アルゴスの戦士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルゴスの戦士
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 アーケード
開発元 テクモ
発売元 テクモ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(520.00キロバイト
稼働時期 INT 1986051986年5月
対象年齢 日本 CEROA(全年齢対象)
アメリカ合衆国 ESRBE10+(10歳以上)
コンテンツ
アイコン
アメリカ合衆国 Mild Fantasy Violence
デバイス 8方向レバー
2ボタン
CPU Z80 (@ 4 MHz)
サウンド Z80 (@ 4 MHz)
YM3812 (@ 4 MHz)
MSM5205 (@ 384 kHz)
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット1024色
その他 型式:6002
テンプレートを表示

アルゴスの戦士』(アルゴスのせんし)とは、テクモから発売されたゲームソフト

1986年アーケード用のアクションゲームとして稼働された。

その後、1988年に『アルゴスの十字剣』というタイトルでセガ・マークIII用ソフトとして移植され、2005年には『TECMO CLASSIC ARCADE』に収録されてXbox用ソフトとして移植版が発売された。

また、1987年にファミリーコンピュータ用ソフトとして、2002年にはプレイステーション2用のソフトとしてゲーム内容を大幅に変更したアレンジ版が発売された。またWii用ソフトとしても発売している(詳細は、#他機種版の節を参照)。

以下では、1986年に発売されたアーケード用のオリジナル版について詳述する。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

  • ヨーヨー状の武器「ディスカーマー」を使用して、27面に存在する獣王ライガーを倒すことが目的。
  • パワーアップアイテムに5種類のインドラがある。
  • スターフォース』のゴーデス同様、本作にも100万点ボーナス「インドラの秘伝書」が隠されている。ヒントは北斗七星である。

アイテム[編集]

ディスカーマー
主人公が使用する武器。ヨーヨーのような動作をする。
遠到(えんとう)のインドラ
武器の飛距離が伸びる。
強威(きょうい)のインドラ
敵を貫通し、まとめて倒せるようになる。
踏殺(とうさつ)のインドラ
上から踏みつけるだけで敵を倒せるようになる。獣王ライガーにも通用する。
闘気(とうき)のインドラ
一定時間体当たりで敵を倒せるようになる。
天空(てんくう)のインドラ
真上に攻撃出来るようになる。

ストーリー[編集]

西暦19XX年、獣王ライガーは甦った怪物たちと共に、世界を制圧していき、人類はライガーの支配下に置かれていた。「獣が大地を覆いし時、アルゴスの地より戦士甦えりて、これを救わん」という古い言い伝えの通りに、アルゴスの戦士は人類を救うためにライガーに戦いを挑む。

キャラクター[編集]

戦士
プレイヤーが操作するキャラクター。
獣王ライガー
人々を支配下に置いている、最終ボス。

他機種版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数
1 日本 アルゴスの戦士
はちゃめちゃ大進撃

アメリカ合衆国 Rygar
ヨーロッパ Rygar

日本 198704171987年4月17日
アメリカ合衆国 1987071987年7月
ヨーロッパ 199003301990年3月30日
ファミリーコンピュータ テクモ テクモ 1メガビット+64キロRAMロムカセット[1] 日本 TCF-AH
アメリカ合衆国 NES-RY-USA
ヨーロッパ NES-RY-EEC
-
2 Rygar
ヨーロッパ 1987年
Amstrad CPC
コモドール64
ZX Spectrum
Probe Software U.S. Gold フロッピーディスク - -
3 アルゴスの十字剣
日本 198803251988年3月25日
セガ・マークIII サリオ サリオ 1メガビットロムカセット S-001 -
4 アルゴスの戦士
ビデオゲームアンソロジー vol.9
日本 199404281994年4月28日
X68000/X68030 マイコンソフト 電波新聞社 5インチ2HDフロッピーディスク DP-3205033 -
5 Rygar
アメリカ合衆国 1990年
Atari Lynx テクモ アタリ ロムカセット PA2043 -
6 アメリカ合衆国 Rygar: The Legendary Adventure
日本 アルゴスの戦士
アメリカ合衆国 Rygar: The Legendary Adventure

アメリカ合衆国 200211252002年11月25日
日本 200212052002年12月5日
ヨーロッパ 200305302003年5月30日
PlayStation 2 テクモ テクモ DVD-ROM アメリカ合衆国 SLUS-20471
日本 SLPS-25178
-
リメイク版
7 アルゴスの戦士
テクモのゲーム
日本 200507142005年7月14日
BREW対応端末
EZアプリ
テクモ テクモ ダウンロード - -
アーケード版の移植
8 テクモクラシックアーケード
アメリカ合衆国 200509142005年9月14日
ヨーロッパ 200510212005年10月21日
日本 200510272005年10月27日
Xbox テクモ アメリカ合衆国 テクモ
ヨーロッパ Microsoft Game Studios
日本 テクモ
DVD-ROM 日本 C6E-0001
-
アーケード版の移植
9 アルゴスの戦士
マッスルインパクト

日本 200812112008年12月11日
アメリカ合衆国 200901282009年1月28日
ヨーロッパ 200907032009年7月3日
Wii Team TACHYON テクモ Wii用12cm光ディスク 日本 RVL-P-RYGJ
アメリカ合衆国 RVL-RYGE-USA
-
PS2版の移植
10 アルゴスの戦士
バーチャルコンソールアーケード
日本 200909082009年9月8日
PAL 200909112009年9月11日
アメリカ合衆国 200910192009年10月19日
Wii テクモ テクモ ダウンロード - -
アーケード版の移植
11 アルゴスの戦士
アーケードアーカイブス
日本 201405152014年5月15日
アメリカ合衆国 201408192014年8月19日
PlayStation 4
(PlayStation Network)
テクモ ハムスター ダウンロード - -
アーケード版の移植
ファミリーコンピュータ版 『アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃』
  • 単純なアクションゲームではなく、戦闘回数による成長システムが存在しているので、アクションRPGと表現する場合もある。
セガ・マークIII版『アルゴスの十字剣』
  • FM音源には未対応。ファミコン版に比べれば純アクションであり原作に近いが、原作の短めのステージ全27構成とは違い、長めのステージ全5ステージで構成されている点や、新ボスキャラも追加される等、アレンジが加えられている。
X68000版
  • ビデオゲームアンソロジー第9弾として発売された。X68000/X68030用ソフト。同社の他の移植版ゲーム同様、グラフィック・サウンド・操作性共にアーケード版を忠実に移植している。
PlayStation 2版
  • 主人公の名は日本版では「ゼーン」、海外版では「ライガー」。
Xbox版『テクモクラシックアーケード』
Wii版
  • 『アルゴスの戦士 マッスルインパクト』
    • Project Rygar(プロジェクトライガー)としてテクモより発表された。Wii用ソフト。PS2版のゲームをWii用に改良したもの。製作は『スイングゴルフ パンヤ』などを開発した「Team TACHYON」。2008年12月11日発売。テクモ最後のWii用ソフトであった。
  • バーチャルコンソールアーケード)版
  • AC版をほぼそのまま移植している。
PlayStation 4版

スタッフ[編集]

ファミリーコンピュータ版
  • 音楽:蓮谷通治
PlayStation2版
  • エグゼクティブ・プロデューサー:MAX NAKA(中村純司)
  • プロデューサー:WAKE UP(兼松聡)
  • ディレクター:安藤隆夫
  • 企画:水島克、岡本好古、青柳洋之、藤田雅樹、児玉敏彦、須永誠
  • チーフ・プログラマー:古賀豊
  • プログラマー:木村吉博、朝倉昌樹、神林幹康、吉沢健、よしだたかのり
  • キャラクター・デザイン監督:金子浩久
  • キャラクター・モデリング:かたくらたいすけ、さいとうとおる、こばやしよしのり、わたなべけいすけ
  • ステージ・デザイン監督:くぼまさふみ
  • ステージ・モデリング:堀内一芳、村木良成、やまきゆうき、しまだまなぶ、坂尾栄一、こんのただゆき、坂上康仁、やばたこういち、高井雅弘
  • モーション・デザイン監督:れお、清水克将、えのもとふみあき、しまだたかゆき
  • インターフェース・デザイン:おおきしゅすけ、さかうえともみ
  • サウンド・クリエーター:高橋洋明、袖岡隆泰、桑原理一郎

評価[編集]

オリジナル版[編集]

オリジナル版
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 3.5/5stars (AC)[2]
4.5/5stars (NES)[3]
Computer and Video Games 46/100点 (LX)[4]
8/10点 (ZX)[5]
Electronic Gaming Monthly 26/40点 (LX)[4]
ファミ通 26/40点 (FC)[6]
NintendoLife 6/10点 (Wii VCA)[7]
ファミリーコンピュータMagazine 20.13/30点 (FC)[1]
Commodore Force 50/100点 (C64)[8]
ASM 8.2/12点 (C64)[8]
Raze 81/100点 (LX)[4]
受賞
媒体 受賞
ゲーメスト ゲーメスト・オブ・ザ・イヤー 銀賞[9]
ゲーメスト ザ・ベストゲーム 38位[10]
(1991年)
アーケード版
  • ゲーム誌「ゲーメスト」の企画でゲーメスト大賞の前身にあたる「ゲーメスト・オブ・ザ・イヤー」(1986年)で、編集部選考により銀賞を獲得している[11]
  • 1991年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム』において、それまでの全アーケードゲーム作品を対象とした読者投票では第38位を獲得した[10]
  • 1998年にそれまで発売されていたアーケードゲーム全てを対象に行われたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、『名作・秀作・天才的タイトル』と認定された「ザ・ベストゲーム」に選定され、「このゲームの特徴はステージによって、横スクロールの面と、縦スクロールの面などがあり、飽きさせないゲーム性をかもしだしている」、「得点ボーナスの条件はさまざまで、5つのインドラをすべて取ることや、星のアイテムを7つ集めること、5人並ぶ敵を地面に落とさずに倒す、ステージクリア時に得点とタイムをあわせてコマンド入力など、いろいろなボーナスが隠されているのだ。極めつけは、あるステージでの百万点ボーナスもあり、当時のファンの間で騒がれた」と紹介されている[9]
ファミリーコンピュータ版

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計26点(満40点)[6]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、20.13点(満30点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.51 3.36 3.40 3.55 3.12 3.19 20.13

リメイク版[編集]

リメイク版
集計結果
媒体 結果
GameRankings 82.27% (PS2)[12]
55.97% (Wii)[13]
Metacritic 83/100点 (PS2)[14]
52/100点 (Wii)[15]
レビュー結果
媒体 結果
AllGame 4/5stars[16]
Edge 7/10[17]
Electronic Gaming Monthly 8.83/10[18]
Eurogamer 8/10点 (PS2)[19]
(Wii) 4/10[20]
ファミ通 31/40点 (PS2)[21]
(シルバー殿堂)
25/40点 (Wii)[22]
Game Informer 9/10点 (PS2)[23]
5.5/10点 (Wii)[24]
GamePro 4/5stars (PS2)[25]
1.5/5stars (Wii)[26]
GameSpot 7.3/10点 (PS2)[27]
6.5/10点 (Wii)[28]
GameSpy 4/5stars[29]
GameTrailers 5/10点[30]
GameZone 5.8/10点[31]
IGN 8.4/10点 (PS2)[32]
(Wii) 6.1/10[33]
Nintendo Power 7/10点[34]
Official PlayStation Magazine (US) 4.5/5stars[35]
Maxim 8/10点[36]
PlayStation 2版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計31点(満40点)でシルバー殿堂入りを獲得した[37]

Wii版

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では合計25点(満40点)となっている[38]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「5月10日号特別付録 ファミコンロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 63頁。
  2. ^ Rygar for Arcade (1986) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  3. ^ Rygar for NES (1987) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  4. ^ a b c Rygar for Lynx (1990) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  5. ^ Rygar for ZX Spectrum (1987) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  6. ^ a b アルゴスの戦士 はちゃめちゃ大進撃 まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月29日閲覧。
  7. ^ Rygar for Wii (2009) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  8. ^ a b Rygar for Commodore 64 (1987) - Moby Games”. Blue Flame Labs. 2017年4月29日閲覧。
  9. ^ a b 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 99頁、 ISBN 9784881994290
  10. ^ a b 「最も愛されたゲームたち!! 読者が選んだベスト30」、『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社1991年7月1日、 63頁、 ISBN 雑誌03660-7
  11. ^ 「ゲーメスト大賞11年史」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社1998年1月17日、 26頁、 ISBN 9784881994290
  12. ^ Rygar: The Legendary Adventure for PlayStation 2”. GameRankings. 2015年2月28日閲覧。
  13. ^ Rygar: The Battle of Argus for Wii”. GameRankings. 2015年2月28日閲覧。
  14. ^ Rygar: The Legendary Adventure for PlayStation 2 Reviews”. Metacritic. 2015年2月28日閲覧。
  15. ^ Rygar: The Battle of Argus for Wii Reviews”. Metacritic. 2015年2月28日閲覧。
  16. ^ Marriott, Scott Alan. “Rygar: The Legendary Adventure - Review”. AllGame. 2014年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  17. ^ Edge staff (January 2003). “Rygar: The Legendary Adventure”. Edge (119). 
  18. ^ EGM staff (January 2003). “Rygar: The Legendary Adventure”. Electronic Gaming Monthly: 180. オリジナルのMay 13, 2004時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040513234912/http://www.egmmag.com/article2/0,2053,1491719,00.asp 2015年2月28日閲覧。. 
  19. ^ Taylor, Martin (2003年5月9日). “Rygar: The Legendary Adventure”. Eurogamer. 2015年2月28日閲覧。
  20. ^ Gibson, Ellie (2009年7月31日). “Rygar: The Battle of Argus”. Eurogamer. 2015年2月28日閲覧。
  21. ^ “プレイステーション2 - アルゴスの戦士”. Famitsu 915: 94. (June 30, 2006). 
  22. ^ Capcom's Wii Fighter Scores High in Famitsu”. Cubed3 (2008年12月8日). 2015年9月11日閲覧。
  23. ^ Kato, Matthew (December 2002). “Rygar: The Legendary Adventure”. Game Informer (116): 118. オリジナルのMay 14, 2008時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080514070309/http://gameinformer.com/Games/Review/200212/R03.0731.1032.11004.htm 2015年2月28日閲覧。. 
  24. ^ Reeves, Ben (February 2009). “Rygar: The Battle of Argus: Outdated PS2 Port Crushed Under Weight of Time”. Game Informer (190): 86. http://www.gameinformer.com/games/rygar_the_battle_of_argus/b/wii/archive/2009/09/22/review.aspx 2015年2月28日閲覧。. 
  25. ^ Tokyo Drifter (2002年11月26日). “Rygar: The Legendary Adventure Review for PS2 on GamePro.com”. GamePro. 2005年2月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  26. ^ Herring, Will (February 2009). “Rygar: The Battle of Argus”. GamePro: 77. オリジナルのFebruary 1, 2009時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090201112555/http://www.gamepro.com/article/reviews/208660/rygar-the-battle-of-argus/ 2015年2月28日閲覧。. 
  27. ^ Varanini, Giancarlo (2002年11月25日). “Rygar: The Legendary Adventure Review”. GameSpot. 2015年2月28日閲覧。
  28. ^ McShea, Tom (2009年2月3日). “Rygar: The Battle of Argus Review”. GameSpot. 2015年2月28日閲覧。
  29. ^ Turner, Benjamin (2002年11月30日). “GameSpy: Rygar: The Legendary Adventure”. GameSpy. 2007年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  30. ^ Rygar: The Battle of Argus Review”. GameTrailers (2009年2月12日). 2015年2月28日閲覧。
  31. ^ Olson, Jeremy (2009年2月10日). “Rygar: The Battle of Argus - WII - Review”. GameZone. 2009年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  32. ^ Perry, Douglass C. (2002年11月22日). “Rygar: The Legendary Adventure”. IGN. 2015年2月28日閲覧。
  33. ^ Hatfield, Daemon (2008年12月5日). “Rygar: The Battle of Argus Review”. IGN. 2015年2月28日閲覧。
  34. ^ “Rygar: The Battle of Argus”. Nintendo Power: 77. (December 25, 2008). 
  35. ^ “Rygar: The Legendary Adventure”. Official U.S. PlayStation Magazine: 137. (January 2003). オリジナルのMarch 25, 2004時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040325022639/http://www.playstationmagazine.com/article2/0,2053,1491717,00.asp 2015年2月28日閲覧。. 
  36. ^ Boyce, Ryan (2002年12月3日). “Rygar: The Legendary Adventure”. Maxim. 2003年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  37. ^ アルゴスの戦士 まとめ [PS2]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月29日閲覧。
  38. ^ アルゴスの戦士 マッスルインパクト まとめ [Wii]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年4月29日閲覧。

外部リンク[編集]