注[編集]

  1. ^ プラトーノフ自身は誕生日が9月1日と自認し、それに従って旧来誕生日は9月1日とされてきたが、最新の研究によれば、実際の出生日は8月28日(新暦)とされている。Алексей Варламов (2011). Андрей Платонов. Жизнь замечательных людей. Молодая гвардия