℃-ute武道館コンサート 2013『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
℃-ute武道館コンサート 2013
『Queen of J-POP
〜たどり着いた女戦士〜』
℃-uteライブ・ビデオ
リリース
録音 2013年9月10日
日本武道館
ジャンル J-POP
時間
レーベル zetima
プロデュース つんく♂
チャート最高順位
ウィークリー15位(オリコン
℃-ute 年表
℃-uteコンサートツアー 2013春 〜トレジャーボックス〜
(2013年)
℃-ute武道館コンサート 2013『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』
(2013年)
ナルチカ 2013秋 ℃-ute×スマイレージ
(2014年)
テンプレートを表示

℃-ute武道館コンサート 2013『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』』(キュートぶどうかんコンサート 2013『くいーのぶじぇいぽっぷ〜たどりついたおんなせんし〜』 )は、2013年9月9日9月10日に行われた℃-uteのコンサート。映像ソフトはDVD版[1]・Blu-ray版[2]共に2013年12月18日に発売された。発売元はzetima

出演[編集]

概要[編集]

会場の日本武道館
  • 2013年4月3日に池袋・サンシャインシティ噴水広場で行われたニューシングル『Crazy 完全な大人』発売記念ミニライブの途中、プロデューサー・つんく♂の音声により、この年の℃-uteの日となる9月10日に、℃-uteにとって単独公演200公演目の節目となる日本武道館公演を行うことと、7月5日に初の海外公演となるパリ公演を行うことがサプライズ発表された[3]。この公演はハロー!プロジェクトでは史上初めてのモーニング娘。以外のグループによる単独武道館公演となった[注釈 1]。その後ファンクラブ先行受付が好調なことを受け、春ツアー最終日の6月29日、武道館公演前日の9月9日に追加公演を行うことを発表した。その結果、単独公演200公演目と武道館初単独コンサートが一日前倒しになり、℃-uteの日とこれら節目の日がズレてしまった。
  • 武道館公演の直後から、概ね本公演の内容に基づいたコンサートツアー「℃-uteコンサートツアー 2013秋『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』」を7都市18公演行った。

日程[編集]

9月9日・10日は夜公演のみ、他は全会場1日2公演。

℃-ute武道館コンサート 2013『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』

℃-uteコンサートツアー 2013秋『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』

追加公演

DVD/Blu-ray[編集]

℃-ute武道館コンサート2013『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』』(2013年12月18日)[1][2]

  1. OPENING
  2. Kiss me 愛してる
  3. ★憧れ My STAR★(メンバー紹介)
  4. MC1
  5. 都会の一人暮らし
  6. MC2
  7. ベーグルにハム&チーズ
  8. 私が本気を出す夜[注釈 2]
  9. 夏DOKI リップスティック(歌:矢島舞美・中島早貴・萩原舞)
  10. 悲しきヘブン(歌:鈴木愛理・岡井千聖→後半残り3人もバックダンサーとして加わる)
  11. MC3
  12. 世界一HAPPYな女の子
  13. Crazy 完全な大人
  14. 悲しき雨降り
  15. MC4(ハロプロ研修生自己紹介)
  16. めぐる恋の季節[注釈 3](歌:田辺奈菜美・吉橋くるみ・小川麗奈・室田瑞希・佐々木莉佳子)
  17. One's LIFE僕らの輝き[注釈 4]
  18. たどり着いた女戦士
  19. MC5(森高サプライズで登場)
  20. この街[注釈 5](歌:森高千里 with ℃-ute)[注釈 6][注釈 7]
  21. まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)
  22. 都会っ子 純情(2012神聖なるVer.)
  23. Danceでバコーン!
  24. MC6
  25. 浴びる程の愛をください[注釈 8]
  26. アダムとイブのジレンマ[注釈 9]
  27. これ以上 嫌われたくないの
  28. MC7
  29. ザ☆トレジャーボックス
  30. SHINES[注釈 10]
  31. ENCORE:わっきゃない(Z)[注釈 11]
  32. ENCORE:MC8
  33. ENCORE:超WONDERFUL!
  34. ENCORE:JUMP ~ ENDING
特典映像
武道館公演バックステージ映像
  1. 9月9日
  2. 9月10日

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ ただし松浦亜弥は日本武道館以上のキャパシティがある代々木第一体育館でソロコンサートを行ったことがある。
  2. ^ 日曜日は大好きよと回替わり
  3. ^ Yes! しあわせと回替わり
  4. ^ One's LIFEはアカペラ・ボイスパーカッション版、僕らの輝きはアコースティックアレンジ版
  5. ^ 9月9日は℃-uteがこの街を歌った後のMCでBerryz工房が登場、以後超HAPPY SONG(ベリキュー)→かっちょいい歌(ベリキュー)→もっとずっと一緒に居たかった(Berryz工房)
  6. ^ 9月10日はこの後森高がソロでを歌っているがDVDではカットされている
  7. ^ 9月15日以降は会いたい 会いたい 会いたいな。マスクとフードをかぶった5人(研修生)と℃-uteメンバーが舞台上で入れ替わったり、ステージ上で℃-uteメンバーが早着替えなどのパフォーマンスを披露する。
  8. ^ 涙も出ない 悲しくもない なんにもしたくないと回替わり
  9. ^ 10月6日以降は愛ってもっと斬新に変更
  10. ^ 11月4日のみアンコール明けでかっちょいい歌
  11. ^ キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜と回替わり
出典

外部リンク[編集]