パロマー12

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
パロマー12
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したパロマ―12(視野3.36′)
ハッブル宇宙望遠鏡で撮影したパロマ―12(視野3.36′)
星座 やぎ座
視等級 (V) 11.99
視直径 17′.4
分類 XII
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 21h 46m 38.84s[1]
赤緯 (Dec, δ) –21° 15′ 09.4″[1]
距離 63.6 ± 2.9 kly (19.5 ± 0.89 kpc)[2]
物理的性質
半径 162 ± 8 光年
質量 1.59×104[3]
金属量[Fe/H] –0.85[3]
年齢 65億[4]
別名称
別名称
GCl 123[5]
Template (ノート 解説) ■Project

パロマー12(Palomar 12)は、やぎ座にある球状星団である。銀河系銀河ハローに位置する。ロバート・ハリントンフリッツ・ツビッキーによりパロマー・スカイ・サーベイの写真板から発見され[6]、球状星団としてカタログに収録された。しかし、ツビッキーは、この天体は実は局部銀河群内に存在する近隣の矮小銀河であるという確証に至った。比較的若い星団で、銀河系内のほとんどの球状星団より約30%も若い[2]金属量は豊富で、[Fe/H] ~= -0.8である[4]。平均の光度分布は、Mv = -4.48である[7]

2000年の固有運動の観測から、この星団は約17億年前にいて座矮小楕円銀河に捕らわれたと考えられた[8]。現在では、いて座矮小楕円銀河の一部であると考えられている(Cohen 2004, Sbordone et al. 2006).[4]。約65億歳であると推定されている[4]

出典[編集]

  1. ^ a b Goldsbury, Ryan et al. (December 2010), “The ACS Survey of Galactic Globular Clusters. X. New Determinations of Centers for 65 Clusters”, The Astronomical Journal 140 (6): 1830–1837, arXiv:1008.2755, Bibcode 2010AJ....140.1830G, doi:10.1088/0004-6256/140/6/1830. 
  2. ^ a b Rosenberg, A. et al. (1998), “Young Galactic globular clusters II. The case of Palomar 12”, Astronomy and Astrophysics 339: 61–69, arXiv:astro-ph/9809112, Bibcode 1998A&A...339...61R. 
  3. ^ a b Boyles, J. et al. (November 2011), “Young Radio Pulsars in Galactic Globular Clusters”, The Astrophysical Journal 742 (1): 51, arXiv:1108.4402, Bibcode 2011ApJ...742...51B, doi:10.1088/0004-637X/742/1/51. 
  4. ^ a b c d Geisler, Doug et al. (September 2007), “Chemical Abundances and Kinematics in Globular Clusters and Local Group Dwarf Galaxies and Their Implications for Formation Theories of the Galactic Halo”, The Publications of the Astronomical Society of the Pacific 119 (859): 939–961, arXiv:0708.0570, Bibcode 2007PASP..119..939G, doi:10.1086/521990. 
  5. ^ “SIMBAD Astronomical Object Database”, Results for Palomar 12, http://simbad.u-strasbg.fr/Simbad 2006年11月16日閲覧。. 
  6. ^ Abell, George O. (1955). “Globular Clusters and Planetary Nebulae Discovered on the National Geographic Society-Palomar Observatory Sky Survey”. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 67 (397): 258. Bibcode 1955PASP...67..258A. doi:10.1086/126815. 
  7. ^ van den Bergh, Sidney (July 2007). “The Luminosity Distribution of Globular Clusters in Dwarf Galaxies”. The Astronomical Journal 134 (1): 344-345. arXiv:0704.2226. Bibcode 2007AJ....134..344V. doi:10.1086/518868. 
  8. ^ D. I. Dinescu, S. R. Majewski, T. M. Girard, K. M. Cudworth (2000). “The Absolute Proper Motion of Palomar 12: A Case for Tidal Capture from the Sagittarius Dwarf Spheroidal Galaxy”. The Astronomical Journal 120 (4): 1892-1905. arXiv:astro-ph/0006314. Bibcode 2000astro.ph..6314D. doi:10.1086/301552. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 21h 46m 38.84s, −21° 15′ 09.4″