アドナラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ヌサ・トゥンガラの島々

アドナラ島インドネシア小スンダ列島ソロール諸島ロンブレン島、ソロール島、アナトラ島などの島々)にあり、東ヌサ・トゥンガラ州東フローレス県英語版に属している。ロンブレン島の西隣に位置する。西側は、大きな島フローレス島がある。ソロール諸島の中で標高が659mと一番高い。

歴史[編集]

歴史の記録は、1650年まで遡ることができる。この頃には、ラジャと呼ばれる王侯に支配されていた。

  • ホランマ(1650年頃)
  • バラワンマ(1672年頃)
  • ブリ1世(1681年頃~1682年頃、または1691年頃)
  • エコ(~1688年)山の人々ゴゴックの兄弟たちに殺される。
  • ゴゴック(1702年頃)
  • ウリン(1710年~1719年)ブリ1世の息子でブリ2世の父
  • ブリ2世(1719年~1756年)
  • ラカベラ・ジョー(1832年頃)
  • ベグ(~1850年7月28日にペラの父に殺される)
  • ペラ(1850年~1857年)
  • ラカベラ?(1857年~1868年)ベラ、カンバ・ベグの兄弟
  • カンバ・ベグ(1868年~1893年)ベラ、ラカベラの兄弟
  • バパ・トゥアン(1893年6ヶ月間の一時的なラジャ)カンバ・ベグの息子
  • アーキング・カンバ(1893年または1894年~1930年12月18日)バパ・トゥアンの兄弟。バパ・トゥアンの息子ゲラは、ラジャを継承されることを要求していた。
  • バパ・アマ カピタンの称号をもつ摂政。1936年3月24日、終身刑を言い渡され、クパンに送られた。カンバ・ベグの姉妹の息子。
  • ヌハン・バパ(1915年~1950年)ラジャを名乗る。ゲラの息子。
  • バパ・ヌハー(1936年~1941年)ヌハン・バパの摂政。
  • バパ・ゲラ(1905年~?)
  • バパ・カヤ(1940年代~1954年1月12日)バパ・ゲラの摂政。
  • モハメド・エケ(1954年~1985年)無冠のラジャ。バパ・カヤの後に摂政となる。ラカベラ・ジョーの玄孫。

外部リンク[編集]

アドナラ島HP(インドネシア語)