東ヌサ・トゥンガラ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ヌサ・トゥンガラ州
Nusa Tenggara Timur
Seal of East Nusa Tenggara
州の標語: -
IndonesiaEastNusaTenggara.png
州都 クパン
知事 Piet Tallo
面積 46,137.87 km²
人口 4,073,249 (2003)
民族 マンガライ人、ンガダ人、
ンゲ・レオ人、エンデ人、シッカ人、
ララントゥカ人、ソロール人、
アロール人、ロテ人、スンバ人、
ラマホロット人、ランバラ人、クダン人
宗教 キリスト教 (90.9 %), イスラム教,
(8.8%), ヒンドゥー教 (0.082%),
仏教 (0.034%)
言語 インドネシア語
時間帯 WITA (UTC+8)
ISO ID-NT
公式サイト www.pemda-ntt.go.id/

東ヌサ・トゥンガラ州インドネシア語:Nusa Tenggara Timur, 略:NTT)は、インドネシアの州で、西ティモールを含む小スンダ列島の東側部分である。州都はクパンで西ティモールにある。州はおよそ550にも及ぶ島々で構成されており、フローレス島スンバ島ティモール島の西側半分である西ティモール の3つの大きながある。ちなみにティモール島の東側半分は東ティモールとして独立している。そのほかの島々は、アドナラ島アロール島エンデ島コモド島ルムバダ島ムニポ島リンカ島ロテ島 (インドネシア最南端の島)、 サヴ島スマウ島ソロール島などがある。

宗教[編集]

キリスト教徒が90%以上の州である。また、同州はマルク諸島イリアン・ジャヤマルク諸島・アンボンの宗教紛争英語版を逃れてきたキリスト教徒の難民の避難先となっている。

経済[編集]

州の経済指標はインドネシアの平均よりも低く、インフレ率は年率15%と高い。失業率は30%である。(2003/04 ユネスコUNESCO資料)

教育[編集]

識字率は22-24%で、中等教育の就学率は39%である。これはインドネシア平均の80.49に比べ極端に低い。(2003/04 ユネスコUNESCO資料)

衛生[編集]

安全な水、公衆衛生、衛生施設の不足から、子ども栄養失調率(32%)並びに幼児死亡率(1000人中71人)ともインドネシアの中で最も高い州のひとつである。 (2003/04 ユネスコUNESCO資料)

行政区分[編集]

東ヌサ・トゥンガラ州は20県、1都市に分けられている。

[編集]

県-(県都)

  1. 西スンバ県英語版 – (ワイカブバック英語版)
  2. 東スンバ県英語版 – (ワインガプ: Waingapu)
  3. 中部スンバ県英語版 - (ワイバクル英語版)
  4. 南西スンバ県英語版 - (Tambolaka)
  5. マンガライ県英語版 – (ルトゥン英語版)
  6. シッカ県英語版 – (マウメレ: Maumere)
  7. ンガダ県英語版 – (バジャワ英語版)
  8. エンデ県 – (エンデ)
  9. 東フローレス県英語版 – (ララントゥカ: Larantuka)
  10. クパン県英語版
  11. 中南部ティモール県英語版 –(ソウインドネシア語版)
  12. 中北部ティモール県英語版 – (クファムナウ英語版)
  13. ブル県英語版 – (アタムブア英語版)
  14. アロール県英語版 – (カラバヒ英語版)
  15. ルムバタ県英語版 - (Lewoleba)
  16. ロテ・ンダオ県英語版 – (バア: Baa)
  17. 西マンガライ県英語版ラブハンバジョ: Labuhanbajo)
  18. ナゲケオ県 – (ンバイ: Mbai)
  19. 東マンガライ県英語版 - (Borong)
  20. 西サブ県英語版 - (West Sabu)

[編集]

外部リンク[編集]