PCエンジンGT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
PCエンジンGT/TurboExpress
PC Engine GT.jpg
TurboExpress-Front.png
PCエンジンGT(上)、TurboExpress(下)
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 携帯型ゲーム機
発売日 日本の旗 1990年12月1日
アメリカ合衆国の旗 1992年
CPU MOS 65C02
GPU HuC62
対応メディア HuCARD
対応ストレージ 使用不可
コントローラ入力 内蔵
外部接続 通信端子
互換ハード PCエンジン
次世代ハードウェア PC-FX
テンプレートを表示

PCエンジンGT(ピーシーエンジン ジーティー)とは、1990年12月1日日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売された携帯型ゲーム機PCエンジンの一種である。当時のメーカー希望小売価格は44,800円。「GT」は「Game and TV」の略称である[1]

欧米市場ではTurboExpress(ターボエクスプレス)の商品名で発売された。

概要[編集]

世界初となる据え置き型ゲーム機との互換性がある携帯型ゲーム機で[2]PCエンジンスーパーグラフィックスを除くPCエンジン用の全てのHuCARDタイトルがほぼそのまま遊べる。発売当時、市場で先行していた任天堂ゲームボーイに対抗して発売。

発売時から一貫してカラー液晶で据え置き型ゲーム機との互換性があり、別売りのTVチューナーを装着することで液晶テレビとしても使用できることを大きくアピールしており、発売当時のテレビコマーシャルには、大竹まことを起用し「GTならテレビも見られるしね」を謳い文句にしていた。

コントローラーには連射機能付き。通信端子が設けられ、対応ソフトであれば専用ケーブルでGT同士をつなぐとゲームボーイのように対戦ゲームが楽しめる。本体に拡張バスが無く、CD-ROM2等のPCエンジン用各種周辺機器は接続不可。

同時期のカラー液晶を搭載した携帯型ゲーム機であるゲームギアSTN液晶と比べて高品質TFT液晶を採用しており、表示は美麗ながら価格が倍以上と高価であった。また、消費電力の多いバックライトが必須だったため、市販の乾電池ではバッテリーの持ちが悪く、連続稼働時間はアルカリ乾電池6本で約3時間程度だった。ゲームによってはRPGパスワードが読み辛いものもあった。

本体仕様[編集]

以下の仕様は、PCエンジンGT(PI-TG6)のもの。

  • 外径
    • 縦185mm×横108mm×厚さ46.8mm
  • 重量
    • 本体のみ約410g(電池含み約550g)
  • 表示部
    • 2.6型 アクティブマトリクス駆動方式 カラー液晶画面(バックライト付き74,256画素)
  • 音声出力
    • スピーカ:丸型(直径28mm)ダイナミックスピーカ
    • ヘッドホン端子:直径3.5mmステレオミニジャック
  • 使用電源
    • 単三乾電池×6(DC9V)
  • 消費電力
    • 4.6W
  • 使用環境
    • 温度5-35度 湿度20-80%
  • 保存環境
    • 温度-10-55度
  • 付属品
    • 単三マンガン乾電池×6/ハンドストラップ/取扱説明書一式

周辺機器[編集]

NECホームエレクトロニクス純正[編集]

型番 名称 発売日 備考
PI-AD11 TVチューナー 1990年12月1日 PCエンジンGT専用のTVチューナー。
PI-AD12 GTカーアダプタ 車用のACアダプタ。
LC-AV1 GTAVケーブル GTチューナーへ接続する。
LC-RF1 エキストラアンテナコネクタ GTチューナーへ接続する。
PAD-121 GTACアダプタ PCエンジンGT用のACアダプタ。
PI-AN4 コムケーブル 1990年12月7日 通信ケーブル。対応ソフトはわずか6本[3]

他社発売[編集]

以下二点は樫木総業からの発売

  • パワーパック PK-001(6,900円) PCエンジンGT用の充電式バッテリー。単二型ニッカド電池6本使用。
    非公式だが、マルチキットとの併用で通常のコアマシンでも使用出来る[4]
  • マルチキット PI-01P(980円) パワーパック用の変換プラグ。ゲームボーイ用A-KIT、ゲームギア用B-KITのセット。

動作に支障があるカード[編集]

ゲームタイトル
使用不可
  • スーパーグラフィックス専用カード
  • システムカード
  • スーパーシステムカード
  • アーケードカード

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]