想田和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

想田 和弘(そうだ かずひろ、1970年6月12日 - )は、日本映画監督脚本家演出家ジャーナリスト栃木県足利市出身、アメリカ合衆国ニューヨーク在住。

アメリカのドキュメンタリー映画監督フレデリック・ワイズマンの影響のもと[1]、ナレーションも音楽も挿入されない、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリー映画を制作している。

経歴[編集]

栃木県立足利高等学校卒業。東京大学文学部宗教学科卒業。宗教学科では島薗進に師事。また在学中に、東京大学新聞編集長を務める。だが、編集長としての激務とプレッシャーのため、燃え尽き症候群を患い、それが後にドキュメンタリー映画『精神』を撮る原点となった。

卒業後の1993年に、ニューヨークへ渡りスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画学科へ入学。在学中に制作した1995年の短編『花と女』がカナダ国際映画祭で特別賞を受賞。1996年の長編『フリージング・サンライト』はサン・パウロ国際映画祭「新進映画作家賞」にノミネート。卒業制作である1997年の『ザ・フリッカー』は、ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞にノミネートされる。

だが、劇映画のオファーは来ず、アルバイト感覚ではじめたテレビの仕事で、ドキュメンタリー映像の魅力に目覚める。日米を往復しながらドキュメンタリー映像を取り続け、NHKではドキュメンタリー番組を40本以上演出。2001年、養子縁組み問題を扱った『母のいない風景』はテリー賞を受賞。また、ジャーナリストとしての活動には、映画監督の大島渚や、チベット仏教法王ダライ・ラマ14世へのインタビューなどがある。

だが、「あらかじめ台本が存在しており、そのとおりの映像を撮っていく」テレビ・ドキュメンタリーのあり方に疑問を感じ、敬愛する監督フレデリック・ワイズマンのような「台本のない」ドキュメンタリー映画を自主制作で作ることを考えるようになる。

2005年に、妻の母親が関わっている精神科外来を舞台にしたドキュメンタリー映画を構想し、その撮影のため来日。だが、大学の同級生・山内和彦が川崎市議会の補欠選挙に自民党公認で出馬すると知り、急遽企画を変更して、ドキュメンタリー映画(観察映画)第1弾となる『選挙』を制作。ベルリン国際映画祭、シドニー映画祭、シネマ・ドゥ・レエル映画祭、サウス・バイ・サウス・ウエスト映画祭、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭、香港国際映画祭、バルセロナ・アジア映画祭、フリブール映画祭、Hot Docs カナダ国際ドキュメンタリー映画祭などに正式招待。ベオグラード・ドキュメンタリー映画祭で、グランプリを受賞した。また、60分短縮版がBBCPBS、ARTE、NHKなど200カ国近くでテレビ放映される。2008年には、米国放送界最高の名誉とされるピーボディ賞を受賞する。

続く、ドキュメンタリー映画(観察映画)第2弾の『精神』は、2008年10月に開かれたアジア最大規模の釜山国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞 (PIFF Mecenat Award) を受賞、つづく12月にはドバイ国際映画祭にて同じく最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。更に、マイアミ国際映画祭で審査員特別賞、香港国際映画祭で優秀ドキュメンタリー賞、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭で宗教を越えた審査員賞を受賞。

『精神』は2009年6月から、日本国内各地で上映された。同6月には、『精神』の制作過程の葛藤や苦心、出演者たちとの対談などが含まれる、初の著書『精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける』(中央法規出版)を刊行した。

また、韓国の国境の町・坡州市で開かれる「非武装地帯ドキュメンタリー映画祭」から短編ドキュメンタリー映画の制作依頼を受け、『精神』と同じ岡山を舞台とし、義父母や野良猫たちが登場する観察映画・番外編『PEACE』を制作。2010年9月の同映画祭でオープニング作品として世界初公開された。本作はバンクーバー国際映画祭やドバイ国際映画祭へ正式招待され、第11回東京フィルメックスでは観客賞を受賞した。香港国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞を、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭ではブイエン&シャゴール賞を受賞した。

劇作家で演出家の平田オリザ青年団を被写体にした観察映画第3弾『演劇1』(2012年)、同第4弾『演劇2』(2012年)は、2部作合計5時間42分の大作。釜山国際映画祭でワールドプレミアされ、2012年10月20日から日本劇場公開。2012年のナント三大陸映画祭では、「若い審査員」賞を受賞した。

2013年夏、東日本大震災直後の統一地方選挙に山内和彦が再出馬した様子を描いた『選挙2』(2013年)が日本で劇場公開された。

妻の柏木規与子はコンテンポラリー・ダンサー、振付師で、『精神』では製作補佐を行った。

作風[編集]

想田和弘は主にドキュメンタリー映画を制作しており、その監督・製作・撮影・録音・編集を基本的に一人で担っている。一人で撮る理由は経済的理由もあるが、それ以外にも映画作りに存分に時間をかけたいという想田の考えがあるからでもある[2]。想田は自身の撮るドキュメンタリー映画を「観察映画」と称して撮影している。それは、なるべく予断と先入観を排除して対象をよく観察し、その観察で発見したことを映画にするという方法論である、と語っている[3]

作品[編集]

劇映画[編集]

  • ア・ナイト・イン・ニューヨーク(1995年、脚本・監督)
  • 花と女(1995年、脚本・監督)
  • フリージング・サンライト(1996年、脚本・監督)
  • ザ・フリッカー(1997年、脚本・監督)

ドキュメンタリー映画[編集]

  • 選挙(2007年、監督・撮影・編集・製作)
  • 精神(2008年、監督・撮影・編集・製作)
  • PEACE(2010年、監督・撮影・編集・製作)
  • 演劇1・2(2012年、監督・撮影・編集・製作)
  • 選挙2(2013年、監督・撮影・編集・製作)

映画(出演)[編集]

著書[編集]

  • 精神病とモザイク タブーの世界にカメラを向ける(中央法規出版、2009年)ISBN 9784805830147
  • なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか(講談社現代新書、2011年)ISBN-10: 4062881136
  • 演劇vs.映画 ドキュメンタリーは「虚構」を映せるか(岩波書店、2012年)ISBN-10: 4000222880
  • 日本人は民主主義を捨てたがっているのか?(岩波ブックレット、2013年)ISBN978-4-00-270885-0 C0336

受賞歴[編集]

2001年[編集]

  • テリー賞 - 『母のいない風景』

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]