ちょうこくしつ座矮小銀河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ちょうこくしつ座矮小銀河
観測データ (J2000.0 元期)
星座 ちょうこくしつ座
赤経 01h 00m 09.3s[1]
赤緯 -33° 42′ 33″[1]
赤方偏移 110 ± 1 km/s[1]
距離 290 ± 30 kly (90 ± 10 kpc)[2][3]
タイプ E[1]
角直径 (V) 39′.8 × 30′.9[1]
等級 (V) 10.1[1]
別名
Sculptor Dwarf Spheroidal[1] , PGC 3589[1] , MCG-06-03-015
銀河銀河の一覧も参照

ちょうこくしつ座矮小銀河(ちょうこくしつざわいしょうぎんが、Sculptor Dwarf Galaxy)は、銀河系伴銀河矮小楕円体銀河である。ちょうこくしつ座の方角に太陽系から約29万光年の距離にある。1937年にハーロー・シャプレーが発見した[4][5]。ちょうこくしつ座矮小銀河には、銀河系と比べて炭素以上の重さの元素がわずか4%しかなく、宇宙の端の方にある未熟な銀河と似たように見える[6]

金属量[編集]

1999年、Majewskiらはちょうこくしつ座矮小銀河は金属量の分布によって、[Fe/H] = -2.3の部分と[Fe/H] = -1.5の部分に2つに分かれることを発見した。他の局部銀河群の多くの銀河と同様に、古く金属量の少ない部分が、新しく金属量の多い部分よりも広がっている[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h NASA/IPAC Extragalactic Database”. Results for PGC 3589. 2006年12月3日閲覧。
  2. ^ I. D. Karachentsev, V. E. Karachentseva, W. K. Hutchmeier, D. I. Makarov (2004年). “A Catalog of Neighboring Galaxies” (abstract). Astronomical Journal 127: 2031–2068. doi:10.1086/382905. http://adsabs.harvard.edu/abs/2004AJ....127.2031K. 
  3. ^ Karachentsev, I. D.; Kashibadze, O. G. (2006年). “Masses of the local group and of the M81 group estimated from distortions in the local velocity field”. Astrophysics 49 (1): 3–18. doi:10.1007/s10511-006-0002-6. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=2006Ap.....49....3K. 
  4. ^ Shapley, H., (1938) Harvard Bull. 908.
  5. ^ Shapley, H., (1938) "Two Stellar Systems of a New Kind", Nature, 142: 715.
  6. ^ Astronomers Detect Dust Around a Primitive Star, Shedding New Light on Universe’s Origins Newswise, Retrieved on January 19, 2008.
  7. ^ van den Bergh, Sidney (April 2000 2000). “Updated Information on the Local Group”. The Publications of the Astronomical Society of the Pacific 112 (770): 529–536. doi:10.1086/316548. http://adsabs.harvard.edu/cgi-bin/nph-bib_query?bibcode=2000PASP..112..529V 

外部リンク[編集]

座標: 星図 01h 00m 09.3s, −33° 42′ 33″