ヘルクレス座矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘルクレス座矮小銀河
ヘルクレス座矮小銀河は、細長い形である。
ヘルクレス座矮小銀河は、細長い形である。
星座 ヘルクレス座
視等級 (V) 14.7 ± 0.5[1]
視直径 16.8′[1]
分類 dSph[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 16h 31m 02s[2]
赤緯 (Dec, δ) 12° 47′ 30″[2]
距離 479+26
−23
kly[3]
430+39
−39
kly[4]
別名称
別名称
Her[2]
Template (ノート 解説) ■Project

ヘルクレス座矮小銀河(Hercules Dwarf Galaxy[2])は、ヘルクレス座にある矮小楕円体銀河である。2006年にスローン・デジタル・スカイ・サーベイのデータから発見された[1]。太陽から約14万パーセクに位置し、約45km/sの速度で遠ざかっている[1][5]。かなり細長く(軸比~ 3:1)、光度が半分になる半径は約350パーセクである[1][6][note 1]。この細長い形は、銀河系から潮汐力を受けているためであり、つまり、ヘルクレス座矮小銀河は、現在潮汐崩壊の過程にある[4]。この銀河では、銀河を横断するように、度の勾配があり[7]、暗い恒星ストリームの中に埋め込まれている。

ヘルクレス座矮小銀河は、銀河系伴銀河で最も小さく暗いものの1つであり、光度は太陽光度の約3万倍(絶対等級は約-6.6)[note 2]で、典型的な球状星団に匹敵する程度である[1][6]。しかし、質量は約700万太陽質量であり、この銀河の質量光度比は約330となる。この高い質量光度比は、ヘルクレス座矮小銀河が暗黒物質に占められていることを意味する[5][note 3]

ヘルクレス座矮小銀河の恒星には、120億歳以上の古いものが多い[4]。これらの恒星の金属量は[Fe/H]= -2.58と ± 0.51と低く[note 4]重元素の量が少なくとも太陽の400分の1以下であることを示している[8]。ヘルクレス座矮小銀河の恒星は、恐らく宇宙で最初に形成された恒星の一部である。現在、この銀河では星形成は行われていない[4]。また、これまで中性水素原子は検出されておらず、存在するとしても上限は466太陽質量である[9]

脚注[編集]

  1. ^ 別の文献では、半径は約230パーセクとされている[4]
  2. ^ 別の文献では、絶対等級は約-5.3とされる[4]
  3. ^ このような暗い銀河の質量を推定するのは、前面に存在する物質の影響を受けるため難しい。2009年の論文では、光度が半分になるまでの質量の下限として、約200万太陽質量、433光年以内の質量の下限が約400万太陽質量という値が示された[7]
  4. ^ 別の文献では、金属量は約-2.3とされる[3][5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Belokurov, V.; Zucker, D. B.; Evans, N. W.; Kleyna, J. T.; Koposov, S.; Hodgkin, S. T.; Irwin, M. J.; Gilmore, G. et al. (2007). “Cats and Dogs, Hair and a Hero: A Quintet of New Milky Way Companions”. The Astrophysical Journal 654 (2): 897–906. doi:10.1086/509718. ISSN 0004-637X. 
  2. ^ a b c d SIMBAD Astronomical Database”. Results for Her Dwarf Galaxy. 2010年2月22日閲覧。
  3. ^ a b Aden, D.; Feltzing, S.; Koch, A. (2009). “A photometric and spectroscopic study of the new dwarf spheroidal galaxy in Hercules. Metallicity, velocities, and a clean list of RGB members”. Astronomy and Astrophysics 546 (3): 1147?1168. arXiv:0908.3489. Bibcode2009A&A...506.1147A. doi:10.1051/0004-6361/200912718. 
  4. ^ a b c d e f Sand, David J.; Olszewski, Edward W.; Willman, Beth (2009). “The Star Formation History and Extended Structure of the Hercules Milky Way Satellite”. The Astrophysical Journal 704 (2): 898?914. arXiv:0906.4017. Bibcode2009ApJ...704..898S. doi:10.1088/0004-637X/704/2/898. 
  5. ^ a b c Simon, Joshua D.; Geha, Marla (2007). “The Kinematics of the Ultra‐faint Milky Way Satellites: Solving the Missing Satellite Problem”. The Astrophysical Journal 670 (1): 313–331. doi:10.1086/521816. ISSN 0004-637X. 
  6. ^ a b Martin, Nicolas F.; de Jong, Jelte T. A.; Rix, Hans‐Walter (2008). “A Comprehensive Maximum Likelihood Analysis of the Structural Properties of Faint Milky Way Satellites”. The Astrophysical Journal 684 (2): 1075–1092. doi:10.1086/590336. ISSN 0004-637X. 
  7. ^ a b Aden, D.; Wilkinson, M.I.; Read, J.I. (2009). “A new low mass for the Hercules dSph: the end of a common mass scale for the dwarfs?”. The Astrophysical Journal Letters 706 (1): L150?L154. arXiv:0910.1348. Bibcode2009ApJ...706L.150A. doi:10.1088/0004-637X/706/1/L150. 
  8. ^ Kirby, Evan N.; Simon, Joshua D.; Geha, Marla; Guhathakurta, Puragra; Frebel, Anna (2008). “Uncovering Extremely Metal-Poor Stars in the Milky Way's Ultrafaint Dwarf Spheroidal Satellite Galaxies”. The Astrophysical Journal 685 (1): L43–L46. doi:10.1086/592432. ISSN 0004-637X. 
  9. ^ Grcevich, Jana; Putman, Mary E (2009). “H I IN LOCAL GROUP DWARF GALAXIES AND STRIPPING BY THE GALACTIC HALO”. The Astrophysical Journal 696 (1): 385–395. doi:10.1088/0004-637X/696/1/385. ISSN 0004-637X.