たて・ケンタウルス腕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
銀河系の渦状腕の概略

たて・ケンタウルス腕(たて・ケンタウルスわん、Scutum-Centaurus Arm)は、銀河系銀河核から放射状に長くカーブして伸びる渦状腕の1つである。銀河系は棒渦巻銀河に分類され、渦状腕を持つ。たて・ケンタウルス腕は、銀河系の2つの大きな渦状腕の1つであり、いて・りゅうこつ腕と、もう1つの大きな渦状腕であるペルセウス腕の間に位置する。たて・ケンタウルス腕の銀河核に近い部分はたて腕と呼ばれ、徐々にケンタウルス腕になる[1]

たて・ケンタウルス腕が銀河核と接続する領域は、星形成に富む。2006年に、14個の赤色巨星を含む新しい恒星の大きな星団が発見され、RSGC1と名付けられた。2007年には、RSGC1からわずか数百光年の位置に、約5万個の新しい恒星からなる星団が発見され、RSGC2と名付けられた。この星団は、生まれてからまだ2000万年も経っていないと考えられ、26個の赤色巨星を含み、既知のこのような星団では最も大きなものである[2]。この領域には、他にRSGC3RSGC4(アリカンテ8)という星団もある[3]

脚注[編集]

  1. ^ Churchwell, Ed; Babler, Brian L.; Meade, Marlin A. (2009). “The Spitzer/GLIMPSE Surveys: A New View of the Milky Way” (pdf). Publications of the Astronomical Society of the Pacific 121: 213?230. Bibcode2009PASP..121..213C. doi:10.1086/597811. http://www.astro.wisc.edu/sirtf/Churchwell_2009.pdf. 
  2. ^ Shiga, David (2007年8月9日). “Largest swarm of giant stars is a 'supernova factory'”. NewScientist.com news service. http://space.newscientist.com/article/dn12455-largest-swarm-of-giant-stars-is-a-supernova-factory.html 
  3. ^ Negueruela, I.; González-Fernández, C.; Marco, A.; Clark, J. S.; Martínez-Núñez, S. (2010). “Another cluster of red supergiants close to RSGC1”. Astronomy and Astrophysics 513: A74. doi:10.1051/0004-6361/200913373. ISSN 0004-6361.