ときど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ときど
谷口一
(Hajime Taniguchi)
Tokido at Evo 2016 (crop).jpg
Evo 2016出場時
基本情報
生誕 (1985-07-07) 1985年7月7日(35歳)
沖縄県
国籍 日本の旗 日本
愛称 Murderface
選手情報
現況 活動中
現所属 大塚食品[1]
Sony Music Entertainment[2]
ロートジーOXY(ロート製薬)[2]
QANBA
ゲーム ザ・キング・オブ・ファイターズ
ストリートファイター
優勝 Capcom vs. SNK 2 - EVO 2002 [3]
Super Street Fighter II Turbo - EVO 2007[3]
ストリートファイターV - EVO 2017[3]
獲得賞金 $98,921.45
チーム
2011 The Traveling Circus
2011–2016 Mad Catz
2017–2019 Echo Fox
テンプレートを表示

ときど1985年7月7日[4] - )は、日本のプロゲーマージャパン・eスポーツ・プロライセンス保持者[5]

本名は谷口一(たにぐち はじめ)。沖縄県那覇市生まれ、神奈川県横浜市育ち。

麻布中学校・高等学校卒業後、一浪して東京大学理科一類に入学[6]。同大工学部マテリアル工学科卒業。東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻中退[7]。父は東京医科歯科大学名誉教授の谷口尚[8][9]。 その学歴から「東大卒プロゲーマー」として知られる[10]

来歴[編集]

小学生の頃に従兄弟と遊んだバーチャファイター2で本格的にゲームに熱中する。その従兄弟が持っていた攻略本に、「バーチャの鉄人」と呼ばれる有名プレイヤーが載っていたことからゲーマーの存在を知る。

プロゲーマーを目指したのは、梅原大吾のプロ宣言がきっかけ。当時は大学院に在学中だったが、研究内容に興味が持てなかったことや、アメリカの会社からスポンサー契約の申し出を受けたこと、そして親の後押しもあり、中退してプロゲーマーの道へ進む[11]

2017年7月、ラスベガスで開催された世界最大の格闘ゲーム大会EVO2017に参加。2000人以上が出場したストリートファイター5部門で優勝する[12]

2020年、第49回ベストドレッサー賞スポーツ部門受賞[13]

名前の由来[編集]

中学1年の頃に初めて参加したザ・キング・オブ・ファイターズ'98の大会で、八神庵のジャンプキック(んでック)から闇払い(うしたぁ!)[注 1]という連続技しか使わなかったことから。それを見た友人に「もう“ときど”でいいじゃん」と言われ、それ以来「ときど」と名乗っている[14]

そのほかのニックネームとして、国内では「アイス・エイジ」(勝利のために徹底的に合理性を追求するプレイスタイルから、氷河期のように寒い = 派手さがなくつまらないという意味)[15]、海外では「Murder Face」(プレイ中の表情が殺し屋に見えたため)[16]などがある。

著書[編集]

出演[編集]

ウェブテレビ[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 庵が「闇払い」を出す時に発する台詞

出典[編集]

  1. ^ https://www.itmedia.co.jp/business/spv/2003/29/news005.html
  2. ^ a b https://e-sports-press.com/archives/5956
  3. ^ a b c Tokido crowned Street Fighter 5 Evo 2017 champion”. Eurogamer. 2017年7月17日閲覧。
  4. ^ そういえば今日は誕生日なのです本人Twitter
  5. ^ https://jesu.or.jp/contents/member_list/ プレイヤー|一般社団法人日本eスポーツ連合
  6. ^ ゲーム毎日8時間、東大も攻略 プロゲーマーときどさん朝日新聞デジタル
  7. ^ 【「東大卒」が、なぜプロゲーマーに?】 未知のキャリアを切りひらく情熱は「仲間」から生まれるリクナビNEXTジャーナル
  8. ^ e-sports世界トッププレイヤー・ときど、ゲーム練習とジムの往復 超ストイックな日常Abema TIMES
  9. ^ Creating a champion: How a father's trip abroad led Tokido to the topESPN
  10. ^ 勝利から「何を学ぶか」で強さが決まる 東大卒プロゲーマー・ときど氏に聞く 日経BizGate
  11. ^ 東大卒「ときど」選手が語るプロゲーマー人生東洋経済オンライン
  12. ^ 世界最大の格闘ゲーム大会「EVO2017」で日本人のときど選手が優勝ねとらぼ
  13. ^ ベストドレッサー賞開催概要
  14. ^ 東大卒プロゲーマー“ときど”が語る、プロゲーマーのプライド、“本当の勝ち負けは試合の勝敗じゃなくてお互いの納得”電ファミニコゲーマー
  15. ^ なぜ「ときど優勝」で格ゲーマーは泣いたのか 東大卒プロゲーマーの情熱と“友情、努力、勝利” ねとらぼ
  16. ^ TokidoCapcom Pro Tour

外部リンク[編集]