しし座II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しし座II
星座 しし座
視等級 (V) 12.6 [1]
視直径 12.0 x 11.0′ [1]
分類 E0 pec [1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 11h 13m 29.2s [1]
赤緯 (Dec, δ) +22° 09′ 17″ [1]
赤方偏移 0.000264 (79 ± 1 km/s) [1]
距離 690 ± 70×103光年[2]

[3]

別名称
別名称
PGC 34176
Template (ノート 解説) ■Project

しし座II(Leo II)は、しし座の方角に約69万光年離れた位置にある矮小楕円体銀河である。2008年10月時点で、24個が知られている銀河系伴銀河の一つである[4]。2007年時点で、しし座IIの核半径は178 ± 13パーセク、潮汐半径は632 ± 32パーセクと考えられている[5]。この銀河は、1950年にウィルソン山天文台パロマー天文台ロバート・ハリントンアルバート・ウィルソンが発見した。

近年の発見[編集]

2007年、15人の科学者からなるチームがマウナケア山国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡でしし座IIを観測した。2晩で90分間の露光が行われ、26等級までの82,252個の恒星が検出された。この観測により、しし座IIの大部分は金属量の少ない古い恒星からなっていることが発見され、銀河系のような大きな銀河に飲み込まれたのを生き延びたものであることが示唆された[6]

ヨーロッパ南天天文台による観測で、質量は(2.7 ± 0.5)×107太陽質量と推定された[7]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for Leo B. 2006年11月18日閲覧。
  2. ^ I. D. Karachentsev, V. E. Karachentseva, W. K. Hutchmeier, D. I. Makarov (2004年). “A Catalog of Neighboring Galaxies”. Astronomical Journal 127 (4): 2031-2068. Bibcode 2004AJ....127.2031K. doi:10.1086/382905. 
  3. ^ Karachentsev, I. D.; Kashibadze, O. G. (2006年). “Masses of the local group and of the M81 group estimated from distortions in the local velocity field”. Astrophysics 49 (1): 3-18. Bibcode 2006Ap.....49....3K. doi:10.1007/s10511-006-0002-6. arXiv:0708.1853
  4. ^ Tollerud, E., et al. (2008年11月). “Hundreds of Milky Way Satellites? Luminosity Bias in the Satellite Luminosity Function”. Astrophysical Journal 688 (1): 277-289. arXiv:0806.4381. Bibcode 2008ApJ...688..277T. doi:10.1086/592102. 
  5. ^ Coleman, M., et al. (2007年11月). “A Wide-Field View of Leo II: A Structural Analysis Using the Sloan Digital Sky Survey”. Astronomical Journal 134 (5): 1938-1951. arXiv:0708.1853. Bibcode 2007AJ....134.1938C. doi:10.1086/522229.  arXiv:0806.4381
  6. ^ Leo II: An Old Dwarf Galaxy with Juvenescent Heart”. National Astronomical Observatory of Japan (2007年11月28日). 2008年11月25日閲覧。
  7. ^ Andreas Koch et al. (2007年8月). “Stellar Kinematics in the Remote Leo II Dwarf Spheroidal Galaxy‐Another Brick in the Wall”. Astronomical Journal 134 (2): 566-578. arXiv:0704.3437. Bibcode 2007AJ....134..566K. doi:10.1086/519380. http://www.iop.org/EJ/abstract/1538-3881/134/2/566. 

座標: 星図 11h 13m 29.2s, +22° 09′ 17″