なめがたエリアテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

なめがたエリアテレビは、茨城県行方市地上一般放送事業者として、市内全域を業務区域として行う地上一般放送である。 通称はなめテレ

概要[編集]

ホワイトスペースを利用して実施するエリア放送である。 によるエリア放送でフルセグおよびワンセグ放送をするのは、福島県南相馬市南相馬チャンネル富山県南砺市なんとちゃんねるに続く三例目[1] であるが関東総合通信局管内で、また市内全域で受信できるように企図したのは行方市が初である [2]

東北地方太平洋沖地震で被災した行方市は、防災無線の補完としてエリア放送を採用することとし [3] 、一部を除く市内で受信可能となったことにより本放送を開始した [4]

番組制作は専修大学と協定している [5]。 専修大学は、生田キャンパスと川崎市多摩区役所でワンセグ放送「かわさきワンセグ」をしていた実績がある。 また、地方活性化を図るため吉本興業と提携し、芸人派遣や地元劇団を立ち上げるとしている [6]。 その第一号としてよしもと住みます芸人茨城県のオスペンギンの番組『素敵に逢えるかな』が始まった。

諸元[編集]

市内に地上一般放送局41局が設置 [7] [8] されている。

送信機防災行政無線の支柱に据え付けられ、麻生庁舎内のスタジオと光ファイバーで接続されている。

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
行方市 麻生庁舎 JOXZ3BY-AREA 52ch 707.142857MHz 10mW 9mW 行方市全域
玉造庁舎 JOXZ3BZ-AREA 10mW 9mW
沖洲4 JOXZ3CD-AREA 10mW 8.5mW
羽生3 JOXZ3CE-AREA 10mW 8.5mW
上山2 JOXZ3CF-AREA 10mW 8.5mW
捻木3 JOXZ3CG-AREA 10mW 8.5mW
八木蒔4 JOXZ3CH-AREA 10mW 8.5mW
緑が丘2 JOXZ3CI-AREA 10mW 8.5mW
浜2 JOXZ3CJ-AREA 10mW 8.5mW
JOXZ3CK-AREA 10mW 8.5mW
高須1 JOXZ3CL-AREA 10mW 8.5mW
新宿 JOXZ3CM-AREA 10mW 9mW
西連寺3 JOXZ3CP-AREA 10mW 47.5mW
五町田 JOXZ3CS-AREA 11.2mW 46.5mW
井貝4 JOXZ3CT-AREA 10mW 8.5mW
新宮2 JOXZ3CU-AREA 10mW 8.5mW
於下2 JOXZ3CV-AREA 10mW 8.5mW
麻生11 JOXZ3DA-AREA 11.2mW 46.5mW
矢幡1 JOXZ3DB-AREA 11.2mW 46.5mW
麻生13 JOXZ3DC-AREA 11.2mW 46.5mW
長野江3 JOXZ3DE-AREA 11.2mW 46.5mW
行戸7 JOXZ3DF-AREA 10mW 47.5mW
繁昌2 JOXZ3DL-AREA 20mW 16.9mW
北浦庁舎 JOXZ3CA-AREA 10mW 9mW
白浜1 JOXZ3CB-AREA 10mW 8.5mW
船津 JOXZ3CN-AREA 10mW 8.5mW
新田2 JOXZ3CO-AREA 10mW 8.5mW
井上1 JOXZ3CQ-AREA 11.2mW 46.5mW
藤井2 JOXZ3CR-AREA 11.2mW 46.5mW
小高2 JOXZ3CW-AREA 30mW 25.5mW
青沼1 JOXZ3CX-AREA 20mW 16.9mW
宇崎2 JOXZ3CY-AREA 20mW 16.9mW
島並3 JOXZ3CZ-AREA 10mW 8.5mW
富田2 JOXZ3DD-AREA 30mW 25.5mW
次木2 JOXZ3DG-AREA 10mW 8.5mW
内宿2 JOXZ3DH-AREA 50mW 42.3mW
三和2 JOXZ3DI-AREA 20mW 16.9mW
山田9 JOXZ3DJ-AREA 20mW 16.9mW
小幡11 JOXZ3DK-AREA 30mW 25.5mW
吉川2 JOXZ3DM-AREA 10mW 8.5mW
山田6 JOXZ3DW-AREA 50mW 42.2mW
配列は免許の取得日順でかつ呼出符号順

局名は行方市発表のもの[9]

リモコンキーIDは、11を推奨

番組[編集]

YouTubeで視聴できるものを掲載

素敵に逢えるかな

オスペンギンによる地域交流促進番組

ねばねばTV

ねば〜る君アニメ番組

ここホレなめがた

オスペンギンによる行方の魅力を発掘する番組

なめがたの行方だっぺ食堂

専修大学福富ゼミナール制作

沿革[編集]

2015年(平成27年)
2016年(平成28年)
  • 3月中旬 - 試験電波発射開始[11]
  • 4月1日 - 11局の免許を取得、免許の有効期限は「平成33年3月31日」まで[8]
  • 4月15日 - 専修大学と番組制作について協定締結[12]
  • 10月1日 - 『素敵に逢えるかな』放送開始
  • 10月28日 - 12局の免許を取得、免許の有効期限は「平成33年10月27日」まで[8]
  • 10月29日 - 「なめがたエリアテレビ」として本放送開始[11]
  • 11月22日 - 17局の免許を取得、免許の有効期限は「平成33年11月21日」まで[8]
  • 12月20日 - 吉本興業と地域活性化について協定締結[13]
2017年(平成29年)
  • 2月24日 - 市議会本会議の中継を開始[14]
  • 3月29日 - 『ねばねばTV』の使用許諾を契約[15]
  • 4月1日 - 『ねばねばTV』放送開始[16]
2018年(平成30年)
  • 9月4日 - 1局の免許を取得、免許の有効期限は「平成33年11月21日」まで[8]

脚注[編集]

  1. ^ によるものでは北海道安平町岩手県大槌町が先行している。
  2. ^ なめがたエリアテレビ開局しました (PDF) p.4(行方市)
  3. ^ エリア放送局予備免許付与 (PDF) 市報なめがた 平成27年6月号pp.2-3(行方市)
  4. ^ なめがたエリアテレビについて(行方市) - ウェイバックマシン(2016年12月5日アーカイブ分)
  5. ^ 専修大学との地方創生に関する連携協定締結 (PDF) 市報なめがた 平成28年5月号p.6(行方市)
  6. ^ 笑いの力で地域活性化! (PDF) 市報なめがた 平成29年3月号p.2(行方市)
  7. ^ 免許状況の詳細 関東総合通信局
  8. ^ a b c d e 局数、取得日は、無線局等情報検索(総務省電波利用ホームページ)による。
  9. ^ 送信アンテナの置局箇所 (PDF) 行方市
  10. ^ 行方市が行うエリア放送(テレビジョン放送)に予備免許(関東総合通信局 報道資料 平成27年4月20日)(2015年5月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  11. ^ a b 防災情報「いち早く」行方市、エリアテレビ開局(茨城新聞 2016年10月30日) - ウェイバックマシン(2016年10月30日アーカイブ分)
  12. ^ エリア放送で制作連携、行方市と専修大協定(茨城新聞 2016年4月16日) - ウェイバックマシン(2016年12月5日アーカイブ分)
  13. ^ “笑い”で地方活性化 行方市と吉本興業が提携(茨城新聞 2016年12月21日) - ウェイバックマシン(2016年12月21日アーカイブ分)
  14. ^ 行方市議会が本会議中継 エリア放送でスタート(茨城新聞 2017年2月25日) - ウェイバックマシン(2017年2月26日アーカイブ分)
  15. ^ ねば~る君と行方市の「なかよし契約 調印式」が開催されました! 行方日和 なめがたダイアリー 2017年3月29日
  16. ^ なめテレ ねば~る君の動画放送(茨城新聞 2017年4月5日) - ウェイバックマシン(2017年4月5日アーカイブ分)

外部リンク[編集]