文化・通信省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの行政官庁
文化・通信省
Ministère de la Culture et de la Communication
Logo de la République française.svg
Ce exterieur.jpg
文化・通信省が所在するパレ・ロワイヤル
役職
大臣 オレリー・フィリペティ
概要
所在地 パリ1区ヴァロワ通り3番地
パレ・ロワイヤル
北緯48度51分52秒
東経2度20分15秒
座標: 北緯48度51分52秒 東経2度20分15秒
定員 1万928人[1](2013年度)
年間予算 75億ユーロ(2011年度)
設置 1959年2月3日
改称 名称の変遷を参照
ウェブサイト
Ministère de la Culture et de la Communication
テンプレートを表示

文化・通信省(ぶんか・つうしんしょう、フランス語: Ministère de la Culture et de la Communication)は、フランスの省の一つ。1959年シャルル・ド・ゴールの肝いりでMinistère des Affaires culturellesの名称で設立された。初代文化大臣はアンドレ・マルロー1997年から正式名称は、文化・通信省(Ministère de la Culture et de la Communication)。文化省は、フランスの文化行政を担当し、国立博物館と記念碑に関しこれを管理している。その他、絵画、彫刻、演劇、舞踊、建築、文学、放送、映画などの広範な芸術分野を管掌し、フランスの国内外で保護・振興策を推進している。また、国立公文書館・アーカイブと地域の「メゾン・ド・キュルチュール」(maisons de culture、文化の家、文化センターにあたる)を管理している。本庁舎は、パリパレ・ロワイヤルにある。

歴史・概要[編集]

元来、フランス王国ではルネサンス時代、イタリアブルゴーニュ公国などの宮廷に影響を受けて、芸術・文化を保護、後援する風潮があった。また、自国の芸術・文化の発展が国威高揚と直結するという概念が16世紀頃からフランスには見られるようになっていった。このような概念は、フランス革命以前、ブルボン王朝によるアンシャン・レジーム(旧体制)期にアカデミー・フランセーズや王立絵画彫刻アカデミーの創設やその他の芸術文化の保護という形で実際に目に見える形で実施されている。特にルイ14世及び国王の意を受けた財政総監ジャン=バティスト・コルベールの方針は、芸術の保護と国家の威信が結びついたものであり、国家による補助金やタペストリー工房の保護なども行われた。

このようなフランスの文化保護政策の伝統を現代に復活させたのが、シャルル・ド・ゴールである。1959年ド・ゴールは、初代文化相に小説家で、第二次世界大戦中、「自由フランス」で共にレジスタンス運動をしたアンドレ・マルローを任命した。マルローは文化相就任以前にド・ゴールの下で情報相などを務めており、ド・ゴールの唱える「偉大なフランス」に対して、文化への接近の民主化、すなわち、「文化の権利」(仏:droit à la culture)の概念を提唱するとともに、この概念を新たなフランス憲法世界人権宣言に盛り込むことで戦後フランスの威信を普く世界に発信しようとした。文化相としてのマルローは、国内各地に文化センターを設置し、文化活動を積極的に支援した。マルローは芸術に関しては概して保守的な嗜好であったが、モダンアートとアバンギャルドを理解しうる芸術的趣味の持ち主ではあった。

ド・ゴールに並び文化政策の重要性を認識していたのがフランソワ・ミッテランである。このミッテランの下で文化相を長らく務めたのがジャック・ラングである。ラング自身、Festival du Mondeを設立したプロデューサー、芸術監督を務めた人物であり、ジャズロックンロールラップストリートアートタギングなどの落書き漫画カートゥーン、 ファッションや食を含む広範な大衆文化を文化省の管轄として受け入れたのである。ラングの有名なフレーズに「経済と文化、それは戦いである économie et culture, même combat」というものがある。これは「文化民主主義」と文化への積極的な国家の支援と関与、芸術制作への参加を代表する言葉となった。 ラングの業績としては、音楽の祭典 Fête de la Musiqueの創設に加え、1989年フランス革命200周年記念式典の演出、監督、記念事業が挙げられる。ミッテラン自身、パリ大改造に並々ならぬ意欲を傾注し、ミッテランとラングによってパリ市内にはフランス国立図書館ルーヴル宮殿ガラスのピラミッドアラブ研究所オルセー美術館バスティーユ広場新オペラ座ラ・デファンス地区のグラン・アルシュラ・ヴィレット地区の科学や音楽の専門施設などが建設された。

ラングとともに近年の文化相経験者として特筆すべき人物の一人にジャック・ツーボン(トゥーボン)がいる。ツーボンは、ジャック・シラクの側近として台頭した若手政治家であったが、文化相在任中の1994年フランス語を言語として正確に保存する見地から関連諸法制(「ツーボン法」Toubon Law)を制定した。ツーボン法により、外来語(特に英語)の使用について、例えば広告における外国語文章の仏語訳や、ラジオ放送における歌謡曲の4割をフランス語の歌とするなど、一定の制限が課せられることになった。

名称の変遷[編集]

  • 1959年2月3日: 文化省(Ministère des Affaires culturelles
  • 1974年1月: 文化・環境省(Ministère des Affaires culturelles et de l'Environnement
  • 1974年6月: 文化庁(Secrétariat d'État à la Culture
  • 1976年: 文化・環境省(Ministère de la Culture et de l'Environnement
  • 1978年: 文化・通信省(Ministère de la Culture et de la Communication
  • 1981年: 文化省(Ministère de la Culture
  • 1986年: 文化・通信省(Ministère de la Culture et de la Communication
  • 1988年: 文化・通信・大規模公共事業・フランス革命二百周年省(Ministère de la Culture, de la Communication, des Grands travaux et du Bicentenaire
  • 1991年: 文化・通信省(Ministère de la Culture et de la Communication
  • 1992年: 国民教育・文化省(Ministère de l'Éducation nationale et de la Culture
  • 1993年: 文化・フランコフォニー省(Ministère de la Culture et de la Francophonie
  • 1995年: 文化省(Ministère de la Culture
  • 1997年: 文化・通信省(Ministère de la Culture et de la Communication

大臣[編集]

オレリー・フィリペティ文化・通信大臣

現在のヴァルス内閣においては、オレリー・フィリペティが文化・通信大臣を務めている[2]

歴代文化大臣[編集]

氏名 職名 内閣 就任日 退任日 大統領
アンドレ・マルロー
André Malraux
国務大臣 ドブレ内閣 1959年1月8日 1959年7月22日 シャルル・
ド・ゴール
文化担当国務大臣 1959年7月22日 1962年4月14日
第1次ポンピドゥー内閣 1962年4月15日 1962年11月28日
第2次ポンピドゥー内閣 1962年12月6日 1966年1月8日
第3次ポンピドゥー内閣 1966年1月8日 1967年4月1日
第4次ポンピドゥー内閣 1967年4月7日 1968年7月10日
クーヴ・ド・ミュルヴィル内閣 1968年7月12日 1969年6月20日
エドモン・ミシュレ
Edmond Michelet
シャバン=デルマス内閣 1969年6月22日 1970年10月9日 ジョルジュ・
ポンピドゥー
アンドレ・ベタンクール
André Bettencourt
文化大臣(臨時代理) 1970年10月19日 1971年1月7日
ジャック・デュアメル
Jacques Duhamel
文化大臣 1971年1月7日 1972年7月5日
第1次メスメル内閣 1972年7月6日 1973年3月28日
モーリス・ドリュオン
Maurice Druon
第2次メスメル内閣 1973年4月5日 1974年2月27日
アラン・ペルフィット
Alain Peyrefitte
文化・環境大臣 第3次メスメル内閣 1974年3月1日 1974年5月27日
ミシェル・ギー
Michel Guy
文化副大臣 第1次シラク内閣 1974年6月8日 1976年8月25日 ヴァレリー・
ジスカール・
デスタン
フランソワーズ・ジルー
Françoise Giroud
第1次バール内閣 1976年8月27日 1977年3月29日
ミシェル・ドルナノ
Michel d'Ornano
文化・環境大臣 第2次バール内閣 1977年3月30日 1978年3月31日
ジャン=フィリップ・ルカ
Jean-Philippe Lecat
文化・通信大臣 第3次バール内閣 1978年4月5日 1981年3月4日
ミシェル・ドルナノ
Michel d'Ornano
環境・生活環境大臣[注 1] 1981年3月4日 1981年5月13日
ジャック・ラング
Jack Lang
文化大臣 第1次モーロワ内閣 1981年5月22日 1981年6月22日 フランソワ・
ミッテラン
第2次モーロワ内閣 1981年6月23日 1983年3月22日
文化担当大臣 第3次モーロワ内閣 1983年3月24日 1984年7月17日
ファビウス内閣 1984年7月23日 1984年12月7日
文化大臣 1984年12月7日 1986年3月20日
フランソワ・レオタール
François Léotard
文化・通信大臣 第2次シラク内閣 1986年3月20日 1988年5月10日
ジャック・ラング
Jack Lang
第1次ロカール内閣 1988年5月12日 1988年6月22日
文化・通信・大規模公共事業・フランス革命二百周年大臣 第2次ロカール内閣 1988年6月28日 1991年5月15日
文化・通信大臣 クレッソン内閣 1991年5月16日 1992年4月2日
国務大臣
国民教育・文化大臣
ベレゴヴォワ内閣 1992年4月2日 1993年3月29日
ジャック・トゥーボン
Jacques Toubon
文化・フランコフォニー大臣 バラデュール内閣 1993年3月30日 1995年5月11日
フィリップ・ドゥスト=ブラジ
Philippe Douste-Blazy
文化大臣 第1次ジュペ内閣 1995年5月18日 1995年11月7日 ジャック・
シラク
第2次ジュペ内閣 1995年11月7日 1997年6月2日
カトリーヌ・トロットマン
Catherine Trautmann
文化・通信大臣 ジョスパン内閣 1997年6月4日 2000年3月27日
カトリーヌ・タスカ
Catherine Tasca
2000年3月27日 2002年5月6日
ジャン=ジャック・アヤゴン
Jean-Jacques Aillagon
第1次ラファラン内閣 2002年5月7日 2002年6月17日
第2次ラファラン内閣 2002年6月17日 2004年3月30日
ルノー・ドヌデュー・ド・ヴァーブル
Renaud Donnedieu de Vabres
第3次ラファラン内閣 2004年3月31日 2005年5月31日
ド・ヴィルパン内閣 2005年6月2日 2007年5月15日
クリスティーヌ・アルバネル
Christine Albanel
第1次フィヨン内閣 2007年5月18日 2007年6月18日 ニコラ・
サルコジ
第2次フィヨン内閣 2007年6月19日 2009年6月23日
フレデリック・ミッテラン
Frédéric Mitterrand
2009年6月23日 2010年11月13日
第3次フィヨン内閣 2010年11月14日 2012年5月10日
オレリー・フィリペティ
Aurélie Filippetti
第1次エロー内閣 2012年5月16日 2012年6月18日 フランソワ・
オランド
第2次エロー内閣 2012年6月21日 2014年3月31日
ヴァルス内閣 2014年4月2日 現職

機構[編集]

フランス文化省の内部部局は以下の通りである。

  • 総務局 Direction de l'administration générale (DAG)
  • 建築・遺産局 Direction de l'architecture et du patrimoine (DAPA) - 国家記念碑の管理
  • フランス公文書館局 Direction des archives de France (DAF) - 国立公文書館の管理
  • 書籍・文学局 Direction du livre et de la lecture (DLL) - フランス文学、書籍取引の担当
  • 音楽・舞踊・演劇・芸能局 Direction de la musique, de la danse, du théâtre et des spectacles (DMDTS) - 音楽、舞踊、劇場の管理
  • フランス国立博物館局 Direction des Musées de France (DMF) - 国立博物館の管理

このほか、関わりのある外部部局として次がある :

  • メディア開発局 Direction du développement des médias (DDM) - フランスにおけるメディアの開発・発展。公共放送であるフランス・テレビジョンの管理

さらに文化省には、三つのデレガシオン(délégations;行政委員会)がある :

  • 造形美術委員会 Délégation aux arts plastiques (DAP) - ヴィジュアル、彫刻芸術を担当
  • 国際開発委員会 Délégation au développement et aux affaires internationales (DDAI) - フランス芸術に関する国際的な諸問題を管理
  • フランス語・方言に関する一般委員会 Délégation générale à la langue française et aux langues de France (DGLFLF) - フランス語およびフランス国内の諸方言 languages of Franceを担当

最後に文化省は、国立映画センター(Centre national de la cinématographie)の管理・運営に参加している。

なお、フランス文化協会フランス外務省の管轄である。

その他のサービス[編集]

国家レベルでは文化省は以下を運営している:

  • 地域圏単位の文化行政 (Direction régionale des affaires culturelles - DRAC)
  • 地方行政区画単位の建造物管理 (Services départementaux de l'architecture et du patrimoine - SDAP)
  • 地方行政区画単位の古文書館(管理は各行政区画の県議会が担当)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 文化大臣の職務を遂行。

出典[編集]

  1. ^ Plafonds des autorisations d'emplois pour 2013 (PDF)”. Le Forum de la Performance. 2013年5月17日閲覧。
  2. ^ Décret du 2 avril 2014 relatif à la composition du Gouvernement”. Legifrance. 2014年4月19日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]