ジャック・ツーボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・トゥーボン

ジャック・ツーボントゥーボンJacques Toubon1941年6月21日 - )は、フランス政治家欧州議会議員ニース出身。

1976年共和国連合から国民議会議員に立候補し当選する。1978年共和国連合副幹事長。1983年パリ市長であったジャック・シラクの下で助役兼パリ13区長となる。1984年共和国連合幹事長に就任。1993年文化大臣1995年司法大臣を歴任した。文化相時代には、「ツーボン法」 Toubon Lawの名称で知られる、フランス語の使用に関する法律を制定した。2001年13区長を落選し、翌2001年国民議会議員選挙でも落選した。

現在は、イル=ド=フランス地域圏選出の欧州議会議員で、欧州議会では保守系の欧州人民党に所属している。フランス国内では、共和国連合を経て、国民運動連合に所属している。

外部リンク[編集]

  • 経歴(フランス語、フランス司法省ホームページ内)
先代:
ジャック・ラング
フランス文化相
1993年 - 1995年
次代:
フィリップ・ドスト=ブラジ
先代:
ピエール・メエニュリー
フランス法相
1995年 - 1997年
次代:
エリザベート・ギグー