西谷祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西谷 祥子(にしたに よしこ、1943年10月2日 - 、本名:山田 祥子)は、日本漫画家。少女マンガ史におけるエポック的重要存在の一人。高知県高知市生まれ。高卒後、長期の漫画家の後で中央大学法学部法律学科卒業[1]

概要[編集]

学園漫画の開拓者と見られ、また自認もしている。恋愛要素の強い学園ものの始まりともいわれるが、学園を場とする同世代群像を持ち込んだことも大きな特徴である。 少女漫画が週刊誌化によって1960年代後半に急発展した時期、その初期の集英社少女漫画雑誌を人気の点で支えた代表作家の一人であり、それを最も長く連続した人物でもあって、当時を振り返って学園ラブコメの代名詞的存在として語られる。

他にも作風は広く、少女趣味的ファンタジーから男性作家の書くかのような大河ロマン、SFから深い心理の問題作までを高いレベルで発表している。とくに月刊誌の読み切り作品は文学的とも言えるほど対象年齢が高く、当時としては野心的なテーマも多く、彼女の代表作にむしろ短編を上げる人もいるが、単行本未収録のものが多い。

萩尾望都は少女マンガ誌で自己表現を行った初めの人物と評している[2]。 作風は一般に青春群像的な傾向が強く(とくに前期長編作品)、作者は登場人物達は自分の分身であるといい、主人公は狂言回しであるともいう[3]。またセリフその他に文学趣味を感じる読者も多く、とくに繊細で重い代表的な読み切りにその傾向がある。構成力の高さで多様な形式を描き分けている。

作者の人気作家時代の回想として、週刊誌で人気を取って読み切りで好きなものを描いた[4]、という。また初期の彼女は、「石森章太郎(石ノ森章太郎)と水野英子の間にかってに生まれた私製児 (≠私生児)」と自分を位置付けていたという。

当時を知る人の細かい感想として、たとえばデビュー当時(1965年の白鳥の歌)、マンガ家になる前のみなもと太郎が見て、その色気を含む描線[5]が新鮮だったという。また瞳の中に窓の反射のような光を入れる描き方を他の漫画家達が利用していたという。[6]

彼女の作品と作風が少女漫画の最先端の一つであった時期は、1960年代後半から1970年代の始まり頃である

来歴[編集]

父、母、兄2人の5人家族で、末っ子の女の子として可愛がられて育つ。父と長兄は絵が上手であったことと、手塚治虫山川惣治小松崎茂などが寄稿していた当時の少年雑誌が家にあったことにより、様々な影響を受けながら子供時代を送った。小学校高学年の時に『赤毛のアン』に出会い、主人公アンの自力で夢の達成を目指す勇気に感銘を受ける。この経験がなければ、後の作品制作において少年文化志向の感覚を持ったまま中性的な少女を描いていたかも知れないと語っている。また、そんな頃に貸本屋でトキワ荘の面々による漫画にも出会い、とりわけ石ノ森章太郎水野英子の作品を好んだ。[7]

中学3年生の時に手塚治虫に4コマ漫画を送り、作品を見てあげるとの返事を得る。そしてその頃トキワ荘のメンバーによる短篇貸本誌『えくぼ』の内容に抗議の手紙を送ったことから、石ノ森章太郎が中心となって活動している「東日本漫画研究会」の女子部に誘われ、初代リーダー[1]として肉筆回覧誌『墨汁二滴[8]の編集や会員との連絡などを取り仕切った。そして、『墨汁二滴』を見た『少女クラブ』より原稿の依頼を受けることとなる。[7]

高校在学中の1961年、『墨汁二滴』に掲載していた『ふたごの天使』が講談社の『少女クラブ』夏の増刊号に掲載されデビューし、そのまま連載となる。高校卒業後、漫画で生計を立てられない場合を考えて1年間かけて母親の店で美容師の免許を取得してから上京[9]

1965年に活動の場を講談社から集英社の『週刊マーガレット』に移し、水野英子の『白いトロイカ』のアシスタントをしながら『リンゴの並木道』を執筆し、好評を博する[7][10]。水野の作品に登場する青年男女の世界に新鮮さを感じていたが、『リンゴの並木道』の読者の若さを考え、主人公の年齢を下げて『マリイ・ルウ』を執筆。再び好評を得たことを受け、自身の学園生活や知人友人をモデルとした『レモンとサクランボ』を発表、大ヒットとなる。[7]

以後最盛期を迎え、週刊誌で2本の作品を連載してそれをヒットさせ、月刊誌で自分の好きな作品を描くという状態が続いた。月300枚以上の執筆をこなし、多忙を極めると1か月は風呂にも入れなかった。[9]1980年代初めまでの長期間にわたって同誌のレギュラー作家として活動。他に『週刊セブンティーン』『ぶ〜け』(以上集英社)、『花とゆめ』『LaLa』(以上白泉社)などでも執筆を行った。

その後、大学を卒業し結婚して専業主婦となる[1]。現在(1988年)漫画の執筆活動を行っていない理由は、世の中が求めているものがわからないためであるという[9]。その後(2001年)、HPによる作品発表を計画したが頓挫している。 [11]

2003年 9月に三鷹市美術ギャラリーで「山田祥子展 このごろの私」を開催。マンガならぬ絵画作品を展示公開した。

エピソード[編集]

  • 最も多忙な頃は税金に対する知識がなかったため、ある日訪れた税務署の職員に500万円の追徴金を納めるよう告げられ、大変慌てる事態となった。当時の物価にして家が一軒買える金額であったという[9]
  • 竹宮惠子が漫画家になる後押しをした人物でもある。『墨汁二滴』の活動を通して西谷を知っていたデビュー前の竹宮惠子に、西谷は漫画賞に応募することを手紙で促し、竹宮は投稿しデビューすることとなった[12]
  • アシスタントの中には、西谷のファンであったデビュー前の岡田史子がいた[13]
  • 集英社から刊行されている単行本レーベルマーガレットコミックス」の最初のタイトルのひとつは、西谷の作品『マリィ・ルウ』 (MC 1) であった(1968年1月5日初版発行、発売は1967年12月)。

主要作品[編集]

かっこ内の単行本レーベルは最初に刊行されたものを記している。後に別のレーベルから刊行された作品もある。掲載号は表題作についてのみ明記。

  • マリィ・ルウ(マーガレットコミックス、集英社、全1巻)
    • 週刊マーガレット1965年44号 - 1966年1号掲載。
欧米ハイスクールものラブコメディ。当時そのファッション性にも注目が集まった。
  • レモンとサクランボ(マーガレットコミックス、全1巻)
    • 週刊マーガレット1966年21号 - 41号掲載。
学園もの分野を拓いたといえる作品。日本の高校が舞台。
  • ジェシカの世界(サンコミックス、朝日ソノラマ、全1巻)
    • 週刊マーガレット1967年4号 - 14号掲載。
詩情ある異色傑作で、どこかに違和感のあるミステリアスな雰囲気と展開によって、自分の心の世界をもった少女の繊細な心理を描いた。視線者はそばにいる青少年。'50~'60年代のイギリスが舞台。連載ながら読み切りや映画のように高くまとまった構成である。
この一作で作者は地位を不動にした、と評された[14]りもした。
ずっと後に作者は、田舎から一人で上京した頃の自分の反映であり自分を癒すために描いたといい、今なら最後の結末を別のものにしたと語っている。[15]
  • ギャングとお嬢さん (マーガレットコミックス、全1巻)
    • 週刊マーガレット1967年32号 - 42号掲載。サスペンス娯楽作。
  • 学生たちの道(サンコミックス、全2巻)
    • 週刊マーガレット1967年46号 - 53号、1968年1号 - 19号掲載。
スイスの学校(高校から大学程度)に留学した青年(高校生程度)を主人公とした、高みや純粋さを尊ぶ要素の強い若者群像劇。貴族制があり、高度な学校はほぼすべて男子校であった時代。
  • 花びら日記(セブンティーン・コミックス、集英社、全3巻。3巻とも1972年発行)
    • 週刊セブンティーン1968年1号より掲載。
代表作の筆頭。
冒頭でヒロインが読者に向かって文通しようと手紙を書いていて、ドラマと日記と書簡体小説を合わせたような形式で始まる、高校群像マンガ。日記という名目を最大に活用し、扱う題材が広く情報量が多い。
主人公が周囲の世界を見つめて成長していく作品で、ときおり吹き出し以外の場所に主人公の感想がモノローグで書かれるが、それは読者への手紙の文体でもある。ドラマ的な形の他に絵物語とも作者自身の随筆(=日記)とも読める形になっていて、ストーリー漫画としてはユニークな、きわめて自由な形式の作品である。(参照 第四の壁) 
作品と連載の進行につれて、ドラマ的以外の形式性は見えにくくなっていく。
  • 奈々子の青春(-続・花びら日記-。花びら日記を連載中に途中改題して継続)(セブンティーン・コミックス、全2巻。2巻とも1972年発行)
    • 週刊セブンティーン1969年9号 - 30号掲載。
  • こんにちはスザンヌ(マーガレットコミックス、全3巻)
    • 週刊マーガレット1971年1号 - 47号掲載。
  • 麦笛の聞こえる町(ポケットコミックス、スタジオシップ、全3巻)
    • 週刊セブンティーン1972年43号より掲載。
  • すみれ咲け咲け(ポケットコミックス、全4巻)
    • 週刊少女コミック1975年26号より掲載。
  • とうきび畑で花とゆめコミックス、白泉社、全1巻)
    • LaLa1976年9月号掲載。
  • 気がちがい荘の住人達(花とゆめコミックス、全1巻)
    • 花とゆめ1977年4号掲載。
  • 幸福ゆきかしら?(マーガレットコミックス、全3巻)
    • 週刊マーガレット1977年33号 - 52号掲載。
  • 手紙をください!(マーガレットコミックス、全6巻)
    • 週刊マーガレット1978年14号 - 1979年17号掲載。
  • 愛がありますか?(マーガレットコミックス、全4巻)
    • 週刊マーガレット1980年15号 - 52号掲載。
  • 高円寺あたり(集英社漫画文庫、全2巻)
    • ぶ〜け1980年5月号 - 1981年4月号掲載。
  • HEY☆坊や(マーガレットコミックス、全3巻)
    • 週刊マーガレット1981年25号 - 52号掲載。

主要読み切り作品

  • 飛んでいく雲 
    • 別冊セブンティーン1971年2、3月号
主人公は男子の大河的作品。源氏本家の嫡流にまつわる秘話。源平合戦の時期、その両者にはさまった位置に属した若者達の二世代にわたって描き、転変が多く一種の無常観的にまとめられる。現代漫画から見ればダイジェスト的なストーリー中心の描写で、俯瞰的である。
一気に月刊誌2回で計200頁という、総集編以外ではほぼ空前絶後な形で発表された。この数年後の作者のコメントでは、最も好きな作品だという。
  • わが魂の清ければ 
    • 別冊セブンティーン1971年夏。
時代の中での生き方を描いた、まとまりと凝縮感が強い101ページ作品。太平洋戦争の直前から末期にかけて、その時代の中に生きた青年達を、男子高校生(当時は中等学校と呼ぶ)を中心点に置いて見つめた。時代の強制的な流れを人物の多くが強く見つめつつ生き方をさぐっている。描かれるのは主に対米国戦争への国内状況であり、これは当時の日本の太平洋戦争観に準じている。
おそらく少女漫画(の雑誌での数十頁以上の長編)では、初めて描かれた本格戦時もので、それまでになかった程度の重厚な雰囲気の作品(幻想味のあるファイヤー!を別として)であり、また少女漫画では初めて精密な重さのあるメカを描いた(男性アシスタントによる)といわれる。
この作品によって作者は父から作家として認めてもらったという。[16]

他、連載読み切り多数 (短編の主要作品は特定できなかったためリスト外。外部リンクのリストを参照されたい。) 、

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 横山隆一記念まんが館|高知出身の漫画家|西谷祥子参考。
  2. ^ 雑誌COM '71年少女マンガ特集号
  3. ^ かおるさんのSF大会レポート (010819) 西谷祥子先生に聞く
  4. ^ かおるさんのSF大会レポート (010819) 西谷祥子先生に聞く
  5. ^ 「お楽しみはこれもなのじゃ」(著者 みなもと太郎)
  6. ^ [1]
  7. ^ a b c d 『少女マンガの世界Ⅱ』32頁「時代の中央線を歩け」(西谷祥子)参考。
  8. ^ 『墨汁二滴』は、石ノ森章太郎が立ち上げた東日本漫画研究会の肉筆回覧同人誌『墨汁一滴』に由来する。
  9. ^ a b c d 『少女マンガ大全集―短編にみる魅惑のミクロコスモス』754頁参考。
  10. ^ 西谷祥子傑作選3『レモンとサクランボ』(白泉社文庫)288頁 イラスト付きコラム「コーヒー・タイム2」参考。
  11. ^ かおるさんのSF大会レポート (010819) 西谷祥子先生に聞く
  12. ^ 石ノ森章太郎萬画大全集 動画インタビュー 竹宮惠子参考。
  13. ^ 「永島先生と西谷先生のところで、おもしろ半分、あそび半分でベタぬりをさせてもらったことがあります。」『少女マンガ家になれる本』207頁(二見書房刊 1980年
  14. ^ 雑誌COM '71年少女マンガ特集号
  15. ^ かおるさんのSF大会レポート (010819) 西谷祥子先生に聞く
  16. ^ すがやみつるblog 2010年02月18日

参考文献[編集]

  • 『少女マンガ大全集―短編にみる魅惑のミクロコスモス』文藝春秋編(文春文庫ビジュアル版 1988年刊)ISBN 978-4168110085
  • 別冊太陽『子どもの昭和史 少女マンガの世界Ⅱ 昭和二十八年 - 六十四年』(平凡社刊 1991年)ISBN 9784582942408

外部リンク[編集]