うお座II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
うお座II
星座 うお座
視等級 (V) 16.3[1]
視直径 2.2±0.2′[1]
分類 dSph
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 22h 58m 31s[1]
赤緯 (Dec, δ) 05° 57′ 09″[1]
距離 585×103光年[1]
Template (ノート 解説) ■Project

うお座II(Pisces II)は、うお座の方角に18万パーセク離れた位置にある矮小楕円体銀河である。2010年にスローン・デジタル・スカイサーベイのデータから発見された[1]。光度が半分になる半径は約60パーセクで、軸比は約5:3である[1]

うお座IIは、銀河系伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約1万倍(絶対等級は約-5)で、平均的な球状星団の光度に匹敵する。うお座IIの恒星には、100億歳から120億歳の中程度に古いものが多い。これらの恒星の金属量は、−2.3 < [Fe/H] < −1.7と低く、重元素の量が少なくとも太陽の80分の1以下であることを示している[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h doi:10.1088/2041-8205/712/1/L103
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ