54-71

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
54-71
基本情報
学歴 慶應義塾大学
出身地 日本の旗 日本
ジャンル スカコア
ヒップホップ
アバンギャルド
活動期間 1995年 -
レーベル contrarede
共同作業者 Kool Keith
公式サイト Official Website
メンバー
佐藤慎吾
川口賢太郎
堀川裕之
高田拓哉
旧メンバー
高田憲明

54-71ごじゅうよんななじゅういち)は、日本バンド1995年結成。名前は、メンバーの家族の車のナンバーに由来するヒップホップロックオルタナジャズなど様々なジャンルの音楽を好み、それらをあわせ持った独特の雰囲気を持っている。本人たち曰く、「ジャンルはスカ・コア(スカスカなハードコア)」とのこと。歌詞のほとんどが英詞である。

メンバー[編集]

  • Bingo (本名:佐藤慎吾)
    • ボーカル担当。
    • 2005~06年頃の3人編成時には、キーボードを担当。
  • Leader (本名:川口賢太郎)
    • ベース担当。
  • Bobo (本名:堀川裕之)
  • Sniper (本名:高田拓哉)
    • ギター担当。
    • 2007年加入。

元メンバー[編集]

  • Scum Grinder (本名:高田憲明)
    • ギター担当。
    • 2004年脱退。

来歴[編集]

1995年慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスに在学していたベースの川口賢太郎、ヴォーカルの佐藤慎吾らを中心に結成される。

1997年にリリースしたファーストアルバム『54-71』はすぐに絶版(これは堀川加入以前で川口がドラムを担当しており、ベースは別のメンバーであった)。ライヴ活動を通じて人気が高まった後、2000年に2枚目となる新録アルバム『54-71』と3枚目のアルバム『Untitled』を立て続けにリリースした。当時ナンバーガール(現ZAZEN BOYS)の向井秀徳に「今もっとも対バンしたいアーティスト」と評された。

2002年BMGファンハウスからメジャーデビューアルバムとなる『enClorox』がリリース。

2004年にベストアルバム『ALL SONGS COMPOSED&PERFORMED BY 54-71』をリリース後、ギターの高田憲明が脱退。しばらく佐藤をキーボードとして3人編成のインストバンドとして活動する。

2007年高田拓哉がギタリストとして加入。シカゴにてスティーヴ・アルビニのもとで新作『I'm not fine,thank you.And you?』をレコーディング。自身を中心とするレーベル「contrarede」を設立し、2008年にリリースした。

2012年12月に放送された「FNS歌謡祭」に雅-miyavi-のサポートでドラムの堀川(以下、BOBO)が出演した際に、その風貌がお笑いコンビ笑い飯西田幸治に似ているとtwitterなどで話題となる。これを受け雅-miyavi-の楽曲『Ahead Of The Light』のプロモーションビデオでは、BOBOと西田が途中で入れ替わるというヴァージョンが制作され、共演が実現した[1]

2013年現在、実質的に活動休止中である。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  1. 54-71(1997年)※bobo加入前の作品
    • come together/them all/G.R.E/toragedy/great mongplian says/lament/rejoice/life/ocanamlana/autumn weed
  2. 54-71(2000年02月24日)
    • ceiling/lights/life/void/snow/hero you kill/gasoline /clap
  3. Untitled(2000年11月30日)
    • professor/homo/coffee rider/luminous aluminum/pygmucho/B.B.C./hot pants/marvin/reveal
  4. Reprise(2001年06月30日)
    • illmatic vigor/beyo~nd/mur mur/handa's paw/hardgaye season/69 my pheromone up/sensual bean
  5. enClorox(2002年07月24日)
    • music box (reprise)/humpty empty mellow blues/swamp disco/doors/don black cock/riceball blues/what color/fire fever/life/lonesome moldboy/music box
  6. true men of non-doing(2003年07月23日)
    • emolition man/napolitan/idiot/marlama/sunday morning/tea for two/true man non-doing/garaxy/november/i'm in love
  7. I'm not fine,thank you.And you?(2008年09月19日)
    • ugly pray/idiot (awake of the Noex)/cosmetic overkiller/cracked/ceiling (detuned)/that's away/bloomin' idigod/life is octopus

シングル[編集]

  1. 54-71 free cd(2000年)※500枚限定、フリー配布
    • in the corner/reveal/rice ball blues/gnossiennes
  2. 54-71 EP(2005年)※3人編成のインストゥルメンタル作品
    • #7/wrong/plick/dncwthm

その他アルバム[編集]

  • ALL SONGS COMPOSED&PERFORMED BY 54-71(2004年06月06日) ※再録ベストアルバム
    • beyo~nd/ceiling/don black cock/doors/garaxy/hot pants/humpty empty mellow blues/idiot/in the corner/life/luminous aluminium/lonesome moldboy/professor/pygmucho/69 my pheromone up/snow/what color
  • KOOL KEITH & 54-71『IDEA OF A MASTER PIECE KOOL KEITH』(2009年6月17日) ※コラボレーションアルバム、boboは多忙のため不参加
    • HOW LONG CAN U FRONT/EXTRA CHEESE/EXTREME WORKOUT/MAJOR SUPPROT/NUMBER 1 DRAFT PICK/YOU WON’T SURFACE/POSITION/OPEN SESAME/THE KING IS HERE/CUT EM OUT THE PICTURE

オムニバス[編集]

  • unchained compilation(1998年)日米混合オムニバス - 「temptation」「the 6th」で参加
  • LEE V CLEEF SAMPLER Vol.1(ANALOG)(1999年) - 「in the fifth corner」で参加
  • SPEAK JAPANESE OR xxx(2000年11月27日) - 「pussy whipped」で参加
  • NO-INDIES NO-MAJOR(2001年03月10日) - 「gnossiennes」で参加
  • けものがれ、俺らの猿と(2001年05月30日) - 「B.B.C.」で参加
  • N(2001年11月20日)HMV限定 - 「iron joyful」で参加
  • 極東最前線2(2008年7月23日)※eastern youth主催のコンピレーション - 「wrong again」で参加

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ 雅-MIYAVI-×BOBO×笑い飯・西田がPVで奇跡の共演

外部リンク[編集]

記事/インタビュー[編集]