りょうけん座矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
りょうけん座矮小銀河
星座 りょうけん座
視等級 (V) 13.9 ± 0.5[1]
視直径 17.8 ± 0.8′[2]
分類 dSph
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 13h 28m 03.5s[3]
赤緯 (Dec, δ) +33° 33′ 21″[3]
距離 711 ± 33×103光年[4]

685+23
−16
×103光年[5]

別名称
別名称
CVn Dwarf Galaxy[3]
Template (ノート 解説) ■Project

りょうけん座矮小銀河(Canes Venatici Dwarf Galaxy[3])は、りょうけん座の方角にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された[1]しし座Iしし座IIと並び、銀河系伴銀河としては最も遠くにある[1]。太陽からは約22万パーセク離れており、約31km/sの速度で遠ざかっている[6]。楕円形(軸比 ~ 2.5:1)で、光が半減する半径は約550パーセクである[1][2]

りょうけん座矮小銀河は、銀河系の伴銀河では比較的も暗く、合計の光度は太陽光度の約23万倍(絶対等級は約-8.6)である[2]。しかし、質量は2700万太陽質量もあり、質量光度比は約220である。この質量光度比の大きさは、りょうけん座矮小銀河が暗黒物質に占められていることを意味している[6]

りょうけん座矮小銀河を構成する恒星は、100億歳以上の古い恒星が多い。金属量は、[Fe/H] ≈ -2.08 ± 0.02ととても低く、重元素の量が少なくとも太陽の110分の1以下であることを示している[7]。また、この銀河は約60個のこと座RR型変光星を含み、また金属量の豊富な([Fe/H] ≈ -1.5)若い恒星(10億歳から20億歳)も少量存在し、質量の約5%、光度の約10%を占める。これらの若い恒星は、銀河の中央に集まっている[4]。現在は、りょうけん座矮小銀河の中で星形成は行われていない。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は3万太陽質量である[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Zucker, D. B.; Belokurov, V.; Evans, N. W.; Wilkinson, M. I.; Irwin, M. J.; Sivarani, T.; Hodgkin, S.; Bramich, D. M. et al. (2006年). “A New Milky Way Dwarf Satellite in Canes Venatici”. The Astrophysical Journal 643 (2): L103–L106. doi:10.1086/505216. ISSN 0004-637X. 
  2. ^ a b c Martin, Nicolas F.; de Jong, Jelte T. A.; Rix, Hans‐Walter (2008年). “A Comprehensive Maximum Likelihood Analysis of the Structural Properties of Faint Milky Way Satellites”. The Astrophysical Journal 684 (2): 1075–1092. doi:10.1086/590336. ISSN 0004-637X. 
  3. ^ a b c d SIMBAD Astronomical Database”. Results for Canes Venatici Dwarf. 2011年11月21日閲覧。
  4. ^ a b Martin, Nicolas F.; Coleman, Matthew G.; De Jong, Jelte T. A.; Rix, Hans-Walter; Bell, Eric F.; Sand, David J.; Hill, John M.; Thompson, David et al. (2008年). “A Deep Large Binocular Telescope View of the Canes Venatici I Dwarf Galaxy”. The Astrophysical Journal 672 (1): L13–L16. doi:10.1086/525559. ISSN 0004-637X. 
  5. ^ Kuehn, Charles; Kinemuchi, Karen; Ripepi, Vincenzo; Clementini, Gisella; Dall'Ora, Massimo; Di Fabrizio, Luca; Rodgers, Christopher T.; Greco, Claudia et al. (2008年). “Variable Stars in the Newly Discovered Milky Way Dwarf Spheroidal Satellite Canes Venatici I”. The Astrophysical Journal 674 (2): L81–L84. doi:10.1086/529137. ISSN 0004-637X. 
  6. ^ a b Simon, Joshua D.; Geha, Marla (2007年). “The Kinematics of the Ultra‐faint Milky Way Satellites: Solving the Missing Satellite Problem”. The Astrophysical Journal 670 (1): 313–331. doi:10.1086/521816. ISSN 0004-637X. 
  7. ^ Kirby, Evan N.; Simon, Joshua D.; Geha, Marla; Guhathakurta, Puragra; Frebel, Anna (2008年). “Uncovering Extremely Metal-Poor Stars in the Milky Way's Ultrafaint Dwarf Spheroidal Satellite Galaxies”. The Astrophysical Journal 685 (1): L43–L46. doi:10.1086/592432. ISSN 0004-637X. 
  8. ^ Grcevich, Jana; Putman, Mary E (2009年). “H I IN LOCAL GROUP DWARF GALAXIES AND STRIPPING BY THE GALACTIC HALO”. The Astrophysical Journal 696 (1): 385–395. doi:10.1088/0004-637X/696/1/385. ISSN 0004-637X. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 13h 28m 03.5s, +33° 33′ 21″