ランボー宏輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランボー宏輔
基本情報
本名 鈴木 宏輔
通称 フィジカル十段
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1984-03-05) 1984年3月5日(34歳)
出身地 千葉県八千代市
所属 パラエストラ千葉
身長 160cm
体重 56kg
階級 修斗バンタム級
DEEPフライ級
DEEPストロー級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

ランボー宏輔(ランボー こうすけ、1984年3月5日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県八千代市出身。パラエストラ千葉所属。柔道二段。

修斗バンタム級の2010年度新人王である。また、その鍛え上げられた肉体から「フィジカル十段」と呼ばれる。

来歴[編集]

2009年9月27日、全日本アマ修斗に出場。バンタム級(-56kg)準決勝戦で後に2010年度修斗フライ級新人王となる加藤昌良(マッチョ・ザ・バタフライ)と対戦し、判定勝ち。同決勝戦では本間祐輔と対戦し、判定負け。準優勝に終わる[1]

2010年1月23日、プロ修斗デビュー戦となる2010年度新人王決定トーナメント1回戦で金内雄哉と対戦し、判定1-1でドローとなるが、規定によりランボーが2回戦に進出した[2]

2010年3月22日、プロ修斗2010年度新人王決定トーナメント2回戦で高野祥之と対戦し、判定3-0で勝利を収めた[3]

2010年6月6日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで井島裕彰と対戦し、飛びヒザ蹴りによるKO勝利[4]

2010年10月24日、プロ修斗2010年度新人王決定トーナメント準決勝戦で青山忍と対戦し、スタンドのパンチ連打でダウンを奪い、パウンドによるKO勝利[5]

2010年12月18日、プロ修斗2010年度新人王決定トーナメント決勝戦で本間祐輔と対戦し、KO勝利。アマチュア時代の雪辱を果たすとともに、2010年修斗バンタム級新人王となった[6]

2011年4月1日、プロ修斗バンタム級ワンマッチでオニボウズと対戦し、判定1-1でドローとなった[7]

2011年5月28日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで越智晴雄と対戦し、KO負け。プロ初黒星を喫した[8]

2011年9月4日、プロ修斗BORDER-season 3-「轟雷」でバンタム級ワンマッチとして渡辺健太郎と対戦し、1R終盤KO負け[9]

2012年1月21日、プロ修斗バンタム級 インフィニティトーナメント2012 1回戦にて、高野祥之と対戦し、判定2-0で勝利を収めた[10]。ちなみに高野とはアマ時代を含め三度対戦しており、2勝1敗である。

2012年9月30日、プロ修斗バンタム級 インフィニティトーナメント2012 2回戦にて、戸澤真澄美と対戦し、判定負け[11]

2013年1月20日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで六本木洋と対戦し、判定3-0で勝利を収めた[12]

2013年4月21日、プロ修斗バンタム級ワンマッチでのぶ渡辺と対戦し、ネックシザースで勝利を収めた[13]。この勝利により、4月22日付けでプロ修斗クラスAに昇格を果たした。

2013年8月25日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで萩原幸太郎と対戦し、判定2-0で勝利を収めた[14]。この勝利により、修斗世界ランキング10位にランクインした。

2013年9月29日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで菅原雅顕と対戦し、スタンドのパンチで尻もちをつかせるなど優勢に立ち、判定3-0で勝利を収めた[15]。この勝利により、修斗世界ランキングが8位にアップした。

2014年1月付けで世界ランキングが7位にアップした。

2014年1月13日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで梶川卓と対戦し、判定3-0で勝利を収めた。

2014年6月14日、ONE FCにてアドリアーノ・モラエスと対戦。試合はインドネシアのジャカルタで行われ、ランボーにとって初めての海外進出、そして初めての国際戦であったが、3R、肩固めで一本負け。

2015年2月11日、プロ修斗世界バンタム級挑戦者決定戦にて菅原雅顕と再戦。得意の打撃で攻めるも3R、スリーパーホールドによる一本負け。この試合はヒジ打ち有のルールで行われた。

2015年5月3日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで元同級・元フェザー級世界王者マモルと対戦。判定1-1でドロー。

2015年9月19日、シュートボクシングに初参戦し、スーパーバンタム級1位の植山征紀と対戦。1Rにパンチの連打でスタンディングダウンを奪うも、2R飛び膝蹴りで逆転KO負け。

2015年12月20日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで同級6位の北原史寛と対戦。3R判定3-0で勝利。この勝利により、修斗世界ランキング2位に返り咲いた。勝利者インタビューでは「エイドリアーン!」と映画ロッキーのセリフを叫んだ。

2016年4月23日、プロ修斗バンタム級ワンマッチで元パンクラスフェザー級王者であり元DEEP (格闘技団体)バンタム級王者の前田吉朗と対戦。1Rにフックでダウンを奪うものの、2Rスリーパーホールドで一本負け。この試合はケージにて行われた。

2016年10月18日、DEEPフライ級で安谷屋智弘と対戦。1Rチョークスリーパーで一本負け。この試合でDEEP初参戦を果たす。

2016年12月17日、ストロー級に階級を落としてDEEP2戦目に挑み、石綱テツオに判定勝ち。

2017年5月13日、DEEPストロー級で越智晴雄と対戦。この試合は2011年5月以来6年振りの再戦であったが、0-3の判定負け。

2017年9月16日、DEEPフライ級で同級王者和田竜光とノンタイトル戦で対戦。2Rチョークスリーパーで一本負け。

2018年4月28日、DEEPストロー級で村元友太郎と対戦。0-3の判定負け。

人物・エピソード[編集]

  • リングネームの由来は映画「ランボー」であり、試合時は迷彩柄のトランクスを着用し、モデルガンを持って入場する。
  • 金色のメッシュの入ったヘアスタイルがトレードマークである。
  • 千葉県立犢橋高等学校出身であり、木村拓哉東京都立代々木高等学校定時制へ転校)、マツコ・デラックスらの後輩にあたる。
  • 2011年3月3日放送のFIGHTING TV サムライの情報番組「Sアリーナ格闘ジャングル2」にて座右の銘を記入形式で尋ねられた際、「これなんですか?」と記入した。ちなみに、特技については「森との一体化」と回答していた。
  • また、上記番組の収録には堀口恭司佐々木憂流迦とともに2010年度修斗新人王トリオとして出演したが、ゲストの席が二人分しか用意されておらず、トリオの中で最年長のランボーのみ他の出演者の後ろに立つ事となった。
  • ランボーを紹介する多くのプロフィールにおいて、誕生日が10月22日、出身が千葉市となっているが、これは間違いである。
  • 障害者福祉団体である、NPO法人あすぴれんとの理事を務めている。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 3 1 8 0 3 0
10 2 5 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 村元友太郎 5分2R終了 判定0-3 DEEP 83 IMPACT 2018年4月28日
× 和田竜光 2R 4:50 チョークスリーパー DEEP 79 IMPACT 2017年9月16日
× 越智晴雄 5分3R終了 判定0-3 DEEP CAGE IMPACT 2017 2017年5月13日
石綱テツオ 5分3R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2016 2016年12月17日
× 安谷屋智弘 1R 3:05 チョークスリーパー DEEP CAGE IMPACT 2016 in KORAKUEN HALL 2016年10月18日
× 前田吉朗 2R 2:43 スリーパーホールド 修斗 MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH 2016年4月23日
北原史寛 5分3R終了 判定3-0 修斗 インフィニティリーグ2015フェザー級最終戦 2015年12月20日
マモル 5分3R終了 判定1-1 修斗 MOBSTYLES 15th Anniversary TOUR FIGHT & MOSH 2015年5月3日
× 菅原雅顕 3R 4:06 スリーパーホールド 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.18 2015年2月11日
× アドリアーノ・モラエス 3R 1:25 肩固め ONE FC 17: Era of Champions 2014年6月14日
梶川卓 5分2R終了 判定3-0 修斗 2014年第1戦 2014年1月13日
菅原雅顕 5分3R終了 判定3-0 修斗 2013年第4戦 2013年9月29日
萩原幸太郎 5分3R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.15 2013年8月25日
のぶ渡辺 3R 3:46 ネックシザース 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.14 ~東日本大震災復興支援チャリティ~ 2013年4月21日
六本木洋 5分2R終了 判定3-0 修斗 2013年第1戦 2013年1月20日
× 戸澤真澄美 5分2R終了 判定0-3 修斗 ~東日本大震災復興支援チャリティ~
【バンタム級インフィニティトーナメント2012 2回戦】
2012年9月30日
高野祥之 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.8
【バンタム級インフィニティトーナメント2012 1回戦】
2012年1月21日
× 渡辺健太郎 1R 4:48 KO 修斗 BORDER -season 3- 「轟雷」 2011年9月4日
× 越智晴雄 2R 2:10 KO(左フック→パウンド) 修斗 SHOOTO GIG TOKYO Vol.6 ~東日本大震災支援チャリティ~ 2011年5月28日
オニボウズ 5分2R終了 判定1-1 修斗 SHOOTOR’S LEGACY 02 2011年4月1日
本間祐輔 1R 4:52 KO(右ストレート→パウンド) 修斗 THE ROOKIE TOURNAMENT 10 FINAL
【新人王決定トーナメント バンタム級 決勝】
2010年12月18日
青山忍 1R 1:57 KO(パンチ連打→パウンド) 修斗 SHOOTO GIG CENTRAL Vol.21
【新人王決定トーナメント バンタム級 準決勝】
2010年10月24日
井島裕彰 2R 3:51 KO(飛びヒザ蹴り) 修斗 SHOOTING DISCO 12~Stand by Me~ 2010年6月6日
高野祥之 5分2R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 02~Like a Tiger、Like a Dragon~
【新人王決定トーナメント バンタム級 2回戦】
2010年3月22日
金内雄哉 5分2R終了 判定0-0(優勢2-1でランボーが2回戦進出) 修斗The Way of SHOOTO~Like a Tiger、Like a Dragon~
【新人王決定トーナメント バンタム級 1回戦】
2010年1月23日

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
1 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0
1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 植山征紀 2R 1:45 KO(飛び膝蹴り) SHOOT BOXING2015~SB30th Anniversary~ act.4 2015年9月19日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 本間祐輔 3分2R終了 判定39-46 第16回全日本アマチュア修斗選手権
【バンタム級 決勝戦】
2009年9月27日
加藤昌良 4分1R終了 判定26-21 第16回全日本アマチュア修斗選手権
【バンタム級 準決勝戦】
2009年9月27日
北島進 4分1R終了 判定30-21 第16回全日本アマチュア修斗選手権
【バンタム級 2回戦】
2009年9月27日
三谷敏生 1R 0:36 ストレートアームバー 第16回全日本アマチュア修斗選手権
【バンタム級 1回戦】
2009年9月27日
藤井徹 2R 0:45 ネックシザース 第8回関東アマチュア修斗選手権
【バンタム級 決勝戦】
2009年6月21日
内野晃宏 1R 3:47 フロント・スリーパーホールド 第8回関東アマチュア修斗選手権
【バンタム級 準決勝戦】
2009年6月21日
呑谷尚平 1R 2:34 フロント・スリーパーホールド 第8回関東アマチュア修斗選手権
【バンタム級 2回戦】
2009年6月21日
× 高野祥之 1R 0:31 フロント・スリーパーホールド 第5回東日本アマチュア修斗オープントーナメント
【バンタム級 決勝】
2008年12月21日
蒔田伸吾 1R 2:40 KO 第5回東日本アマチュア修斗オープントーナメント
【バンタム級 準決勝】
2008年12月21日
横田泰直 1R 2:39 チキンウィングアームロック 第5回東日本アマチュア修斗オープントーナメント
【バンタム級 2回戦】
2008年12月21日
荻窪祐輔 4分1R終了 判定32-22 第5回東日本アマチュア修斗オープントーナメント
【バンタム級 1回戦】
2008年12月21日

獲得タイトル[編集]

  • 第5回東日本アマチュア修斗オープントーナメント バンタム級 準優勝(2008年)
  • 第8回関東アマチュア修斗選手権 バンタム級 優勝(2009年)
  • 第16回全日本アマチュア修斗選手権 バンタム級 準優勝(2009年)
  • 修斗バンタム級新人王(2010年)

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木宏輔 鈴木 宏輔 - FIGHTS SPIRAL 2010年4月1日
  2. ^ 【修斗】佐藤ルミナの愛弟子・土屋大喜が接戦を制して環太平洋王者に! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年1月23日
  3. ^ 【修斗】勝村周一朗が無敗王者の上田将勝に一本勝ち!世界チャンピオンの座に就く 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月22日
  4. ^ 【修斗】松本輝之が世界ランカー対決で一本勝ち!柳沢雅樹も秒殺一本 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年6月6日
  5. ^ 鈴木宏輔 鈴木 宏輔 - FIGHTS SPIRAL
  6. ^ 【修斗】3年連続でクレイジービーから新人王&MVPが誕生!元世界王者・門脇が矢地に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月18日
  7. ^ 【修斗】現役パンクラス王者・清水清隆が貫禄の勝利!セミファイナルで美木航が一本勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年4月1日
  8. ^ 【修斗】冨樫健一郎が“打たせず打つ”戦法で復帰戦を勝利で飾る 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年5月28日
  9. ^ プロ修斗 9/4 TK主催興行 試合結果 日本修斗協会・公式ウェブサイト・ 2011年9月4日
  10. ^ 【修斗】クラスBトーナメント開幕!ランボー宏輔、小野島恒太らが勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年1月21日
  11. ^ 【修斗】山上が一本勝ちで初防衛!石渡は大激闘の末に宇野を破る(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2012年9月30日
  12. ^ 【修斗】佐々木憂流加が新王者に!「堀口と世界戦やりたい」 eFight 【イーファイト】2013年1月20日
  13. ^ 【修斗】 佐々木憂流迦、小野島恒太に判定2-0で勝利:4.21 新宿バウトレビュー - REPORTS 2013年4月21日
  14. ^ 【修斗】世界ランカー対決は猿丸が壮絶打撃戦を制す eFight 【イーファイト】 2013年8月26日
  15. ^ 【修斗】世界ウェルター級王者・弘中邦佳が新スタイルで2度目の防衛に成功 eFight 【イーファイト】2013年9月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]