アンティパトロス・エテシアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンティパトロス・エテシアス
Ἀντίπατρος Ετησίας
マケドニア王
在位 紀元前279年

王朝 アンティパトロス朝
父親 ピリッポス
テンプレートを表示

アンティパトロス・エテシアスギリシア語: Ἀντίπατρος Ετησίας, ラテン文字転記:Antipatros Etesias、在位:紀元前279年)はアンティパトロス朝マケドニア王である。

アンティパトロスは王朝の祖カッサンドロスの甥でカッサンドロスの兄弟ピリッポスの子である[1]。アンティパトロスはメレアグロス王を追い出して王位に就いたが、在位45日で親族のソステネスによって王位を奪われた[2]。アンティパトロスはその後も王位に返り咲こうと画策したが、アンティゴノス2世が王位を確かなものとしたため、失敗し[3]二度と復位することは出来なかった。アンティパトロスの治世の間にエテシアの風(東部地中海で5月半ばから9月中旬に周年吹く風)が吹いたためにマケドニア人から彼はエテシアスと呼ばれた[4]

[編集]

  1. ^ エウセビオス, 『年代記』
  2. ^ ディオドロス, XII, 4
  3. ^ エウセビオス, 『年代記』
  4. ^ エウセビオス, 『年代記』

参考URL[編集]