竹田圭吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たけだ けいご
竹田 圭吾
生誕 1964年12月30日(50歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 慶應義塾大学
職業 ジャーナリスト

竹田 圭吾(たけだ けいご、1964年12月30日 - )は日本ジャーナリスト。『ニューズウィーク日本版』元編集長。

略歴[編集]

東京都生まれ。芝中学校・高等学校慶應義塾大学文学部史学科卒業。

スポーツ雑誌の記者を経て、1993年平成5年)にニューズウィーク日本版編集部に入る。1998年(平成10年)に副編集長、2001年(平成13年)から2010年(平成22年)10月まで編集長を務めた。その後フリーランスとなり、主にテレビ情報番組のコメンテーターとして活動。一時期、体調不良を理由として休養期間に入ったが、その後テレビ番組に復帰するとともに、twitterなどインターネット上での発言が多くのフォロワーを得ている。2010年(平成22年)10月6日より東京都中央区の教育委員を務めている。

発言・主張[編集]

  • 安倍・プーチン共同記者会見(2013/4/29)で、TBSオガタ記者が発した第三国による地熱・風力発電施設建設受注が及ぼす領土交渉への影響に関する質問がプーチン大統領を怒らせたため起きた同記者への批判的なネット世論[1]に対し、ツイッターで「アホか。ブチ切れさせてなんぼでしょうが」とTBS記者を擁護した[2]

出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “TBS記者のプーチン大統領への質問 ネットでは批判する声が大半だが…”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2013年4月30日). http://www.j-cast.com/2013/04/30174227.html?p=all 2013年7月18日閲覧。 
  2. ^ KeigoTakedaのツイート (328883194051047424)

外部リンク[編集]