パウサニアス (マケドニア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パウサニアス
Παυσανίας
マケドニア王
Pausanias AR Stater. Circa 395-4-393 BCE.jpg
パウサニアスの銀貨
在位 紀元前393年

死去 紀元前393年
王朝 アルゲアス朝
父親 アエロポス2世
テンプレートを表示

パウサニアス:Παυσανίας, ラテン文字転記:Pausanias, ? - 紀元前393年)はアルゲアス朝のマケドニア王(在位:紀元前393年)である。

パウサニアスは先代の王アエロポス2世の子であり、父王の病死によって王位に就いたが、即位の1年後にアミュンタス3世によって暗殺されて王位を奪われた[1]

[編集]

  1. ^ ディオドロス, XIV. 89

参考文献[編集]


先代:
アエロポス2世
マケドニア王
紀元前393年
次代:
アミュンタス3世