クリスティーヌ・アルバネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティーヌ・アルバネル

クリスティーヌ・アルバネルChristine Albanel1955年6月24日 - )は、フランスの官僚、政治家。オート=ガロンヌ県トゥールーズ出身。

古文書書誌学アグレガシオンを取得後、1982年ジャック・シラク市長時代にパリ市の公務員となる。1986年シラクが首相に、1995年大統領にそれぞれ就任した際は、アルバネルもシラクについて補佐をした。2000年コンセイユ・デタ国務院)で教育・文化政策を担当する。2003年ヴェルサイユ宮殿管理責任者兼博物館長に就任する。

2007年フランソワ・フィヨン内閣の文化・コミュニケーション相として入閣、政府スポークスマンも兼ねた。

外部リンク[編集]

  • 経歴 (フランス語)
先代:
ルノー・ドヌデュー・ド・ヴァーブル
フランス文化大臣
2007年-2009年
次代:
フレデリック・ミッテラン