アブデュルアズィズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アブデュルアズィズ
Abd-ul-Aziz
オスマン帝国第32代皇帝
Abdulaziz.jpg
アブデュルアズィズ
在位 1861年6月25日 - 1876年5月30日
出生 1830年2月9日あるいは2月18日
イスタンブール
死去 1876年6月4日
イスタンブール、チュラーン宮殿
子女 アブデュルメジト2世
王家 オスマン家
王朝 オスマン朝
父親 マフムト2世
宗教 イスラム教スンナ派
サイン Tughra of Abdülaziz.JPG
テンプレートを表示

アブデュルアズィズ(Abd-ul-Aziz, 1830年2月9日あるいは2月18日 - 1876年6月4日)は、オスマン帝国の第32代皇帝(在位:1861年 - 1876年)。第30代皇帝マフムト2世の子で、第31代皇帝アブデュルメジト1世の弟。子にアブデュルメジト2世

生涯[編集]

西洋訪問と海軍整備[編集]

パリ万国博覧会に出席するためパリを訪問するアブデュルアズィズ(馬車中央の人物。右隣はナポレオン3世

1861年、兄のアブデュルメジト1世の後を継いで即位する。

1867年にはパリで開催中だった万国博覧会の視察を目的に、オスマン帝国の皇帝としては史上初となる西欧諸国歴訪を行った。その折に列強の持つ装甲艦に魅了された彼は、のちに海軍力の増強に力を入れ、その結果この時期のオスマン帝国海軍は軍艦の保有数だけでは世界有数となった。また、パリ、ロンドン、ウィーンなどの博物館も視察し、帰国後にイスタンブール考古学博物館英語版を設立した。1863年にはオスマン帝国ではじめて切手が発行され、1875年に万国郵便連合に加入し、民法典も整備された。

アブデュルアズィズは、このような開明的な一面を持つ一方、帝国の財政が悪化しているのを顧みずにいたずらに宮殿の造営などの乱費を繰り返した。また、贅沢な気晴らしと賄賂を求めてエジプトなどの各地を漫遊し、その浪費と専制ぶりは知識人青年の反発をまねくほどであったが、アーリ・パシャフアト・パシャらタンジマート諸改革を進める実務官僚の努力を無にする発言も多く、アーリ・パシャも国益や手続きを無視して賄賂収受に余念がないアブデュルアズィズに対し、剛毅な姿勢で諫言している[1][注釈 1]

なお、力を注いだ海軍整備も、多くの艦船は外国製の中古である上に艦長もお雇い外国人であった。このため造船・操船とも技術が根付くことはなかったばかりか、艦船の購入と維持にかかる莫大な費用が国家財政を圧迫することとなった。そして、これらにかかる費用は公債で資金調達されたため、オスマン帝国が事実上の破産状態に陥ることとなった(1875年)。

クーデターによる廃位[編集]

アブデュルアズィズは西洋化そのものには積極的であったが、自らの権力に制限を加えることになる憲法や議会の創設には否定的であったため、「新オスマン人英語版」と呼ばれる若い知識人を中心に反専制運動が起こり、1870年頃からは、都市部では保守的な神学生までアブデュルアズィズ退位を求めるデモに参加するほどであった[2]

1876年に改革派の支持を背景にしたクーデターの結果、憲政樹立を主張するミドハト・パシャらによって廃位され、甥のムラト5世が即位した[3]。廃位後に幽閉され、同年中に死去した[3]。病死とも毒殺ともいわれている。

人物像[編集]

アブデュルアズィズの身長は非常に高く、歴代の皇帝の中で稀にみる大変な巨漢でもあった。金銭に対してはルーズにして貪欲であり、オスマン駐在外交官のひとりは彼を評して「金銭病にとりつかれたスルタン」と述べた[4]。かれは、野生動物を異常なほど愛玩する趣味をもち、大金を費やしてパリスーダンから大量のオウムや珍獣を取り寄せている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アブデュルアズィズは1863年にエジプトを訪問しているが、その繁栄ぶりに驚きを嫉妬を感じたという。スルタンの外遊を記した書籍にガルディの『アブデュルアズィーズの旅行-イスタンブルからカイロまで』(1865年)がある。山内(1996)p.199

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]