NBAエリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NBAライブ(NBA Live)はEAスポーツから発売されているバスケットボールゲームシリーズの名称である。

歴史[編集]

EAにおけるNBAのゲームソフトは1990年のNBAプレーオフシリーズからであった。その後1995年からNBAライブシリーズがスタート。2010年から現在の名称となった。例年開幕前の10月に発売されている。2010年の発売中止以降、2013年に4年ぶりに新作が発売さえることが決定した[1][2][3]。ライバルとしてはNBA 2Kである。

シリーズ[編集]

NBA Playoffs[編集]

  • 1990年:Lakers versus Celtics
  • 1991年:Bulls versus Lakers
  • 1992年:Team USA Basketball
  • 1993年:Bulls versus Blazers
  • 1994年:NBA Showdown 94

NBA ライブ[編集]

  • 1994年:NBA ライブ 95
  • 1995年:NBA ライブ 96
  • 1996年:NBA ライブ 97
  • 1997年:NBA ライブ 98
  • 1998年:NBA ライブ 99
  • 1999年:NBA ライブ 2000
  • 2000年:NBA ライブ 2001
  • 2001年:NBA ライブ 2002
    • カバープレイヤーはマイケル・ジョーダン。ジョーダンがプレー出来る唯一のNBA公認ゲームである。選手のカスタマイズなども行える。1950~1990年代のオールスター選手も実名で登場。
  • 2002年:NBA ライブ 2003
  • 2003年:NBA ライブ 2004
  • 2004年:NBA ライブ 2005
  • 2005年:NBA ライブ 06
    • カバープレイヤーは田臥勇太ドウェイン・ウェイド。フリースタイルスーパースターと呼ばれるシステムを導入。プレイメーカー、シャープシューター、スコアラー、ハイフライヤー、パワー、ストッパーのタイプに応じたスーパープレーを使用できる。
  • 2006年:NBA ライブ 07
    • カバープレイヤーはトレーシー・マグレディ。フリースタイルスーパースターが細分化され、試合中の切替も可能になった。フリースタイルスーパースターの種類はプレイメーカー、シューター、アウトサイドスコアラー、インサイドスコアラー、ハイフライヤー、パワー、アウトサイドストッパー、インサイドストッパーの8種類。また、フリースタイルスーパースターを持たない選手もX-FACTORにより一時的にフリースタイルスーパースターになることができる。
  • 2007年:NBA ライブ 08
    • カバープレイヤーはギルバート・アリーナス。フリースタイルスーパースターを廃止。能力や状況に応じて自動的にスーパープレーが発動されるようになった。また、選手ごとにシュートのエリア別の得意不得意が設定された。FIBAバスケットボール世界選手権モードを新たに搭載した。
  • 2008年:NBA ライブ 09
  • 2009年:NBA ライブ 10
  • 2010年:NBA エリート 11
  • 2013年:NBA ライブ 14

脚注[編集]

外部リンク[編集]