ひぐらしカンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひぐらし カンナは、日本漫画家愛知県名古屋市南区出身。血液型はO型。松穂栗(まつぼっくり)のペンネームイラストレーターも務める。  

経歴[編集]

5歳の時から漫画エッセイ執筆を始める。愛知教育大学卒業後、愛知教育大学附属高等学校愛知淑徳高等学校などの国語講師を5年、その後大学受験予備校講師を2年勤める。

教員在職中に『マンガ・今昔物語(監修)』(平凡社)、高校古文を漫画にアレンジした『試験に受かるマンガ古文』(主婦と生活社)を出版、各種メディアに取り上げられる。第一子の出産を機に、漫画家に転身。『まんがタイムスペシャル』(芳文社)にて「あさってパスタ!」でデビュー。

ギャグ漫画4コマ漫画からホラー漫画・長編ストーリー漫画まで、自在に描き分けられる豊富な絵柄を武器とする。テンポの良い、ぐいぐい引き込まれるストーリータッチと、温かみのある絵柄には老若男女を問わず幅広く根強いファン層を持つ。

育児漫画やミステリースポット、グルメ系などの現地体験型取材漫画を中心に活動。ホラー系季刊誌では、メイン作家として活躍。執筆の他にも、子供向けの漫画講座、講演会やトークイベントも行っている。現在はテレビやDVDの出演など他方面においても活動が増えてきている。モーハウス「快適母乳生活研究所」上席研究員に登録。ユーチュブチャンネルデビュー。

受賞歴[編集]

  • 『一般部門』(2010年) 第16回与謝野晶子短歌文学賞
  • 『MASK』(1997年) 文藝春秋社文春コミック新人賞
  • 『Dr.七海のカルテより』(1996年) 講談社モーニングちばてつや
  • 『海がめのスープ』(1996年) 第51回小学館スピリッツ賞
  • 『OH!マイ ダディー!』(1996年) 第3回講談社弘兼憲史賞
  • 『ペットセメタリー』(1995年) 小学館スピリッツ賞 
  • 『嫌い嫌いも好きのうち』(1995年) 第2回講談社弘兼憲史賞
  • 『火の国ニッポン』(1995年) 第1回講談社弘兼憲史

主な連載・掲載雑誌[編集]

  • 『本当にあった笑える話 真夏の恐怖体験』(ぶんか社)
  • 『九州ウォーカー2018秋 角川ウォーカームック』(角川)
  • 『スターピープル・覚醒の時代を生きるVol.66特集のイラスト掲載』ナチュラルスピリット/編集
  • 『セラピストあるある』マイナビコメディカルセラピスト・プラス連載4コマ
  • 『増刊 本当にあった愉快な話 死ぬかと思った!!仰天スペシャル』(竹書房)
  • 『視えちゃうんです!』 (ぶんか社)
  • 『ぷち/本当にあったゆかいな話 激コワ!心霊恐怖SP』(竹書房)
  • 『ちび本当にあった笑える話』(ぶんか社)
  • 『愉快で笑える本当の話 恐怖体験SP』(ぶんか社)
  • 『増刊・本当にあったゆかいな話まるっと病院パラダイス』(竹書房)
  • 『増刊・本当にあったゆかいな話 不思議体験スペシャル』(竹書房)
  • 『TOKAI(東海)Walker』(角川マガジンズ
  • 『漫画サンデー』(実業之日本社
  • 『ほんとにおきたゾッとする話』(ぶんか社)
  • 『増刊・本当にあったゆかいな話激ヤバ恐怖スペシャル』(竹書房)
  • 『本当にあったゆかいな話芸能ズギュン!』(竹書房)
  • 『NHK英語でしゃべらナイト』(主婦の友社)
  • 『科学が徹底解明!超常現象&ミステリー事件の謎』(コアマガジン)
  • 『まるごと体験コミックご出産天国!』(飛鳥新社)
  • 『あなたが体験した怖い話』(ぶんか社)
  • まんがくらぶ』・『まんがライフ』(竹書房)
  • 『本当にあったちび笑える話』(ぶんか社)
  • すくすくパラダイス』(竹書房)
  • 『コミックわんわん』(竹書房)
  • 『本当にあった爆笑先生の話』(イマジン社)
  • 『別冊 本当にあった笑える話』(ぶんか社)
  • 『増刊・本当にあった笑える話スペシャル戦慄のホラーカーニバル』(ぶんか社
  • 『本当にあったゆかいな話仰天恐怖ファイル』(竹書房)
  • 『増刊・本当にあったゆかいな話恐怖スペシャル』(竹書房)
  • 本当にあったゆかいな話』・『本当にあったゆかいな話DX』(竹書房
  • 『フィール・ヤング増刊』(祥伝社)
  • 『たまごクラブ』・『ひよこクラブ』・『こっこクラブ』(ベネッセ

著書[編集]

  • 『マンガで楽しむ1分で人生が変わるパラレル・ワールド移動メソッド』橋本陽輔氏と共著

 電子書籍(コミックトト、2021年)

  • 『オギャーの花道!(下)』電子書籍(ぶんか社、2021年)
  • 『オギャーの花道!(中)』電子書籍(ぶんか社、2021年)
  • 『ざんねんな神さま辞典 古事記の巻』荒川祐二氏と共著(Voice出版、2021年)
  • 『オギャーの花道!(上)』電子書籍(ぶんか社、2020年)
  • 『お義母さんと一緒!4世代家族物語』電子書籍(六式出版、2019年)
  • 『 パラレル・ワールド移動メソッド ゼロポイントマジック 〜1分で人生が変わる』橋本陽輔氏と共著(Voice出版、2019年)
  • 『ザ・タブー! ~軍艦島潜入記~』電子書籍(A-WAGON、2018年)
  • 『終わらない鎮魂歌が聞こえる~ひぐらしカンナ恐怖セレクション』電子書籍(ぶんか社、2018年)
  • 『看取りのお医者さん』(原案:CBCラジオ KADOKAWA出版、2017年)
  • 『実録心霊スポット取材記 かいたん』(みなみ出版、2017年)
  • 『実録心霊スポット取材記 ばけたん』(みなみ出版、2016年)
  • 『心霊相談 今夜も霊が嫌がらせで乾燥機に髪の毛を置いていきます』(竹書房、2016年)
  • 『HAUNTED FILE~ルポライター零泉の事件簿より~』電子書籍版 (ぶんか社、2016年)
  • 『実録心霊スポット取材記 ゆうたん』(みなみ出版、2016年)
  • 『オギャーの花道!』電子書籍版(主婦の友社、2016年
  • 『とんでも不思議Watcher 2』(竹書房2014年
  • 『オギャーの花道!』(主婦の友社2013年
  • 『とんでも不思議Watcher 1』(竹書房、2012年
  • 『まるごと体験コミックご出産天国!』(飛鳥新社、2010年
  • 『オカマだけどOLやってます。』(原作:能町みね子、画:ひぐらしカンナ、2009年
  • 『もうひとつの本当にあった着信アリ』(DVD付きムック本)

  (マンガ:ひぐらしカンナ、出演:あいざわみり他、マイウェイ出版2005年

  • 『本当にあった不思議ミステリー見えるんです1』(竹書房、2004年
  • 『試験に受かるマンガ古文』(主婦と生活社、1994年)
  • 『マンガ・今昔物語』監修(平凡社、1993年)

主な連載作品[編集]

  • 『不思議《サマ》とおしゃべり』Web版(KADOKAWA、2018年-)
  • 『怪談WAITING BAR 黄泉のカクテル』(竹書房、2015年 - )
  • 『開運!パワーごはん』(竹書房、2014年 - )
  • 『とんでも不思議Watcher』(竹書房、2010年 - )
  • 『HAUNTED FILE〜ルポライター零泉の事件簿より〜』(ぶんか社、2010年 )
  • 『がっこうおんち』(竹書房、2010年)
  • 『らぶり~ばぶり〜犬と私のビミョウな関係』(竹書房、2009年 - )
  • 『オギャーの花道!』(ぶんか社、2007年 )
  • 『オカマだけどOLやってます』(竹書房、2006年)
  • 『終わらない鎮魂歌が聞こえる』(ぶんか社、2006年)
  • 『いちねんせんせい』(イマジン社、2006年)
  • 『でらうま育児道!』・『よちよちえくちゃん』(『こっこクラブ』ベネッセ、2002年)
  • 『本当にあった不思議ミステリー見えるんです』(竹書房、2001年 )
  • 『金ピカ育児道!』(『ひよこクラブ』ベネッセ、1999年)
  • 『あさってPasta!』(『まんがタイムリー』芳文社、1995年)

メディア出演[編集]

講演会・講座・対談インタビュー[編集]

  • 『看取りのお医者さん』(KADOKAWA)刊行記念「看取りのお医者さん制作秘話」トークイベント(丸善名古屋本店)にて(2017年)
  • 「ひぐらしカンナ・夏の出版記念」トークショー(名古屋大須ライブハウスOYS)にて(2014年)
  • 「ひぐらしカンナ・オカルトの謎に迫る」トークライブ(犬山・昭和横丁)にて(2013年)
  • 「北野誠のおまえら行くな。特別編」トークショー/ゲスト出演(CBC第一スタジオホール)にて(2013年)
  • ライブ授業『誰でもガリレオ~世界の不思議を調査せよ!』愛知県下中学校にて講義(2013年)
  • 「オカルト研究家・山口敏太郎の戦慄都市伝説ライブ」トークショー/ゲスト出演(名古屋)にて(2012年)
  • 疋田紗也の激ヤバ 恐怖スペシャル・スピリチュアル対談
「日本のピラミッド・皆神山に突入!!企画ツアーを疋田紗也と振り返る」ニコニコ動画(原宿)にて(2011年)
  • 「伝えたい想いマンガにしたくて」名古屋を中心とした情報誌・月刊なごや№331にてインタビュー(2010年)
  • いいお産の日in青山 2010 快適お産おっぱいライフ!
「私たちのお産・育児・ワークスタイル・ライフスタイルオープニングトークショー」
「子育てインパクトイラストトークショー」東京ウィメンズプラザにて(2010年)
  • こどもドリームチャレンジシリーズIV
「プロに聞いちゃうまんが・イラスト上達講座」(財)豊田市文化振興財団豊田地域文化広場にて(2008年)
  • 演題『教師とマンガ家…この似通ったもの』 愛知教育大学にて(1995年)
  • 「ダ・ヴィンチ」リクルート社 教科書特集にて(1995年)

外部リンク[編集]