追想 (1956年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
追想
Anastasia
監督 アナトール・リトヴァク
脚本 アーサー・ローレンツ
製作 バディ・アドラー
出演者 ユル・ブリンナー
イングリッド・バーグマン
ヘレン・ヘイズ
音楽 アルフレッド・ニューマン
撮影 ジャック・ヒルデヤード
編集 バート・ベイツ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1956年12月13日
日本の旗 1957年4月2日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $3,520,000[1]
興行収入 $5,000,000[2]
テンプレートを表示

追想』(ついそう、原題: Anastasia)は1956年に制作されたアメリカ合衆国の映画ロシア帝国アナスタシア皇女が存命するという巷間の伝説を元にした映画。 マルセル・モーレットによる戯曲の映画化。両大戦間のフランスが舞台。

イングリッド・バーグマンがこの作品で2度目のアカデミー主演女優賞を受賞した。1997年にストーリー構成がいくつか類似したアニメ映画アナスタシア』が公開された。

ストーリー[編集]

10代の若き皇女アナスタシア皇女含めてロシア皇帝ニコライ2世の一家が十月革命の後にボリシェヴィキによって殺害されたと推測されてから10年が経過した。ロシア帝国の元将軍ボーニンはニコライ2世が4人の娘のためにイングランド銀行に預金した1000万ポンドロマノフ家の遺産に目をつける。ボーニンは街で拾った記憶喪失の女性アンナ・ニコルを生存が噂されるアナスタシア皇女に仕立てて遺産を手に入れようと、彼女に各種レッスンを施して「本物」らしく仕立てる。

ついにデンマークで甥のポール王子と余生を過ごす皇太后との「涙の対面」にまで漕ぎつける。ふとした妙な咳から皇太后は彼女が本物のアナスタシアであることに気付く。資産目当てでボーニンに協力するポール王子とアンナの数週間後の婚約発表も決まったが、ボーニンのアンナへの想いも「本物」になってしまい、二人が愛し合うという誤算が生じる。そして婚約発表当日。披露の場にボーニンとアンナの姿は無かった。孫娘が行方不明になった理由を説明する必要に迫られた皇太后は「芝居は終わった」と高らかに宣言した。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Aubrey Solomon (英語). Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History (The Scarecrow Filmmakers Series). Lanham, Maryland: Scarecrow Press. p. 248. ISBN 978-0-8108-4244-1. 
  2. ^ (英語) The Top Box Office Hits of 1953. Variety. p. 34. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]