漆谷康宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
漆谷 康宏
基本情報
本名 漆谷 康宏
通称 ウルシ
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1976年9月8日(39歳)
出身地 愛媛県川之江市
所属 和術慧舟會RJW
→TRIBE TOKYO M.M.A
身長 165cm
体重 56kg
リーチ 170cm
階級 フライ級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

漆谷 康宏(うるしたに やすひろ、1976年9月8日 - )は、日本男性総合格闘家愛媛県川之江市(現・四国中央市)出身。TRIBE TOKYO M.M.A所属。元修斗世界バンタム級王者。

アウトボクシングを得意としており、その勝ち星のほとんどが判定勝ちである。打撃トレーナーを務める小野寺力曰くつまらないファイトスタイル(通称ウルシスタイル)が特徴であったが[1]、世界王座戴冠後はチャンピオンは試合内容も問われることから、アグレッシブなファイトスタイルとなった[2]

来歴[編集]

2000年9月10日、第7回全日本アマチュア修斗選手権フェザー級(-58kg)で3位入賞を果たした[3]

2001年1月19日、高橋大児戦でプロ修斗デビューを果たし、0-3の判定負け。

2002年はバンタム級(-56kg)の新人王トーナメントに出場。赤木康洋、端智弘、阿部マサトシを破り新人王を獲得した。

2003年12月14日、初代修斗世界バンタム級王座決定戦でマモルと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2005年9月23日、修斗でBJと対戦し、1-0の判定ドロー。

2007年3月16日、修斗世界バンタム級チャンピオンシップでBJと再戦し、1-1の判定ドローで王座獲得に失敗した。9月22日、マモルに判定勝ち。12月1日、CAGE FORCE 05でジェシー・タイタノと引き分けた[4]

2008年9月28日、修斗で正城ユウキと対戦し、フロントスリーパーホールドで一本負けを喫した[5]

2009年9月22日、修斗で神酒龍一と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[6]

2010年5月30日、修斗世界バンタム級王座決定戦で神酒龍一と再戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[7]

2011年2月19日、2度目のシュートボクシングに参戦予定であったが[8]、右膝内側靭帯断裂のため欠場となった[9]

2011年7月18日、修斗世界バンタム級チャンピオンシップで正城ユウキと対戦し、パウンドでKO勝ちを収め初防衛に成功した。

UFC[編集]

2012年3月3日、UFC初参戦となったUFC on FX 2のフライ級王座決定トーナメント準決勝でジョセフ・ベナビデスと対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2012年9月30日、修斗世界バンタム級王座を返上した。

2012年11月10日、UFC on Fuel TV 6ジョン・リネカーと対戦し、0-3の判定負け。2連敗となりUFCからリリースされた。

ONE FC[編集]

2013年5月31日、ONE FC初参戦となったONE FC 9でレイ・ドーヨーゲンと対戦し、2-1の判定勝ち。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
34 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
21 4 1 16 0 6 0
7 1 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アドリアーノ・モラエス 2R 3:48 リアネイキドチョーク ONE FC 14: War of Nations 2014年3月14日
ユ・ゼナム 5分3R終了 判定3-0 TRIBE TOKYO FIGHT 〜長南亮引退興行〜 2013年10月20日
レイ・ドーヨーゲン 5分3R終了 判定2-1 ONE FC 9: Rise to Power 2013年5月31日
× ジョン・リネカー 5分3R終了 判定0-3 UFC on Fuel TV 6 2012年11月10日
× ジョセフ・ベナビデス 2R 0:11 TKO(右フック→パウンド) UFC on FX 2
【フライ級王座決定トーナメント 準決勝】
2012年3月3日
正城ユウキ 2R 0:24 KO(左ハイキック→パウンド) 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 03
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2011年7月18日
森卓也 1R 4:49 KO(パウンド) 修斗 The Way of SHOOTO 06 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年11月19日
神酒龍一 5分3R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 03 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗世界バンタム級王座決定戦】
2010年5月30日
神酒龍一 5分3R終了 判定3-0 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 2 2009年9月22日
清水清隆 1R 3:06 TKO(ドクターストップ) CAGE FORCE EX -eastern bound- 2008年11月8日
× 正城ユウキ 3R 3:39 フロントスリーパーホールド "修斗伝承 03" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年9月28日
神酒龍一 5分3R終了 判定0-1 "修斗伝承 01" ROAD TO 20th ANNIVERSARY 2008年5月3日
ジェシー・タイタノ 5分3R終了 判定1-0 CAGE FORCE 05 2007年12月1日
マモル 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 05 2007年9月22日
BJ 5分3R終了 判定1-1 修斗 BACK TO OUR ROOTS 02
【修斗世界バンタム級チャンピオンシップ】
2007年3月16日
生駒純司 5分3R終了 判定3-0 修斗 2006年11月10日
高橋大児 5分3R終了 判定3-0 修斗 2006年9月8日
ダニエル・リマ 5分2R終了 判定3-0 MARS WORLD FIGHTING GP in 幕張 2006年5月13日
BJ 5分3R終了 判定1-0 修斗 2005年9月23日
ロレンソ・コカ 1R 0:27 KO(パンチ) D.O.G. I 2005年3月12日
ジョン・ドッドソン 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2004年11月14日
× 井口摂 5分2R終了 判定0-2 DEMOLITION 2004年9月19日
生駒純司 5分3R終了 判定3-0 修斗 2004年7月16日
× マモル 5分3R終了 判定0-3 修斗
【修斗世界バンタム級王座決定戦】
2003年12月14日
ホブソン・モウラ 5分3R終了 判定2-1 修斗 2003年5月4日
阿部マサトシ 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王トーナメント バンタム級 決勝】
2002年11月15日
端智弘 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 10
【新人王トーナメント バンタム級 準決勝】
2002年8月27日
赤木康洋 2R 1:57 アームロック 修斗 SHOOTO TREASURE HUNT 06
【新人王トーナメント バンタム級 2回戦】
2002年5月5日
五木田勝 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TREASURE HUNT 04 2002年3月13日
出口直樹 5分2R終了 時間切れ The CONTENDERS X-RAGE Vol.1 2001年12月14日
赤崎勝久 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年9月27日
晝間貴雅 3分2R終了 時間切れ CLUB CONTENDERS 01 2001年8月15日
久保山誉 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年3月21日
× 高橋大児 5分2R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年1月19日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ファントム進也 3R+延長R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2006 NEO ΟΡΘΡΟΖ Series 4th 2006年7月7日
× 大原清和 3R+延長R終了 判定1-2 J-NETWORK「GO! GO! J-NET '06 -Light my fire!-」 2006年1月9日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
BJ
第3代修斗世界バンタム級王者
2010年5月30日 - 2012年9月30日
空位
次タイトル獲得者
神酒龍一