アドリアーノ・モラエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドリアーノ・モラエス
生年月日 (1989-04-21) 1989年4月21日(32歳)
出身地ブラジルの旗 ブラジル
ブラジリア連邦直轄区ブラジリア
通称ミキーニョ
(Mikinho)
国籍ブラジルの旗 ブラジル
身長173 cm (5 ft 8 in)
体重61 kg (134 lb)
階級フライ級
バンタム級
拠点ブラジルの旗 ブラジル
パラナ州クリチバ
チームコンストリクター・チーム
アメリカン・トップチーム
ランクブラジリアン柔術 (黒帯)
現役期間2011年 -
総合格闘技記録
試合数22
勝利19
ノックアウト4
タップアウト9
判定6
敗戦3
判定3
総合格闘技記録 - SHERDOG

アドリアーノ・モラエスAdriano Moraes1989年4月21日 - )は、ブラジル男性総合格闘家ブラジリア出身。コンストリクター・チーム/アメリカン・トップチーム所属。現ONE世界フライ級王者。元修斗南米大陸フライ級王者。

来歴[編集]

ブラジリア連邦直轄区ブラジリアで生まれる。生後間もなく母親から育児放棄を受けたため3年間孤児院で過ごし、その後は養子縁組として別の家族に引き取られた。幼少期から柔道カポエイラを経験し、その後は護身のためにブラジリアン柔術を始めた。2014年には柔術北米選手権(ノーギ)で優勝を果たしている[1]

総合格闘技[編集]

2011年、プロ総合格闘技デビュー。2013年修斗南米大陸フライ級王座を獲得した。

ONE Championship[編集]

2013年11月15日、ONE初参戦となったONE Fighting Championship: Warrior Spiritでユサップ・サーデュラエフと対戦し、1-2の判定負け。キャリア初黒星を喫した。

ONE世界王座獲得[編集]

2014年9月12日、ONE Fighting Championship: Rise of the KingdomのONE世界フライ級王座決定戦でゲヘ・エウスタキーオと対戦し、ギロチンチョークで2R一本勝ち。王座獲得に成功した。

2015年3月13日、ONE Championship: Age of ChampionsのONE世界フライ級タイトルマッチで挑戦者渋谷莉孔と対戦し、3-0の5R判定勝ち。王座の初防衛に成功した。

世界王座陥落[編集]

2015年11月21日、ONE Championship: Dynasty of ChampionsのONE世界フライ級タイトルマッチで挑戦者カイラット・アフメトフと対戦し、1-2の5R判定負け。王座から陥落した。

ONE世界王座再獲得[編集]

2016年8月13日、ONE Championship: Heroes of the WorldのONE世界フライ級暫定王座決定戦でタイレック・バティロフと対戦し、リアネイキドチョークで2R一本勝ち。暫定王座獲得に成功した。

2017年8月5日、ONE Championship: Kings and ConquerorsのONE世界フライ王座統一戦で正規王者カイラット・アフメトフと再戦し、3-0の5R判定勝ち。王座統一に成功し、リベンジを果たした。

2017年11月10日、ONE Championship: Legends of the WorldのONE世界フライ級タイトルマッチで挑戦者ダニー・キンガッドと対戦し、リアネイキドチョークで1R一本勝ち。王座の初防衛に成功した。

世界王座陥落[編集]

2018年6月23日、ONE Championship: Pinnacle of PowerのONE世界フライ級タイトルマッチで挑戦者ゲヘ・エウスタキーオと対戦し、1-2の5R判定負け。王座から陥落し、リベンジを許した。

3度目のONE世界王座獲得[編集]

2019年1月25日、ONE Championship: Hero's AscentのONE世界フライ級タイトルマッチで王者ゲヘ・エウスタキーオとラバーマッチを行い、3-0の5R判定勝ち。3度目の王座獲得に成功し、エウスタキーオとの対戦成績を2勝1敗とした。

2021年4月7日、ONE on TNT 1のONE世界フライ級タイトルマッチでフライ級ランキング1位の元UFC世界フライ級王者デメトリアス・ジョンソンと対戦。2Rに右アッパーでダウンを奪い、追撃のグラウンドの左膝蹴りとパウンドでKO勝ち。王座の初防衛に成功した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 4 9 6 0 0 0
3 0 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
デメトリアス・ジョンソン 2R 2:24 KO(右アッパー→グラウンドの膝蹴り&パウンド) ONE on TNT 1
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2021年4月7日
ゲヘ・エウスタキーオ 5分5R終了 判定3-0 ONE Championship: Hero's Ascent
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2019年1月25日
× ゲヘ・エウスタキーオ 5分5R終了 判定1-2 ONE Championship: Pinnacle of Power
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2018年6月23日
ダニー・キンガッド 1R 4:45 リアネイキドチョーク ONE Championship: Legends of the World
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2017年11月10日
カイラット・アフメトフ 5分5R終了 判定3-0 ONE Championship: Kings and Conquerors
【ONE世界フライ級王座統一戦】
2017年8月5日
タイレック・バティロフ 2R 4:49 リアネイキドチョーク ONE Championship: Heroes of the World
【ONE世界フライ級暫定王座決定戦】
2016年8月13日
ユージン・トケロ 1R 4:53 ブラボチョーク ONE Championship:Union of Warriors 2016年3月18日
× カイラット・アフメトフ 5分5R終了 判定1-2 ONE Championship: Dynasty of Champions
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2016年11月21日
渋谷莉孔 5分5R終了 判定3-0 ONE Championship: Age of Champions
【ONE世界フライ級タイトルマッチ】
2015年3月13日
ゲヘ・エウスタキーオ 2R 3:45 ギロチンチョーク ONE FC: Rise of the Kingdom
【ONE世界フライ級王座決定戦】
2014年9月12日
ランボー宏輔 3R 1:25 肩固め ONE FC: Era of Champions 2014年6月14日
漆谷康宏 2R 3:48 リアネイキドチョーク ONE FC: War of Nations 2014年3月14日
× ユサップ・サーデュラエフ 5分3R終了 判定1-2 ONE FC: Warrior Spirit 2013年11月15日
ディレノ・ロペス 3R TKO(ミドルキック) Shooto Brazil 40
【修斗南米大陸フライ級王座決定戦】
2014年2月28日
ホセ・マルコス・リマ・サンティアゴ・ジュニオール 5分3R終了 判定3-0 Shooto Brazil 39 2013年11月22日
カルロス・ソウザ・アルメイダ 2R 2:20 リアネイキドチョーク Octagon Rounds Fight 2 2013年4月13日
アルド・アリエル・ヴィラルバ 1R 1:30 肩固め Pro Mix Fight 7 2013年3月9日
マイケル・ウィリアム・コスタ 5分3R終了 判定3-0 Shooto Brazil 34 2012年9月21日
レオナルド・モウラ 5分3R終了 判定3-0 Encontro Fight 2 2012年7月27日
ジョン・レーノ 1R KO(膝蹴り) Rockstrike MMA 2012年5月26日
ジェームス・カルヴァーリョ 1R 1:55 TKO(肘打ち) Precol Combat 7 2012年5月5日
イスマエル・ボンフィム 1R 2:55 ギロチンチョーク Precol Combat 5 2011年9月4日

獲得タイトル[編集]

  • 初代ONE世界フライ級王座(2014年)
  • 第3代ONE世界フライ級王座(2017年)
  • 第5代ONE世界フライ級王座(2019年)
  • ONE世界フライ級暫定王座(2016年)
  • 修斗南米大陸フライ級王座(2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]