フローレス島 (インドネシア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フローレス島
Flores Topography.png
面積 13,540 km²
海岸線長 - km
最高標高 - m
所在海域 小スンダ列島
所属国・地域 インドネシア
テンプレートを表示
小スンダ列島

フローレス島は、小スンダ列島を構成するの一つである。インドネシア東ヌサ・トゥンガラ州に属する。

呼称[編集]

「フローレス」は、ポルトガル語で花の意。

地理[編集]

西にはコモド島スンバワ島が、東にはアドナラ島ロンブレン島などがある。南にはスンバ海峡を隔てスンバ島がある。北にフローレス海が広がる。

クリムトゥ山(ケリムトゥ山とも書かれる)、エゴン山エブロボ山レウォトビ山レロボレン山イリムダ山などの火山がある。

島の西部にはコモドオオトカゲが生息している。また、固有種として、フローレス大ネズミも生息している。

歴史[編集]

1992年12月12日に、マグニチュード7.8[1]を記録する地震が起こり、マウメレで2,000人が死亡している。

2003年ヒト属の新種ではないかとされる身長1mほどのホモ・フローレシエンシスの骨が発見され、翌年の公表以降話題を呼んだ。

エゴン山は有史以来噴火のない火山であったが、2008年4月15日に噴火した。

2013年8月10日パルエ島英語版ロカテンダ火山(Rokatenda)が噴火。

行政区分[編集]

ソロール諸島(フローレス島、パルエ島英語版アドナラ島ロンブレン島パンタール島アロール島)は、東西に細長く10県(kabupaten)に区分されている。

  1. 西マンガライ県英語版
  2. マンガライ県英語版
  3. 東マンガライ県英語版(2007年マンガライ県より分離)
  4. ンガダ県英語版
  5. ナゲケオ県(2007年ンガタ県より分離)
  6. エンデ県
  7. シッカ県英語版パルエ島英語版を含む)
  8. 東フローレス県英語版アドナラ島を含む)
  9. レンバタ県英語版ロンブレン島
  10. アロール県英語版パンタール島アロール島

交通[編集]

ラブハンバジョマウメレエンデに空港がある。

住民[編集]

民族[編集]

ンガタ人、リオ人、シッカ人、ソア人、ナゲ人など8つの民族が住み、東部の住民はパプア系である。その他、近くの島から移住した人々がいる。

言語[編集]

島にはオーストロネシア語族に属する多くの言語が存在する。村々によっても少しずつの違いがあるが、6つの言語に分けることができる。ンガタ語、ナゲ語、ケオ語、エンデ語、リオ語、パルエ語(島の北にあるパルエ島英語版で話されている)。地元の住民なら、ほかに2つの言語があるというが、学者の間ではンガタ語方言の一種との解釈である。16世紀にポルトガルの宣教師と商人が島のララントゥカ、シッカに来たので、シッカの言葉にその影響をみることができる。

宗教[編集]

宗教は人口の8割がカトリックであるが、アニミズムも色濃く残っている。

観光[編集]

  • クリムトゥ山(1,639m)は、3つの大きな火山湖を持ち、湖はその色を変えることで有名な観光地である。
  • ダイビング、シュノーケリングは、マウメレ、リウンの北の海岸に沿ったいくつかのポイントが有名だが、地元漁民(観光客に貝を売るものもいる)の爆弾をしかける破壊的な漁法や1992年の地震の津波により、破壊されてきている。
  • 西部の町ラブハンバジョは、コモド島リンチャ島に行く中継点となっている。付近の海にはジンベイザメが住み、ダイビングのポイントとなっている。
  • 伝統的な家屋の観光-リュベ、ベナ村。
  • 東部のララントゥカは、復活祭で知られている。

脚注[編集]

  1. ^ インドネシアでの地震のリスト英語版