いのちの輝き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロゴマーク

いのちの輝き(いのちのかがやき)は、2025年日本国際博覧会(以下、万博)のロゴマークにおけるテーマ名、およびそこから派生したキャラクターに対する俗称。日本時間2020年8月25日にロゴマークが発表されるとともにその奇抜なデザインが話題を呼び、数々の創作が行われた。

ロゴマーク[編集]

細胞のモチーフとなった1970年日本万国博覧会のロゴマーク

採用されたロゴマークは赤色の円や楕円などを組み合わせて構成されており、前回開催された1970年日本万国博覧会のロゴマークの一部を細胞核として使用し、ロゴマーク全体を細胞の集合体に見立てて「いのちの輝き」が表現されている[1][2]。ユーモアと奇抜さが審査員の目に留まり、ロゴマークに選ばれることとなった[2]

TEAM INARI(チーム イナリ)がいのちの輝きをテーマに製作した[3]。チーム代表者の シマダ タモツ によると太陽の塔のように衝撃と独創性のあるものを目指して製作されており[1]、「万博の顔になっていくのが最高にうれしい」と述べている[2]

発表までの流れ[編集]

日本大阪府大阪市此花区夢洲で開催される予定の万博のロゴマークは、最優秀賞受賞者には賞金300万円が贈呈されるという表彰を用意した上で、2019年11月29日から12月15日にかけて一般公募が行われた[3]。応募件数は5894件におよび、建築家安藤忠雄を中心とし、漫画家荒木飛呂彦[4]、映画監督河瀨直美や元女子サッカー選手澤穂希らが参加した[5]選考委員会が候補を5作品まで絞り込んだ。候補5作品の決定においては、「いのち輝く未来社会のデザイン」という万博のテーマに沿っているかが重視され、交差・輪・うねりといったデザインで力強さや調和などを表現した作品が選ばれた。この際、日本を含む186ヶ国で著作権情報や商標登録が調査され、候補作と類似した作品が存在しないことが確かめられた[6]

候補5作品は2020年春に発表予定であったが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴って発表が延期されていた。同年8月3日にロゴマーク決定の最終候補5作品が発表された。8月3日から8月11日にかけて一般からの意見が募集された後[6]、新型コロナウイルス感染症の流行以降の世界で万博を彩るものを選びたいという方針の下で[6]ロゴマークが決定され、2020年8月25日に発表された[1]。選考委員会の委員11名のうち8名が チーム イナリ のデザイン案に票を投じた[7]

2022年3月22日には、同月中に募集された万博の公式キャラクターの最終候補のA案、B案、C案のいずれもロゴマークと共通したものが選ばれた。最終的に、「水の都」の要素となる水と結びつき、様々な形になれる可能性を持ったC案が採用された。

反響[編集]

インターネット上[編集]

発表直後、ロゴマークは大きな反響を呼んだ。Twitterではロゴマーク中の細胞核が眼球として解釈されたことも手伝って[8]ロゴマークというよりもキャラクターとして扱われており、ユーザーに不気味な印象[4]や、むしろ可愛らしい印象[9]を与えるなど、ユーザーの間では大きく意見が割れることとなった。『寄生獣』のミギー[8]、『星のカービィ』のクラッコ[9]、神話生物[10]、『沙耶の唄』の肉妖、SCP財団のSCP-066[11]、映画『SF人喰いアメーバの恐怖[12]などになぞらえるユーザーが多発し、「コロシテくん」などのあだ名も付けられた[4]ミスタードーナツポン・デ・リングキャラメルコーン(パッケージ)になぞらえる声もあった[10]

擬人化絵をはじめイラストも発表から1日も経たないうちに数多く製作され、編み物やパンサラダなどのグッズや無料ゲームを製作するユーザーも見られた。この過程で「いのちの輝きくん」という名称が広まりを見せた[11][13][7]。日本国際博覧会協会がロゴマークの特許を出願し公式グッズも販売予定であることから非公式グッズの販売は認められていないものの、個人の範疇で楽しむことは容認されている[7]

著名人[編集]

政治家丸山穂高はロゴマークに対して生理的に気持ち悪いと述べ、嫌悪する言葉を並べた[5][14]。一方で大阪府知事吉村洋文は「噛めば噛むほど味が出る」「脳裏にへばりつくようなロゴ」と高評価し[15][16]茂木健一郎も賛否両論あることを踏まえた上で「生命の豊穣と強靭性を象徴するような印象」とコメントし絶賛した[5][17]若新雄純も人々を引き留める違和感が巧妙にデザインされていると評価した[18]

Twitterの大喜利で話題に上ったコンテンツも少なからずロゴマークに反応を示しており、ムックや『メイドインアビス』作者つくしあきひとなどが肯定的な反応を見せている[19][20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 大阪・関西万博ロゴ決定 赤い細胞に70年ロゴ取り入れ「いのちの輝き」表現」『毎日新聞』、2020年8月25日。2020年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c 万博ロゴ、奇抜さやユーモア決め手に 細胞の連なり表現」『朝日新聞』、2020年8月26日。2020年8月26日閲覧。
  3. ^ a b 大阪・関西万博ロゴマーク公募サイト”. 公益社団法人2025年日本国際博覧会協会. 2020年8月26日閲覧。
  4. ^ a b c 吉川大貴「大阪万博のロゴマーク、「ボスキャラみたい」とTwitterで話題に」『』ITmedia、2020年8月25日。2020年8月26日閲覧。
  5. ^ a b c 大阪万博ロゴマークに“キモい”“どうしてこうなった”の声も公式「受け入れて〜」”. 週刊女性PRIME (2020年8月26日). 2020年8月26日閲覧。
  6. ^ a b c 大阪万博ロゴ、最終候補5作品発表 8月下旬にも決定」『日本経済新聞』、2020年8月3日。2020年8月26日閲覧。
  7. ^ a b c つかみはOK、大阪万博ロゴ 賛否両論も…創作意欲かき立てる?」『産経新聞』、2020年8月29日。2020年8月30日閲覧。
  8. ^ a b 大阪・関西万博ロゴマーク決定で「寄生獣」が「似てる」とトレンド入り」『デイリースポーツ』、2020年8月25日。2020年8月26日閲覧。
  9. ^ a b 大阪・関西万博のロゴ決定に「気持ち悪い」「かわいい」と意見が割れる SNSでは「何に見えるか大喜利」も”. ねとらぼ (2020年8月25日). 2020年8月26日閲覧。
  10. ^ a b ポン・デ・リング?キャラメルコーン?2025年大阪・関西万博のロゴマーク発表でトレンド入り」『中日スポーツ』、2020年8月25日。2020年8月26日閲覧。
  11. ^ a b 万博のロゴマークが爆速でネットを席巻 グッズ製作、応援イラスト、擬人化など創作クラスタが大盛りあがり (1/3)”. ねとらぼ (2020年8月25日). 2020年8月26日閲覧。
  12. ^ 「シテ…コロシテ……」大阪万博ロゴマークが「いのちの輝き」をテーマにした名状し難きデザインで大人気に、ファンアートも多数登場”. ニコニコニュース. BUZZAP! (2020年8月25日). 2020年8月28日閲覧。
  13. ^ 万博ロゴマークがたった1日で続々とゲーム化 「いのちの輝きくん」が踊ったり跳ねたり弾んだり (1/2)”. ねとらぼ (2020年8月26日). 2020年8月26日閲覧。
  14. ^ 丸山穂高氏が万博公式ロゴマークに大ボヤキ「なんでこれやねん?」」『東京スポーツ』、2020年8月25日。2020年8月26日閲覧。
  15. ^ 吉村知事 イジり倒される万博ロゴ「個性も姿形も違う細胞(人や命)同士が…」」『デイリースポーツ』、2020年8月26日。2020年8月26日閲覧。
  16. ^ 吉村知事、万博の独創的ロゴに「一生忘れられない」」『日刊スポーツ』、2020年8月26日。2020年8月26日閲覧。
  17. ^ 茂木健一郎氏、賛否両論の大阪万博ロゴマークを絶賛「なによりも強烈。さすが大阪! 半端ない!」」『スポーツ報知』、2020年8月26日。2020年8月26日閲覧。
  18. ^ “「なんかこわい」大阪万博ロゴマークに賛否両論 若新雄純氏「違和感が上手にデザインされている」”. Ameba Times. (2020年8月29日). https://times.abema.tv/articles/-/8621877 2020年8月30日閲覧。 
  19. ^ @mukkuofficial (2020年8月26日). "わわわ!このロゴを見た時に「あれっ?わたくしかな?」かと思いました!これは必ず大阪・関西万博に行かないと行けませんぞ〜" (ツイート). Twitterより2020年8月30日閲覧
  20. ^ @tukushiA (2020年8月25日). "メイドインアビスでエゴサすると大阪万博のロゴ発表のニュース出てくるの何。それはともかく可愛くてインパクトあって素晴らしいロゴマークですね。" (ツイート). Twitterより2020年8月30日閲覧

外部リンク[編集]