ストラトニケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ストラトニケ
Στρατoνίκη
シリア王妃
David-Antiochus et Stratonice.jpg
ジャック=ルイ・ダヴィッド作(1774年) 『アンティオコスとストラトニケ』
配偶者 シリアセレウコス1世
  シリアアンティオコス1世
子女 フィラ英語版
セレウコス
ラオディケ
アパメー2世英語版
ストラトニケ
アンティオコス2世
父親 マケドニア王デメトリオス1世
母親 フィラ英語版
テンプレートを表示

ストラトニケΣτρατoνίκη της Συρίας; ラテン文字:Stratonice, Stratonike)は、マケドニア王デメトリオス1世アンティパトロス1世の娘フィラ英語版の娘である。

生涯[編集]

紀元前300年、彼女がまだ17歳に満たなかった頃、彼女は妻アパメーを亡くしたシリアの王セレウコス1世から求婚され、マケドニアで盛大に結婚式が行われた[1][2]。当時、ディアドコイ戦争を戦っていたデメトリオス1世とセレウコス1世は同盟を結んだばかりであり、この結婚は両者の関係を強固にする目的があった。 2人の年齢差は大きかったが、彼女は数年間、老齢の王と平和に暮らし、娘フィラ英語版(マケドニア王アンティゴノス2世と結婚)をもうけた。 しかし、セレウコス1世は息子のアンティオコス1世が義母である彼女を深く愛し、そのために心を病み床に伏していることを知ると、息子の命を救うために紀元前294年、この2人を結婚させることとし、同時に息子を東方の王に封じた[3][4]

ストラトニケは、新たに夫となったアンティオコス1世との間に、以下の5人の子供をもうけた。

カリアの町ストラトニケイア英語版は、彼女の名前にちなんでアンティオコス1世によって名づけられた[5][6]

脚注[編集]

参考文献[編集]