飯田馬之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飯田 馬之介(いいだ うまのすけ、本名:飯田 勉(いいだ つとむ)、1961年4月30日 - 2010年11月26日)は日本のアニメーション監督演出家プロデューサー脚本家漫画家北海道浦河町出身。北海道浦河高等学校卒。日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。旧名は飯田 つとむ

経歴[編集]

「飯田つとむ」名義で活動していた当時、同じOH!プロダクションに在籍していた川崎博嗣に「『1・2の三四郎』の馬之介」に似ている事から「馬之介」と呼ばれていた。その後、小松原一男にその名前を気に入られ、『風の谷のナウシカ』の時に初めて「飯田馬之介」を名乗るようになった。のちにGONZOを拠点に活動していた。逸話として『天空の城ラピュタ』の劇中に登場するラピュタの心臓部の設定は監督の宮崎駿と馬之介が共同で考え出したものである。

2010年11月26日、肺がんのため東京都清瀬市の病院で死去。49歳没[1]

生前に監督として制作を準備するも死去により未完に終わったアニメ『トワノクオン』は、もりたけしが"協力監督"という役職で引き継いた。

主な参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

アニメ映画[編集]

ゲーム[編集]

コミック[編集]

その他[編集]

  • 白い象1981年、撮影助手)
  • 東京都PRアニメーション「リフレイン」(原案、脚本、絵コンテ、監督)

脚注[編集]

  1. ^ 飯田馬之介氏死去 アニメーション作家 - 47NEWS(よんななニュース)
  2. ^ トワノクオン 公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]