ほうおう座矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ほうおう座矮小銀河
ハッブル宇宙望遠鏡による画像
星座 ほうおう座
視等級 (V) 13.1[1]
視直径 4′.9 × 4′.1[1]
分類 IAm[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 51m 06.3s[1]
赤緯 (Dec, δ) -44° 26′ 41″[1]
赤方偏移 60 ± 30 km/s[1]
距離 1.44 ± 0.07×106光年[2][3]
別名称
別名称
ESO 245- G 007,[1] PGC 6830[1]
Template (ノート 解説) ■Project

ほうおう座矮小銀河(Phoenix Dwarf)は、1976年にハンス=エミール・シュスターリチャード・マーティン・ウェストが発見した矮小不規則銀河である。当初は球状星団と誤認された[4][5]。現在は、ほうおう座の方角に約144万光年離れている。

特徴[編集]

ほうおう座矮小銀河の内側部分では、若い恒星が東西方向に運動しており、外側の部分では、主に古い恒星が南北方向に運動している。中央の領域の星形成速度は、時間を経ても比較的一定である(Martinez-Delgado et al. 1999)。1999年、St-Germainらは、ほうおう座矮小銀河のすぐ西に約105太陽質量のHI領域を発見した。その視線速度は-23km/sで、ほうおう座矮小銀河と重力的に相互作用を及ぼし合っている可能性がある[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for Phoenix Dwarf. 2007年3月15日閲覧。
  2. ^ I. D. Karachentsev, V. E. Karachentseva, W. K. Hutchmeier, D. I. Makarov (2004年). “A Catalog of Neighboring Galaxies”. Astronomical Journal 127 (4): 2031-2068. Bibcode 2004AJ....127.2031K. doi:10.1086/382905. 
  3. ^ Karachentsev, I. D.; Kashibadze, O. G. (2006年). “Masses of the local group and of the M81 group estimated from distortions in the local velocity field”. Astrophysics 49 (1): 3-18. Bibcode 2006Ap.....49....3K. doi:10.1007/s10511-006-0002-6. 
  4. ^ Schuster, H.-E.; West, R. M. (05/1976). “A very distant globular cluster?”. Astronomy & Astrophysics 49: 129-131. Bibcode 1976A&A....49..129S 
  5. ^ Canterna, R.; Flower, P. J. (1977年3月). “A new dwarf irregular galaxy in the constellation Phoenix”. Astrophysical Journal 212 (Letters): L57-L58. Bibcode 1977ApJ...212L..57C. doi:10.1086/182374 
  6. ^ van den Bergh, Sidney (2000年4月). “Updated Information on the Local Group”. The Publications of the Astronomical Society of the Pacific 112 (770): 529-536. arXiv:astro-ph/0001040. Bibcode 2000PASP..112..529V. doi:10.1086/316548 

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 51m 06.3s, −44° 26′ 41″