日本模型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1953年製造・ニチモ製ゴム動力ライトプレーン

日本模型 (にっぽんもけい、英文Nichimo co.,ltd) とは、日本模型メーカーである。

概要[編集]

会社の正式名称は『日本模型株式会社』で、栃木県佐野市久保町135に所在する。略称はニチモ1951年に創業し、1950年代末以降はプラモデルメーカーとなっている。

歴史[編集]

1951年に日本模型航空機工業として創業。当初はゴム動力のライトプレーンなどを製造していた。最初の国産プラモデルと云われるマルサン商店ノーチラス号が発売された翌年の1959年プラモデル業界に進出、自社開発の自動浮沈装置付きのプラモデル・伊号潜水鑑を発売した。

沿革[編集]

  • 1959年 - 自動浮沈式の特許出願・模型「伊号潜水鑑」を発売。
  • 1960年 - 1/750戦艦「大和」(300円) を発売。大ヒット。
  • 1967年 - ミュージックシリーズを発売。
  • 1968年 - 1/200戦艦「大和」を発売。
  • 1971年 - 1/20「富士 FA-200 エアロ・スバル」を発売。
  • 1960年代-1970年代 - 30センチ艦船シリーズ、リモコン戦車シリーズを発売。
  • 1980年代 - 茶運び人形を製品化。

製品[編集]

プラモデル全盛期[編集]

創業期から自社オリジナルSF戦車を始め、スケールモデルの1/20・1/12カーモデル、1/120 - 1/48飛行機モデル、1/30・1/35電動リモコン戦車モデルなど魅力ある製品を多く送り出していた。オイルショック前の1973年当時、社内に設計開発、金型の製作、成形、出荷という一貫体制を整え、AFVブームや安定したスケールモデル、大きさを30cmに統一した「30センチシリーズ」などの艦船模型の人気が続き、年間売り上げは約10億円に達してプラモデル業界25%のシェアーを得る大手メーカーになるまでに成長した。

艦船模型[編集]

1971年ウォーターラインシリーズが始まるまでは、当時の水準での考証・ディテール・ディフォルメの良さ、豊富なバリエーションで艦船モデルではニチモがトップメーカーだった。

当時、ニチモ金型設計部門に在籍した森恒英は、名作として名高い1/200-戦艦大和、1/300-航空母艦信濃を始め、 各スケール・シリーズ艦船モデル設計に携わり、「艦船のニチモ」のブランドイメージ作りに寄与する。

森はニチモを退社後独立し、タミヤ「軍艦雑記帳」の解説や軍艦関連の本の出版に携わった。本書は現在でも艦船モデルのディテールアップの貴重な資料・バイブルとして愛読され続けている。また、ウォーターラインシリーズが模型市場での一定の需要を満たし、今日まで続く超ロングセラーとなっている事も、森の功績によるところが大きい。

スケールモデル衰退期[編集]

スケールモデル人気が沈静化し、ガンプラ全盛の1982年超時空要塞マクロスのピタバンシリーズで小スケールキャラクターモデルに参入する。その後1980年代中頃まではモーターライズカーモデル等の新製品開発は続いていたが、スケールモデル「冬の時代」を迎え、更に先代の社長が引退して以降は金型開発コストに見合う販売数が見込めず新規開発はストップし、過去の模型の再生産・箱変え新製品の販売を続ける事になる。

近年は、精密さがアップしたAFV・航空機モデルの人気が再燃してきているが、すでに新規開発部門を失っていたニチモは、静岡ホビーショーでも旧作「箱絵」展示がメインとなり、再生産も行われる商品が減少してきている。金属ギアボックス部品を使用するリモコン戦車などは、下請け製造メーカーの廃業で再発売が難しくなっている。このため、模型だけでなく工業向けプラスチックパイプやバケツ等の射出成形で利益を確保しているといわれる。

近年の主力商品[編集]

2009年度の主力製品は

  • 「30センチシリーズ」 日本艦船シリーズ(13点)、外国艦船シリーズ(9点)
武蔵、長門、伊勢、金剛、翔鶴、霧島、大和、信濃、陸奥、日向、榛名、瑞鶴、比叡
ニチモの30年以上に渡る定番商品のロングセラーモデル。モーター航行可能。近年、商品の一番のセールスポイントとなるボックスアートがコストダウンのためシリーズモデル一覧表示の全製品共通となる。また近年ではモーターが別売りとなっている。
  • 「1/48エアモデル」
赤とんぼ九七艦攻九九軍偵屠龍隼一型など。 ヘルダイバードーントレスハンターライトニングアベンジャーMe262は日本国外メーカーの製品をコピーしたかつてのマルザン(マルサン)製1/50キットの金型を引き取ったもので、長らく絶版だったものが新規開発が停止した1990年代以降に再版されている。なお零式三座水偵も旧マルサン製品であるが、他社のコピー製品ではない。1970年代は単発機の価格が一機300 - 500円程度だったが、現在は大幅に値上がりし、古いキットを懐かしむモデラーを購買対象としている。
  • 「1/72 世界世界傑作戦闘機シリーズ」
現在はNo2 96式艦上戦闘機、No9 雷電21型のみのセット販売で、数年置きに再生産が行われるが、すぐに品切れが続出する人気キットである。過去には1/70のスピットファイアや1/65のYak-9等、近似スケールの他機種も販売されていたが、金型と射出機の形状が合わないため再版は困難となっている。
  • 「1/500艦船シリーズ」 航空母艦「瑞鶴」「翔鶴」「飛龍」「赤城」「エンタープライズ」、重巡洋艦「妙高」「足柄」「羽黒」「那智」他に長門、陸奥、大和等が存在する。現在航空母艦および重巡洋艦はディスプレイモデルとなっているが時折ギアボックス付でモーターライズ品が再生産される。長門、大和はRE-260による1軸走行キットであるが、再生産のみとなっている。
  • 「南極観測船」 1/450「しらせ」、1/300「ふじ
  • 「1/200完全スケールシリーズ」日本艦船シリーズ(4点)、外国艦船シリーズ(1点)

 戦艦大和:ディスプレイ・スタンダード(モーターライズ)・ラジオコントロール3種類、駆逐艦「秋月」「陽炎」、潜水艦「イ-19」(RE-26モーターと駆動部品別買いでモーターライズ可能。2軸推進)「U107」(FA130モーターでモーターライズ可能)

  • 「1/600, 1/700, 1/800 戦艦シリーズ」 大和、武蔵
  • 「1/35 ディスプレイ戦車シリーズ」 キングタイガー、パンサーG型、タイガーI型

外部リンク[編集]