マッドキャッツ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マッドキャッツ(Mad Catz)は、かつて存在したアメリカ合衆国のテレビゲームコントローラー会社。本社所在地はカリフォルニア州サンディエゴ1989年設立。

概要[編集]

主にコントローラアーケードスティックの製造、販売で知られていた。2010年4月28日、日本のゲーマー梅原大吾とプロモーション契約を結んだ[1]。これにより梅原は日本人で初のプロ格闘ゲーマーとなった。

Mad Catz Interactive(以下,Mad Catz)は北米時間2017年3月30日に、連邦破産法第7章を申請し、清算手続に入った[2]。日本法人であったマッドキャッツ株式会社も、Mad Catzが連邦破産法第7章を申請したことに伴い、2017年4月12日に東京地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[3]

経営破綻後における日本で発売された正規品の修理サポートは、株式会社アタッサが行っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]