アンティゴノス朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンティゴノス朝
Δυναστεία των Αντιγονιδών
マケドニア王国 前276年 - 前168年 共和政ローマ
アンティゴノス朝の位置
紀元前218年のアンティゴノス朝の版図(青)
公用語 ギリシア語
首都 ペラ
国王
紀元前276年 - 紀元前239年 アンティゴノス2世
紀元前179年 - 紀元前168年 ペルセウス
変遷
建国 前276年
滅亡 前168年

アンティゴノス朝ギリシア語: Δυναστεία των Αντιγονιδών紀元前306年 - 紀元前168年)は、アレクサンドロス大王ディアドコイ(後継者)の一人、アンティゴノス1世モノフタルモス(隻眼王)の子孫がギリシャマケドニア地方に築いた、ペラを首都とする王国。アンティゴノス朝マケドニアまたは、マケドニア王国と表記される事もある。

歴史[編集]

成立[編集]

アンティゴノス1世はアレクサンドロス大王の生前はフリュギア地方(小アジア中西部)の太守であった。アレクサンドロスは短期間のうちにアケメネス朝を打倒したが、間もなくバビロンで没した(紀元前323年)。彼の死後、残された帝国の継承を巡って大王の後継者にならんとする遺臣達(ディアドゴイ)によるディアドコイ戦争(後継者戦争)と呼ばれる大規模な戦争が起こった。アンティゴノスは大王の死後、帝国全軍総司令官の地位を得て転戦し、自身に敵対するカッパドキア太守エウメネスとその同盟者達をパラエタケネの戦いと続くガビエネの戦いで破った。結果、アンティゴノスは小アジア全土及び北シュリアからイラン高原に至る広大な地域を手中にし、ディアドコイ中最大の勢力となった。紀元前306年には他のディアドゴイに先駆け王位に就きアレクサンドロスの帝国全体を再統一しようとしたが、他のディアドコイ(トラキアリュシマコスシリアセレウコスマケドニアカッサンドロス等)は反アンティゴノス同盟を結んで対抗したため、アンティゴノスはイプソスの戦い紀元前301年)で敗死。遺領は勝者たちによって分割された。

アンティゴノスの息子デメトリオス1世ポリオルケテス(攻城王)はイプソスの戦いで敗走するも生き残り、勢力を挽回すべく転戦を重ねる。カッサンドロスの息子達を倒して紀元前294年にマケドニア王位に就くがリュシマコスとエピロスピュロスによって国を追われ、小アジアに侵攻してセレウコスの領土を狙ったが、彼に捕らえられ獄中で死に王位を失った。一時期の混乱の後、ギリシアに侵入したガリア人を撃退したデメトリオスの息子アンティゴノス2世ゴナタス紀元前276年までにマケドニア王国及びギリシア都市国家の大部分に対する一族の統治を確立することに成功した。

更なる戦い[編集]

一先ずマケドニアの主権を回復したものの、アンティゴノス朝の王たちはギリシアの覇権をめぐってピュロスとの戦い、クレモニデス戦争クレオメネス戦争ナビス戦争など数々の戦争を戦った。

滅亡[編集]

この王国は、セレウコス朝プトレマイオス朝と並びヘレニズム時代における主要3王国の一つであったが、次第に勢力を拡げる共和政ローマの圧力に直面することとなり、数度にわたるマケドニア戦争を経て、紀元前168年ピュドナの戦いの後、ローマ勢力下の4つの共和国に分割され、アンティゴノス朝の歴史はここに終焉を迎えた。

年表[編集]

歴代君主[編集]

  1. アンティゴノス2世前276年-前239年
  2. デメトリオス2世(前239年-前229年
  3. アンティゴノス3世(前229年-前221年
  4. ピリッポス5世(前221年-前179年
  5. ペルセウス(前179年-前168年

関連項目[編集]