追想 (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
追想
Anastasia
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 アーサー・ローレンツ
製作 バディ・アドラー
出演者 ユル・ブリンナー
イングリッド・バーグマン
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ジャック・ヒルデヤード
編集 バート・ベイツ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月13日
日本の旗 1957年4月2日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
テンプレートを表示

追想』(ついそう、原題: Anastasia)は1956年に制作されたアメリカ映画ロシアの皇女アナスタシアが存命するという巷間の伝説を元にした映画マルセル・モーレットによる戯曲の映画化。

イングリッド・バーグマンが2度目のアカデミー主演女優賞を受賞した。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
パヴロヴィッチ・ボーニン ユル・ブリンナー 小林修
アンナ・コレフ/アナスタシア イングリッド・バーグマン 水城蘭子
皇太后 ヘレン・ヘイズ 井上千枝子
ポール王子 イヴァン・デニ 北原隆

ストーリー[編集]

ロシアの元将軍ボーニン(ユル・ブリンナー)は、ロマノフ家の遺産に目をつける。ボーニンは、街で拾った記憶喪失の女性アンナ(イングリッド・バーグマン)を生死不明のアナスタシア皇女に仕立てて遺産を手に入れようと、彼女に各種レッスンを施して「本物」らしく仕立て、ついに皇太后(ヘレン・ヘイズ)との『涙の対面』にまで漕ぎつける。

しかし、ボーニンの彼女への想いも「本物」になってしまうという誤算が生じる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]