粟根まこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粟根 まこと(あわね まこと、1964年8月7日 - )は、日本俳優声優

大阪府出身。大阪大学工学部醗酵工学科中退。第2劇場ちゃかぽこ調書を経て、1985年より劇団☆新感線に参加。

人物・エピソード[編集]

劇団☆新感線の公演では、知的でありながらどこか抜けたキャラクターを演じることが多い。劇団☆新感線に入団したのは、ちゃかぽこ調書からスタッフとして照明で新感線の舞台の助っ人に来ていた際、橋本じゅんと対の役者が出演できなくなり、急遽代役で出演したのがきっかけであると後に古田新太が語っている。当時スタッフとしては音響もでき、役者でもインパクトのある器用な人物であったため劇団☆新感線以外にも、様々な舞台で活躍するようになる。

通常から眼鏡をかけており、舞台に立つ時もおおむね眼鏡を欠かさない。ただし舞台上では度の入っていない伊達眼鏡を使用している。非常に視力が弱いが、それがゆえ万が一眼鏡が壊れたり外れたりしても舞台上の演技に支障をきたさないための配慮である。

自分を動物に例えると、と言う質問には「ヘリクツアゴメガネ」という新種の動物と答えている。

知的なキャラクターと裏腹に可愛らしい動物が好きで、客演先でもあるリリパットアーミーIIの座長・わかぎゑふは「福井千夏を小動物として愛してやまない」と語っている。[1]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

劇団☆新感線[編集]

  • 直撃!ドラゴンロック シリーズ
  • 宇宙防衛軍ヒデマロ シリーズ
  • スサノオ
  • 阿修羅城の瞳
  • 仮名絵本西遊記
  • 髑髏城の七人
  • LOST SEVEN
  • 直撃!ドラゴンロック シリーズ
  • 野獣郎見参!
  • 大江戸ロケット
  • 天保十二年のシェイクスピア
  • アテルイ(2002年)
  • 七芒星(2002年)
  • 花の紅天狗(2003年)
  • 阿修羅城の瞳(2003年)
  • レッツゴー!忍法帖(2003年)
  • 髑髏城の七人〜アオドクロ(2004年)
  • SHIROH(2004年)
  • 荒神〜AraJinn〜(2005年)
  • 吉原御免状(2005年)
  • メタル マクベス(2006年)
  • Cat in the Red Boots(2006年)
  • 朧の森に棲む鬼(2007年)
  • 犬顔家の一族の陰謀〜金田真一耕助之介の事件です。ノート(2007年)
  • IZO(2008年)
  • 五右衛門ロック(2008年)
  • 蜉蝣峠(2009年)
  • 蛮幽鬼(2009年)
  • 薔薇とサムライ GoemonRock OverDrive(2010年)
  • 鋼鉄番長(2010年)
  • 港町純情オセロ(2011年)
  • 髑髏城の七人(2011年)
  • シレンとラギ(2012年)
  • ZIPANG PUNK 五右衛門ロックIII(2012年)
  • 蒼の乱(2014年) - 伊予純友 役

その他の公演[編集]

ゲーム・声優[編集]

テレビアニメ・声優[編集]

著作・連載リスト[編集]

  • あわボンDX(単行本/演劇ぶっく社)
  • 貧弱ユビキタス(携帯サイト『演劇モバイル』連載中)
  • 粟根まことの人物ウォッチング(雑誌『演劇ぶっく』連載中)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ざちょうの関東炊”. 2010年6月22日閲覧。
  2. ^ “[http://www.kill-la-kill.jp/character/kansai.html#4 CHARACTER|TVアニメ『キルラキル KILL la KILL』オフィシャルサイト]”. 2014年1月29日閲覧。