モーリス・ドリュオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モーリス・ドリュオン

モーリス・ドリュオンMaurice Druon1918年4月23日 - 2009年4月14日)は、フランスパリ出身の歴史小説家政治家アカデミー・フランセーズの第15代席次30。ユダヤ系の家系出身。

甥のジョゼフ・ケッセルとともにロシアシンガーソングライターアナ・マリーによる『パルチザンの歌 (Chant des Partisansロシア語からフランス語に翻訳したことで知られている。この歌は祝歌として第二次世界大戦化のフランスで歌われ、現在もフランスを代表するポピュラーソングの一つとなっている。1948年には小説『大家族』によりフランスの最も権威ある文学賞ゴンクール賞を受賞している。他の作品に、反戦童話『みどりのゆび』など。

1966年12月8日、アカデミー・フランセーズの第15代席次30に前任のジョルジュ・デュアメルの死を受けて選出されている。彼は当時歴史小説のLes Rois Mauditsシリーズを1950年代より発刊しており、このことが高く評価されアカデミー・フランセーズに選出されるに至った。

1973年から1974年までは当時のフランス首相ピエール・メスメルの内閣にて文化大臣を務めた。

外部リンク[編集]


前任:
ジョルジュ・デュアメル
アカデミー・フランセーズ
席次30

第15代:1966年 - 2009年
後任:
ダニエル・サルナーヴ