マルク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルク州
Maluku
Maluku coa.png
州の標語:
IndonesiaMaluku.png
州都 アンボン
知事 Karel Albert Ralahalu
面積 54,185 km²
人口 1,277,414 (2003)
民族 アンボン人, ルモリ人, ヌアウル人,
ラナ人, メラネシア人, ジャワ人, ミナハサ人, 中国系インドネシア人
宗教 イスラーム (49.1%), プロテスタント
(42.5%),カトリック (7.7%), その他
(ヒンドゥー教, 仏教) (0.7%)
言語 インドネシア語
時間帯 WIT (UTC+9)
ISO ID-MA
公式サイト www.malukuprov.go.id/

マルク州 (インドネシア語:Maluku) はインドネシアの州。州域はマルク諸島(モルッカ諸島)から遠く南方に広がる。州都はアンボン島アンボン (Ambon) である。

歴史[編集]

マルク宗教抗争[編集]

内戦の結果荒廃したアンボン市

マルク州はもともとキリスト教徒とイスラム教徒が共存してきた地域であったが、1999年1月14日にアルー諸島ドボインドネシア語版において両者の間に争乱が発生。この争乱は5日後にアンボン市に波及し、イスラム教徒のブギス人とキリスト教徒のアンボン人が、お互いの住居や商店に焼き討ちを行った。この対立は同じ日のうちにカイ諸島サパルア島英語版ハルク島英語版セラム島などに飛び火。この年の年末までに4,000人の死者と40万人の難民が発生した。

この内戦の発生時、お互いの対立を意図的に煽る者や情報が組織的に準備されたとの情報があり、インドネシア軍が国政に対する影響力を維持するために、ワヒド政権への揺さぶりをかける目的で仕組んだものではないかとの指摘がある[1]

行政区分[編集]

マルク州は9つの県と2つの市部に分けられている。

[編集]

  1. 西部南東マルク県英語版 - (サウムラキ: Saumlaki) タニンバル諸島
  2. 南西マルク県英語版 - (Tiakur Kecamatan Moa Lakor)
  3. 南東マルク県英語版 - (トゥアル: Tual) カイ諸島
  4. アルー諸島県英語版 - (ドボインドネシア語版: Dobo)
  5. 中部マルク県英語版 - (マソヒ英語版)
  6. 西部セラム県英語版 - (ダタラン・フニポプ: Dataran Hunipopu)
  7. 東部セラム県英語版 - (ダタラン・フニモア: Dataran Hunimoa)
  8. ブル県英語版 - (ナムレア: Namlea)
  9. 南ブル県英語版 - (Kecamatan Namrole)

[編集]

  1. アンボン - Ambon
  2. トゥアル英語版

地理的範囲[編集]

[編集]

  1. ^ 尾本恵市、笹岡正俊、新妻昭夫、弘末雅士「マルク「宗教抗争」はなぜ起きたのか」『海のアジア4:ウォーレシアという世界』岩波書店、2004年