えんぶり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
えんぶり
えんぶりの烏帽子を被った人たち
えんぶりの烏帽子を被った人たち
イベントの種類 祭り
開催時期 2月

えんぶり(朳)とは、初春の神事として青森県八戸市一円を中心とする東北各地で広く行われる予祝芸能の一種である。八戸市における保護団体は八戸地方えんぶり連合協議会。

概要[編集]

2月17日の早朝に30組を越える「えんぶり組」が八戸市長者山の長者山新羅神社に詣でた後に同市の商店街で一斉摺りを行い、その後更に近郊農村部を門付けして巡り、20日までの4日間に亘って同市内の各所で演じられる[1][2][3][4]。現在では観光的要素の大きい行事となっているが、元々は儀礼性の濃い田楽田植踊)の一種であるとされる。先端に鳴子板や金輪をつけた「ジャンギ」と呼ばれる棒を持って踊られるが、このジャンギが田植え前に田を均すのに用いる柄振・朳(えぶり)という農具に起源も持つものであるために「えんぶり」と呼ばれるようになったと伝えられる。

えんぶりの舞い[編集]

農作業に活躍したの首を象り等の瑞獣を描いた長大な烏帽子を被った3人から5人の「太夫(たゆう)」という踊り手が、太鼓手平鉦による囃子祝言風に田作りの情景を唱う歌に合わせて、首を傾け傾けしつつジャンギを地面に突き立てたり地面を摺るようにして勇壮に踊り、編成は太夫を始め囃子方、唄い手など総勢20~30人から成る。

「摺り始め」「中の摺り」「摺り納め」から構成され、各合間に「松の舞」、「恵比須舞(えびすまい)」、「大黒舞(だいこくまい)」等の祝舞(しゅくまい)や、田植えの様を滑稽に演じる「田植万才」、曲芸風の「金輪切」、厚化粧を施された児童(稚児)による「エンコエンコ」等の余興舞が挿入される。

また、踊りは動きがゆっくりとした「ながえんぶり」と拍子の速い「どうさいえんぶり」に二分されるが、途中で「ごいわい唄」が入り、「神酒いただき」のある「ながえんぶり」が古い型であるという。また、どうさいえんぶりの烏帽子には、「前髪」というテープ状の房がついている。ながえんぶりの烏帽子には前髪は無く、リーダー「藤九郎(とうくろう)」のものにだけ、ボタンまたはウツギの花がついている。

歴史・沿革[編集]

もともとは旧小正月に行われ、明治維新直後「物乞いに似た行為」として当時の県より一時禁止令が発せられたが、明治14年(1881年)に当時の有力者(大澤多門ら)により八戸町内(当時)の長者山新羅神社の神事として復興された。

その後、明治30年(1897年)からは「えんぶり行列」として同神社の相殿神として祀られていた稲荷大神神輿渡御式も行われるようになり、明治42年(1909年)には伊勢神宮の2月17日の祈年祭に合わせて現行日に改められた[5]

えんぶり組[編集]

えんぶり組(平成23年(2011年)の参加実績は33組)の中、八戸市以外にも階上町に3組、南部町に2組、おいらせ町に1組のえんぶり組が存在する。また、一般参加のえんぶり組以外にも、一部の小学校中学校が課外活動として行う「子供えんぶり組」が存在する。

文化財指定[編集]

八戸地方の予祝芸として芸能史的価値の高いものとして、昭和46年(1971年11月11日選択無形民俗文化財とされ、昭和54年(1979年2月3日に国の重要無形民俗文化財の指定を受けた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]